カニ汁

海、湖、渓流、滝と水の中なら何でも撮影しています!

やちむんの里(続)

沖縄県中頭郡読谷村の【やちむんの里】続編。

前回の記事は、


読谷山窯に続き、読谷山北窯に向かう。

イメージ 1

北窯の火入れ部分

イメージ 2

北窯も登り窯だが13房の出入り口が階段で連なり、一つ屋根の下となり雨に濡れることはない。
読谷山窯に比べ進化している。

イメージ 3

作業場が隣接されている。
赤瓦屋根の風情ある建築物、ホルトノキがシンボルツリー。
汗水節のような労働歌が聞こえてくる気がした。

イメージ 4

北窯の共同売店。

イメージ 5

北窯は、宮城正享、松田共司、松田米司、與那原正守の4名の親方が所有する共同窯。
作品はどれも素敵なものばかり。

イメージ 6

その中でも與那原正守さんの作品に惚れこみました!

イメージ 7

今回我が家で使用するために購入した陶器。
左上は松田米司さん作の皿、右上は宮城正享さん作のそばマカイ。
ペルシャブルーの色使いは與那原正守さんの作(左下の皿、右下のカップと楊枝壺)
松田共司さん作の楊枝壺は写真にありませんが、カミさんがお土産用に購入してました。

イメージ 8

沖縄から戻り、早速カミさんにソーキそばを作ってもらいました。
材料もネギと紅生姜以外は全て沖縄製。
美味しくいただきました!

イメージ 9



やちむんの里
沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653−1
営業時間 9:30〜17:30
定休日 火曜日 


https://photo.blogmura.com/p_underwater/ ←水中写真ブログランキング(ポチッとしてね!)

ホームページも是非お立寄り下さい!
http://www.kanifilm.com/



その他の最新記事

すべて表示

コマチコシオリエビ@石切

2018/6/9(土) 午前 11:15

沖縄県名護市安和・石切ポイントで撮影したコマチコシオリエビです。 甲幅約10mm 名前にはエビが付きますがウミシダ類に共生している異尾類で、ヤドカリやタラバガニの仲間です。 ウミシダが岩などに固着する際に使う巻 ...すべて表示すべて表示

コマチテッポウエビ@石切

2018/6/8(金) 午後 1:31

沖縄県名護市・石切ポイントで撮影したコマチテッポウエビです。 体長約30mm 主にハナウミシダの口盤付近に隠れています。 ウミシダの仲間に共生する生物では最も大型です。 ハナウミシダは羽根の様な腕が100本以上 ...すべて表示すべて表示

オトヒメエビ@崎本部

2018/6/7(木) 午前 9:54

沖縄県国頭郡本部町・崎本部ポイントで撮影したオトヒメエビです。 体長30mm この漁礁にはすごく沢山いました。 伊豆にいるオトヒメエビに比べるとかなり小さいです。 背景はキンメモドキの大群。 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事