プーケットしまかぜ案内人

プーケット島ダイビングガイドが、体験ダイビング、観光、オプショナルツアー、離島、象乗り、レストラン、スパ、夜遊びナイト情報の発信

全体表示

[ リスト ]

最近はちょっと飯屋へ行く時コンデジを持って行っても、ついつい
「いいよ!今回は面倒だから・・」っとサボり気味になっている僕。
makotoやmioには食ったら文面提出!なんて偉そうな事言っているんで、今日はちょこっと紹介♪

プーケット島は歴史的にかなり華僑の影響で中華系タイ料理が多く、美味しいお店が多いですね。
今までカタやカロンなども住みましたが、やっぱりタウンが一番。

いまだに住んだ事無いエリヤは?? パトンやラワイ・・
美味い中華系のタイ飯食えるんですかね〜〜??

さてさて、この美味しくていつも通ってしまうお店。
この店とはかれこれ6年ぐらいのお付き合い♪
makotoやタイ人の可愛い女子(笑)と一緒に何度行った事か・・・
大好きな通称「HONDA」より通っているな〜

イメージ 5


お店の名前は「スーン・トーン・オー・チャーン」。
なんと夜中3時までオープンしているこのお店は
営業時間内は、いつでもお客さんがいる地元で有名な美味しいお店。
色々なもんを食っているんで、ゆっくりとブログで紹介しようっと思い、最近はパチパチ撮っています♪

イメージ 1


ヤムウンセン・ムーサップ(ひき肉とハルサメのタイ風ぴり辛和え)

イメージ 2


ヤムサムコープ(3種類の乾き物を使ったタイ風ぴり辛和え)
*魚の浮袋がはっている場合が多い

イメージ 3


ヤムヘットカオシーフード(白いキクラゲのタイ風ぴり辛和え)

イメージ 4


パーグン(海老のタイ風ぴり辛和え)

これを味無しオカユで食べるんです。
そして、味は全部美味しいですね〜。
酸味と辛味と甘みが同時に来るヤム系タイ料理は止められませんね〜。

僕がヤムウンセンが初めて「美味しい!!」と感じたお店でもあります。
ヤムウンセンは春雨のゆで加減、汁の量がきめて・・
ビールのつまみでヤムシリーズは特に重要♪

こだわりのヤムをここで食って見ませんか?
リクエストでプーケットタウンによる島内観光中に食べられますよ!!

【場所】プーケットタウンのクラビー通り沿い

↓島風オリジナルでタイ料理を制覇♪↓
イメージ 6

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事