プーケットしまかぜ案内人

プーケット島ダイビングガイドが、体験ダイビング、観光、オプショナルツアー、離島、象乗り、レストラン、スパ、夜遊びナイト情報の発信

カナシィアスパ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

気づけば10月も後半〜
日本は随分寒くなってきたのでしょうね。
プーケットは相変わらず暑い!!

これから乾季入りするので、しばらくは過ごしやすい日が続いてくれればうれしいのですが!
そんなカラッとした日はノンエアコンルームのサラでタイマッサージを受けるのも
タイらしい、そして南国リゾートプーケットならではの楽しみです!

ノンエアコン+サラといえば、やっぱりカナシィアスパ!
ローカル老舗スパとして有名なんですよね。

イメージ 1


タイマッサージを受ける際、60分、90分のコースはタイマッサージのみですが、
120分は希望の場合はサウナを受けることが出来ます。

イメージ 2


ちょこっと時間が出来た時は、ついつい足がカナシィアスパの方へ。
でも、午後は混み合っているので、静かな空間でスパを受けたい方には
午前中がおススメですね。

イメージ 3


今回は突然お願いしたので、60分タイマッサージを受けてきました。
暑い暑いタイランドですが、マッサージを受ける時って
じっとしているので、意外に熱くないんです。

イメージ 4


寒がりな私にとってノンエアコンは快適な空間です。
特にサラなので、時々心地よい風が吹き込んできたり、
都会から離れたプーケットだからなせる空間なのかな!

イメージ 5


初めはうつ伏せからスタート。
こりこりの体を背骨、肩を押していきます。
最初のこの押しだけで、すでにすっきりなわたしの体。

イメージ 6


細身のセラピストさんだったので、押しも強すぎず、まさに私のちょうどよい圧加減でした。
タイマッサージは適度にストレッチも含まれるので、マッサージ後は本当にすっきりします。
体がこりこりになったら、やっぱりついついカナシィアスパの足を運んでしまうんですよね!
次回はいつ行こうかな??

スパ体験レポートは↓
イメージ 7

↓カナシィアスパでタイを感じる!↓
イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

まだまだ続くベスト・オブ・カナシア・コース。
アロマオイルの最後、顔のマッサージをした後に、評判がとっても良い、トラディショナルフェイ
シャルが始まります。

イメージ 1


まずはクレンジングを顔全体に広げて、指を巧みに使いながらマッサージをします〜。ソ
フトでありながらポイントは掴んでいるところはさすがヤオワパさん♪

イメージ 2


次に暖かいお湯を用意し、カモミールローズを少し垂らします。
そこにたっぷり浸した清潔なタオルを絞って、拭き取るというよりは、優しく顔に置いて外していく
動作を何度もします。
これがポイントで、天然素材を使ったジュリークの製品がしっかり顔全体に染み込みます!!

イメージ 3


この時点で顔はもうありえないくらいスベスベですが・・。
そこへさらに、蜂蜜を広げながら顔のマッサージが始まります・・。

イメージ 4


「これ本当に気持ちいい・・」っと思わず闇の世界に引き込まれそうになるmisakiをつつく僕。
そして、薄く切った美味しそうなタイの特大キュウリが並んでいきます。

イメージ 5


顔の淵から真ん中へ円を描きながら置かれていき、更に2重で置かれます。
20分ほど染み込ませた後、キュウリを取ると・・。
今までに感じたことの無い自分の顔の触感に驚くmisaki・・。

イメージ 6


最後に、座ったまま肩から腰へ簡単にマッサージをしてもらって終わり〜。
初めてのスパはとっても気持ちよかったそうですよ!!
皆さんカナシアのベスト・オブ・カナシア・コース、シークレット・オブ・カナシア・コースと共に
一押ししておきますね♪

担当 makoto&misaki

スパ体験レポートは↓
イメージ 7

↓カナシィアスパでタイを感じる!↓
イメージ 8

misakiのプーケット生活日記↓
イメージ 9

この記事に

開く コメント(0)

さてさて本日はボスの指令により、プーケットタウンにあるカナシアスパのスパ取材に行くことに〜。
ココは、島風案内人が始まって以来ずっと一番人気のスパです。
技術もトップレベル、スタッフのアットホームな雰囲気もトップレベルでタイらしさを感じられるスパです。
僕自身もたまに行ってスーパーセラピストのヤオワパさんにタイ式マッサージをしてもらっていて
皆ととっても仲良しなんですね♪

イメージ 1


本日は、期待の新人misaki選手が、祝!!初スパ取材の日ですね♪
人気の3時間半のベスト・オブ・カナシアコースを受けました〜。
入り口でスーさんが笑顔でお出迎え〜。
テーブルに着くとまずは、ウエルカムドリンクの温かいハーブティーが体の芯まで暖めてくれるようで、
ちょっと何が入っているのか気になったmisakiでした!

イメージ 2


ジャグジー&更衣室ルームでは、ドライサウナもスチームサウナもあって嬉しいですね♪
女子シャワー&ジャグジー&サウナルームでは、途中からマレーシア人、アメリカ人、
タイ人が入ってきて、さすが英語がペラペラのmisakiだけあって、とっても仲良くなったそうです。
僕は、他のお客さんが入ってきたので写真を撮れないので、ジャグジールーム内は仲良しの
スーさんに撮ってもらいました〜。アリガトウねスーさん。

イメージ 3


さてさて、本日担当のセラピストもヤオヤパさんで、ジャグジールームに迎えに来てくれました〜。
エアコン無しのトリートメントルームに案内されmisakiと中に入ると、暑そうで暑くない魔法の部屋に\
あらためて感心です。
部屋の温度は、「フェイシャルのときに汗をかいたみたいですが、それもとっても良かった!!」っと、
misaki選手の意見です。

イメージ 4


ベスト・オブ・カナシアコースの最初はエキゾチックスクラブです♪
タイハーブを混ぜたスクラブを、手のひらと指を使いながら、強くも弱くも無い絶妙なタッチで淡々と、
身体全体、隅々まで広げるカナシアのいつもの完璧な技術は惚れますね〜。
くすぐったがりというmisakiも気持ちよかったそうですよ!

イメージ 5


セラピスト本人が温度を調節して、適度な暖かさのシャワーを準備するところ、
カナシアのおもてなしの精神を感じます!
シャワーを浴びた後に、次のアロマセラピーマッサージの開始です。

イメージ 6


カナシアの秘密の滑りにくいアロマオイルアロマオイルを使ったこれまた絶妙なマッサージは、
何故かセラピストの指がすっと身体に入ります。
うつ伏せ〜仰向けとスクラブを広げた場所の上を入念にマッサージ。
身体のツボの上を駆け巡るヤオヤパさんの指や手のひら・・。
くすぐったがり屋のmisakiを唸らせるヤオヤパさんの手が、オーラを放つゴッドハンドに見えてきました〜

その△愨海♪♪

担当 makoto&misaki

スパ体験レポートは↓
イメージ 7

↓カナシィアスパでタイを感じる!↓
イメージ 8

misakiのプーケット生活日記↓
イメージ 9

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

本日は久しぶりにmioとスパを周りました〜。
まずはアットホーム代表、カナシアスパに来ましたよ〜。
今回は英語が喋れず戸惑う皆さんにわかりやすいように、
受付からトリートメントルームまでの30分位の流れを説明しますね♪

イメージ 1


今回受け付け担当してくれたのはスーさんです。
とっても笑顔が素敵なスーさん、まずは、菊の花の香りのするお茶を出してくれます。
そして、次は清算となります。カード支払いもできますが、手数料が4%かかります。
その後は簡単な流れとロッカーの鍵とタオルセットを持って、
そのままジャグジー・サウナ・シャワールーム付き更衣室に案内してくれます。
スーさんもmioもすぐに仲良しですね〜

イメージ 2


まずは、サンダルに履き替え、更衣室のロッカーで、貴重品・小物・アクセサリーなどを
ロッカーに入れて、更衣室用サロン&タオルを持って、シャワー室でシャワーを浴びて
更衣室用サロンに着替えます〜。ちょっとチマチョゴリ風のサロンが妙に似合っているmioでした〜。

イメージ 3


さてさて、ドライサウナを見ると温泉を思い出すmakotoです。
炭を置いてある場所に、桶の水をすくって掛けているmioを見ていると懐かしくて、
思わず僕も入りたくなってしまいました〜!!

イメージ 4


蒸気で一気に発汗するスチームサウナは匂いも良かったですね〜。
サウナに入って発汗した後に冷水ジャグジーに入るのも血管の動きが活発になり良いそうですよ!!

イメージ 5


さてさて、噂のカナシアの冷水ジャグジーですが、mioもとっても寒そうでした〜。
日本人ですといきなり入ると冷えあがるので、サウナと組み合わせて使ってみるとよさそうです。
温泉式に、サウナ→ジャグジーサウナ→ジャグジーと使用してみるのも良いのでは?!

イメージ 6


最後はシャワー室でホテルのバスローブみたいなのがオイルマッサージ用の服に着替えます。
タイマッサージをされる方は白いTシャツとタイパンツを着ます。

イメージ 7


さてさて、タオルやサロンは、無料の貸しだしですが、
使い終わったタオルやサロンでは、片付けカゴがあるので、そこに入れましょう。

イメージ 8


時間になったらマッサージをしてくれるスタッフさんと入り口で落ち合い、
そのままトリートメントルームに案内してくれます。

最初から最後まで、笑顔が消えない楽しそうなスタッフの方が多い「カナシアスパ」。
技術も一級品なので是非一度足を運んでみてくださいね〜。

担当 makoto


スパ体験レポートは↓
イメージ 9

↓カナシィアスパでタイを感じる!↓
イメージ 10

プーケット島風案内人の写真館↓
イメージ 11

この記事に

開く コメント(0)

最近は、どこのスパがお勧めですか?と聞かれる度に、カナシィアスパです!と思わず答えてしまいますネ。
プーケットタウン郊外にあり、パトンエリアから片道30分と若干時間が掛かりますが、とってもアットホームで、
スタッフの温かさが心地良く、毎日練習を欠かさないセラピストさん達の技術も、バッチリ!
その毎日の練習台になりたいぐらいです^^

イメージ 1


今回はmakoto君がマッサージを受ける事になったので、カメラマンとして、久しぶりにカナシィアスパへ
行ってきました!!
スパに到着するとYaowapaさんがもうすぐ来るから10分ぐらい待っててねと。
タイタイムの待つこと倍の時間、私服で登場?
新しいエアコンルームで、そのままトラディショナル・タイマッサージが始まり、なんと指導も始まりました!

イメージ 2


これにはビックリでしたが、屋外のマッサージエリアにて、やっとスタート。
どれくらい時間掛かったかな?タイっぽいですネ〜^^
5分もしないうちに「ヤバい…」とmakoto君。
8年のベテランセラピストさんは、体重を掛けながら、丁寧な手つき。さすがですね。
ツボをしっかり捉えているのが分かりました。

イメージ 3


いつも思うんです!
セラピストさんは、ツボが見えるのかな〜?なんて^^
始めて会う人の、骨格や肉つきから一瞬に判断するって本当に凄いですよねー!
カメラを構えシャッターを押していると、マッサージ中でも笑顔を向けてくれ、とってもフレンドリー。
セラピストという職業を楽しんでいるかの様にも見えました^^

イメージ 4


男は、スパなんて・・・と言う方もいらっしゃいますが、街角のマッサージとは違った空間で本格的な
タイマッサージを受けてみては如何ですか?
makoto君も絶賛のカナシィアスパの技術を是非体験してみて下さい♪
アクロバティックな?プロレスの様な技?は、ちょっと遠慮したいですが、私も次回行った際は、
Yaowapaさんにお願いしたいな〜^^

担当:mio

スパ体験レポートは↓
イメージ 5

フォトアルバムは↓
イメージ 6

【場所】   プーケットタウン 郊外
【施設】   ☆☆☆☆
【笑顔】   ☆☆☆☆☆
【ルーム】  プライベート
【シャワー】 お湯
【紙パンツ】 あり
【ジャクジー】サウナorミルクバス

↓カナシィアスパのフォトアルバムは↓
イメージ 7

↓スパ2つ予約でパトンナイト↓
イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事