プーケットしまかぜ案内人

プーケット島ダイビングガイドが、体験ダイビング、観光、オプショナルツアー、離島、象乗り、レストラン、スパ、夜遊びナイト情報の発信

プーケットファンタシーショー

[ リスト | 詳細 ]

タイランド、プーケット島最大のテーマパークのファンタシーショー。スコータイ時代の王宮を模した劇場やビッフェレストラン、ゲームセンターなどが集まったアミューズメントパーク。神話をモチーフにしたショーには150人の主演者と30頭の象が登場し、壮大な規模のショーに圧倒されます。

プーケットファンタシーのご予約はしまかぜ案内人の旅案所♪
http://www.bai-mai-tour.com/show/show/fantasea.html

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

プーケット島で人気のナイトショーといえばファンタシーショーです!
先日2011年度からできた、シーフードビュッフェを食べにに行ってきました.
通常のビュッフェと何が違うのか見てきましたよ。


通常のブッフェ会場である巨大なゴールデンキナリーレストランと一緒.
その会場内にあるスリヤマス シーフード ビュッフェ レストラン.
(Suriyamas seafood Buffet Restaurant)で食事を楽しみます.
レストラン内はほぼ全て金色で、隅々まで彫刻がされているタイらしいデザインのレストラン.
さ〜、とっても煌びやかでゴージャスな空間での食事タイムです♪

イメージ 1


先に感想から言うと、ノーマルブッフェからシーフードブッフェにアップグレードすると、
内装がゴージャスな特設エリアで食べられる点、テーブル数も少なくお客さんも少なく、
プライベート感を味わえます。

通常のビュッフェとは違い、シーフードを使った前菜や主菜などが多数食べられる点が違います.また、メインはオーダー式で綺麗に盛り付けられて運ばれてくるのが大きな違いです.
ビュッフェの食器も電動式で開閉ができ、食器類も少々ゴージャスです.

イメージ 2


もちろんスリヤマス(シーフードの特設エリア)外にある普通のビュッフェの食事も
いただくことができます。せっかくファンタシーにいらしたので、
よりのんびり食事を楽しみたい方にお勧めです.

イメージ 3


イメージ 4



●お飲み物

お水はテーブルで無料、その他食後紅茶とコーヒーはフリーで
デザートビュッフェコーナーにありました。その他のお飲み物は有料となります.

イメージ 5


イメージ 6


●主菜

テーブルに置いてある小さな半券&鉛筆を使いオーダー。
メインディッシュは7種類から選びそれから作ってくれます・・・
そして、なんと何回でもお変わり可能なのも嬉しいですねー!
シングネチャーディッシュのスリヤマス、エビのトムヤムソース・・・

エビ(キングプラウン)を使ったタイハーブ蒸し、イカのタイ風ピリ辛炒め、
特製ソースをかけたムール貝のフライ、カニのカレー炒め、

ニュージーランド産サーロインステーキ、サーモンのしょうゆ蒸し・・
個人的にはサーモンの醤油蒸しが美味しかったです♪

イメージ 7


イメージ 8



●前菜のコーナー

パンやサラダやグラスに盛られた凝った料理があったりします〜.
シーフードを始めとする数々の食材を使った前菜の数々は見事.
小さなグラスやカップに綺麗に盛り付けてあって見事な陳列が素晴らしいですね〜.
サラダコーナーは野菜もドレッシングも豊富なのも嬉しいです.

イメージ 9


イメージ 10


●スリヤマスコーナー

ファンタシーの創作料理が食べられます・・・
タイ風ピリ辛スパゲティーなどの変わり種料理から、大き目なエビのバターハーブ焼き
タイハーブで蒸してあるカニ、その他イカやムール貝や魚を使った創作料理の数々〜.
シーフードを大胆に使った見事な料理ばかりでした〜

イメージ 11


イメージ 12


●タイ&インターナショナル料理コーナー

とっても食べやすいタイ料理がメインの料理の多さにビックリしました〜.
全世界の人が楽しめる味付けも盛り方も上品でとっても豪華ですね〜.

鶏のカシューナッツ炒めや野菜炒め、お子様が食べれるようなフライドチキンやフライドポテト・
カレーは食べやすいマッサマンカレーとグリーンカレー。
そして、スープも食べやすいトムカーガイ(取りのココナッツミルク煮)と
欧風クラムチャウダーがあり、アジア人も欧米人にも優しいメニューが嬉しいですね〜♪

イメージ 13


イメージ 14


●日本食コーナー

日本人には嬉しい握りずしと巻き寿司コーナーができていました!
少々タイ風のお寿司ですが、日本食が恋しくなった時にはおすすめですね〜
サーモンやマグロやアナゴや卵やカニカマなどなどの刺身とお寿司〜
個人的にはサーモンがプリプリで甘くて美味しかったです♪

イメージ 15


イメージ 16


●デザートコーナー

とにかくフルーツ&スイーツがいっぱい。
オシャレに切られたフルーツや、各種スイーツは盛り付けがオシャレで種類が多く
どれを食べればいいか悩んでしまいました〜。スイーツはどれもグッドです.

その中でも僕はトロトロしたチョコレートにフルーツを入れて食べる
チョコレートフォンドュが一番印象的で嬉しかったですよ〜.

↓ファンタシーショーの予約♪↓
イメージ 17

↓Instagramで写真アップ中↓
イメージ 18

この記事に

開く コメント(0)

プーケットファンタシーショー内は動物園や各種お土産物屋さん・・・
そしてレストランやバーなどなど見どころたっぷりのテーマパークです♪
一番奥にメインレストラン会場とショー会場となる象の宮殿があります〜

イメージ 1


本日は民族衣装撮影ができるカンニバルショップ内にあるお店に行ってきました〜。
お店は2つあり「レジェンド・オブ・バンコク」「ランナー・マジック・フォトショップ」
になります♪

イメージ 2


まずは好きな衣装を選んで、値段は各店舗とも1セットで1人は900バーツ。
2人で映ると1400バーツ。3人で映ると1900バーツとなっていきます。

イメージ 3


レジェンドオブバンコクは、タイのベーシックな民族衣装を着用して、
お店の中とプーケットファンタシー内の何箇所かで写真を撮ってくれます。

イメージ 4


ランナー・マジック・フォトはタイの北部ランナー形式の民族衣装を着て店内の
セットとファンタシー内でも写真を撮ります。

イメージ 5


そして、セットA,Bから選ぶことが出来ます〜
セットAだと大型写真1枚と小型写真2枚、セットBだと大型写真2枚。

イメージ 6


タイの民俗衣装を着て写真を撮るのはとっても思い出に残るので、
プーケットファンタシーに来たら空き時間を民俗衣装撮影にあててみるのもいいかもしれませんね?

↓ファンタシーショーの予約♪↓
イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(5)

プーケットファンタシーはプーケット島の中でも有名なテーマパークで、連日多くの観光客が訪れ、
その中でもファンタシーショーは他では見る事の出来ないエンターテイメントショーだと、
人気があります。今回私も初めて行ってきましたよ!

イメージ 1


お泊りのホテルまでの送迎は、ほとんど時間に狂いがなくタイにしては時間にとてもきっちりしていました。
私の場合、17:15ピックアップで、14分に迎えがきましたよ〜。
ファンタシーの車はピンクや黄色やブルーと言ったとてもかわいらしい色をして、
象やトラなどの絵が描かれているとても派手派手なミニバスです。
ホテルのロビーで待っていると、テーマパークから飛び出して来たような衣装に身を包んだ
ドライバーさんが呼びに来てくれ、チケットの確認をします。

イメージ 2


予約確認書が必要となりますので、ご用意くださいね。でも忘れちゃったらしょうがないっ(笑)
名前を言うと確認し、手書きのチケットをくれます。
これをチケットカウンターで出してね、と優しいドライバーさんでした。
カマラまでの道のりは意外と長く、プーケットタウンからパトンを通りファンタシーまで行きましたが、
その間交通渋滞の為になかなか進まず、結局着いたのは7時頃。
どうしようもない事なので文句も何もありませんが、ショーまでの時間で見て回ろうを思っていた
園内はあまり見る事が出来ず、ちょっぴり残念でした。

イメージ 3


到着するとすぐ目の前にチケットセンターがあり、そこに並んで入園の為のチケットをもらいます。
ディナーの席、ショーの席、帰りのバスも書いてあるので、要check it out!
チケットに付いているシールは洋服の胸のあたりにでも貼っておいてくださ〜いとのことでした。

荷物チェックなどをするゲートを通り中に入ると、意外とかわいいテーマパークの門構えに驚き☆
キラキラのネオンが光り、決してかわいいとは言い切れないマスコットたちが笑顔で出迎えてくれました。

イメージ 4


でもなんだかやっぱりかわいい。ブサかわいい!?なんて思いながら、ご飯を食べにレストランへ。
もりっもり食べる私にとって、ビュッフェは最高ですね〜。
種類も豊富なので、何を食べようか〜と悩んじゃいます。
結局、みぃ〜んなちょこっとづつ(笑)あぁ、デブデブ。

お腹いっぱいになったら、ショーまで時間が少しだけあったのでぶらぶらしてみることに。
ゲームコーナーは、アメリカのゲーセンのような感じのシステムで、賞品ゲット型。
分かりやすく言うと、日本のお祭りの的屋のゲーム。
きっと、ファミリーだったら楽しいでしょうね!まぁ十分私も楽しみましたけど〜♪♪
できそうでできないあのもどかしさが好きで、意外と何度も挑戦しちゃうんですよね。

イメージ 5


ショーの時間になり、人混みの中をゴールドシートと呼ばれる真ん中の席にどかんっと座り、
時間を待ちます。ホールは大きく造りもおもしろいですよ。
天井は高く、音響と照明に期待が集まるホールでした。

始まってみると、期待をしすぎていた照明、そして古代のストーリーの中になぜ空中ブランコや
マジックショーがあるのかに少し疑問は残りましたが、たくさんの動物たちが出てきて楽しかったです。

イメージ 6


なかなかこんなショーは見られない♪とワクワクしました!
終わってみると、なぜか微笑んでしまうようなショーだったなと、心が温かくなりました。

ホールに入る前にカメラや携帯を預けるので、帰りに忘れないように取りに行ってくださいね。
ただ、ここでかなり時間を取られるので要注意!
ショーの後でちょっと遊んで帰ろう〜と考えていたら、もしかしたら時間がなくなっちゃうかも。
ご飯を食べ、お買いものなども済ませたうえで、ゆっくりとショーを観ることをお勧めします。

イメージ 7


帰りのミニバスはチケットセンターの前のところから出ています。
最初に渡されたチケットにどこ行きの何番と書いてあるのでその番号に従ってミニバスに乗り込みます。
係の人がいるので、チケットを見せたら案内してくれますよ〜。
私の場合は、タウン方面・カティナホテル・4番と書いてありました。
時間に決まりは特にないようです。人数がある程度集まったら随時出発と言う感じ。
帰りたいなぁ〜と思ったら、いつでも何時でも、チケットセンター前のミニバス停へ☆
ファンタシーは家族で行くと楽しいと思いますよ〜。
是非是非、みなさんで行ってみてくださいね!

↓ファンタシーショーの予約♪↓
イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

ファンタシーショーからホテルへ


プーケットファンタジーショーの報告の続きです。
ショーが終わって帰りまでの流れの紹介です。
ショーが終わって出てくると、荷物返却所に人だかりができています〜。

イメージ 1


ちょっと混み合うので、ショーが終わったら早めに出てくることをお勧めします!
荷物を預けるときにもらった色&番号付きの札を持って、列に並びます。
ファンタジー自体も混み合わないために、札の色ごとの列ができていますね〜。
そりゃ1000人も収容できる劇場ですから工夫されてますね〜。

イメージ 2


帰りはまだお土産物屋さんが空いていますね〜。
でも、ショーが終わると23時近いので、帰りの送迎もあるので、遅くまで買い物はできません。
ショッピングする方は、21時のショーの前に買い物を済ませておくか、
遅くてもショーの前に買うものを決めておき、ショーが終わったらすぐに買い物を済ませた方が
良いですね〜。

イメージ 3


門を出ると、帰りのバスの発着所は、チケットセンターの横、ATMのある左のエリアにあり、
各ビーチエリアごとに乗車口が違います。1番乗り場は、パトンビーチ行き、2番乗り場は、
カタ&カロンビーチ行き、4番乗り場はプーケットタウン行きとなっております。
チケットセンターの正面、門から出て右のエリアには、大型バスの発着所や待合室がありますね〜。

イメージ 4


タイでも有名な、プーケットで一番人気のナイトショー「プーケットファンタジー」お土産も買えるし、
記念撮影もたくさんできるし、ブッフェスタイルでタイ料理以外にも各国料理も食べられるので、
カップル同士・女性同士・子連れファミリーの方にお勧めですよ!!

↓ファンタシーショーの予約♪↓
イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)

ファンタシーショーの内容を知っておこう!!


さてさて、引き続きパトンビーチの隣にあるカマラ地区にあるプーケット一のナイトショ「プーケットファンタシー」の報告です。プーケットファンタジー内にある娯楽施設はたくさん紹介したので今回はショーの内容を紹介したいと思います♪

イメージ 1


ファンタジーのショーは、最新式の音響設備を備えた象王の宮殿劇場で行われます♪
なんと3000人も収容できる巨大な宮殿は、スコータイ時代の石の王宮を正面に、
大きなゾウの彫刻が並ぶとっても歴史を感じされる重みのある見事な建物です。

ショーは、「ファンタジー・オブ・キングダム」と呼ばれ、11節ある緩急溢れるスペクタクルなショー
です。ファンタジーの別売りの大きなパンフレットを買うと細かく内容が書いてあります。
欲しい方は、ファンタシーショーのチケット売り場などでお買い求めください。

イメージ 2


カマラ王国の神話を元に、ドラマは形成され、オープニングの第1節「ユニティー(一体)」、
2節「サークル・オブ・ライフ(生命の営み)」では、タイの古きよき時代を感じさせる
素敵なカマラ王国を思わせる素敵なシーンが続く。

第3節「コンパッション(哀れみ)」では、人間とは愛し会うことができないタイの天使
「キナリー」と「カマラ王子」のやり取りが微笑ましい。

イメージ 3


第4節「フリー&スピリット(自由な心)」では天井から自由の天使「アプサラ」が
見せる空中バレーが美しくて、天井に目が釘付け♪

第5節「グッド&デビル(善と悪)」では、ハヌマン(サル)軍の協力を得たラーマ軍(正義軍)と
トサカン(悪魔軍)に苦戦の末勝利を収めるシーン。かなり激しいアクションシーンで興奮しますよ!!

ココで雰囲気は一度がらりと変わり、第6節「ファン&ラビング(楽しさと愛)」は、
マジックショーの時間です!結構良くできた面白いマジックショーですよ♪
第7節「ハーモニー(共存)」では、会場中央にタイ各地の映像が流れ、北部、南部、中部、
イサーンと言う順番で、映像を流しながら、各地の伝統的な衣装と踊りを披露してくれます!
プーケット10年目の僕もそれを知って感動しました♪

イメージ 4


第8節「ラブ(愛)」は、カマラ王子が農村の女の子と故意に落ち、彼女を悪魔に連れ去られるシーン。
鳥や水牛など動物が出てくる明るい雰囲気から一転、悪魔が出てくる暗い雰囲気になるところも面白い!
第9節「カーレッジ(勇気)」では、悪魔軍とカマラ軍の対決の末、カマラ軍が勝つシーン!

第10節「ホープ(望み)」は、明るいイメージで勝利を喜ぶシーン。
30頭もの巨大なゾウ達の曲芸が凄い!!第11節「パザべランス(忍耐強さ)」は、
ショーの登場者少しずつ登場し、カマラ王国の伝説のショーを少しずつ思い起こさせながらショーが
終了します。

イメージ 5


1時間20分のファンタシーショーですが、実は見るのが4回目となる僕で、
今回初めてショーを理解した状態で見ましたが、内容を理解しておくとより楽しいショーなので、
無料パンフレット以外にも、チケットセンターで販売している有料のパンフレットも買って、
予習をしておくとよりショーを楽しめますよ♪

イメージ 6


プーケット旅行中、一日は、プーケット一のナイトショー「プーケットファンタシー」を美味しい
ご飯つきで見に行かれるのも良いのではないでしょうか?!お勧めする素敵なナイトショーです♪

↓ファンタシーショーの予約♪↓
イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事