走って、潜って、あ〜しんど!?

当ブログ、気が付けば放置状態が続いています(汗)

全体表示

[ リスト ]

今月1日、マツスピアクセラの12ヶ月点検でディーラーを訪れた際、
新型アテンザの試乗をしましたので、レポートします。

レポートする前にお断りです。
僕自身、2002年6月〜2005年4月まで先代アテンザ・スポーツ23Sに乗っていました。
イメージ 1

↑欧州仕様の「mazda6」仕様にしていましたが、
悪ノリが過ぎて中国仕様の「一汽轎車」漢字エンブレムも付けてしまいました(^^;;;
(一汽=第一汽車(中国最大級の自動車メーカーグループ)。轎車=乗用車の事。)

その先代モデルと比較してしまう所がよく出ますのでご了承下さい。m(_ _)m


イメージ 2

試乗したモデルはスポーツワゴン25S。(画像は上級グレードの25EX。)
スポーツワゴンの中では売れ筋グレードと思われる。
それにメーカーオプションのプッシュボタンスタートシステムや
HDDナビシステムが装着されていた。

ブレーキペダルを踏みながらプッシュボタンでエンジンを始動。
いつものキーをひねって始動させる「儀式」に慣れきっている事もあり、
ものすごく違和感を覚えた。(でも、慣れればそれまでだが)
そして、ディーラーを出てR8を旧びわ町付近まで北上。

新型アテンザは従来同様2000直4エンジンと、
旧型の2300から200cc拡大した2500直4エンジンの2種類がある。
旧型の2300エンジンはハイオクガソリン指定だったが、
新型の2500エンジンはレギュラーガソリン指定になっている。
ここ最近のガソリン価格の高騰もあり、少しでも財布に配慮した設定だと思う。
(旧型の2300エンジンも一応、レギュラーガソリンも使えるけどパワーが落ちます)

パワーは旧型2300ccが178馬力あったのに対し、
新型2500ccは170馬力と排気量を200cc拡大したにもかかわらず、
8馬力落としている。しかしその分、低速域から厚みのあるトルクが出ている。
試乗車はアクティブマチック付き5速AT。マニュアルモードは先代アテンザにも付いていたが、
今回さらにアクセラやRX−8にも搭載されているパドルシフトも搭載された。
とは言っても、パドルシフトでシフトアップ、ステアリングに付いてある
ボタンでシフトダウンというシステムになっているが。。。
ワインディングを走る時なら楽しんで使える機能だが、
試乗コースではほとんど使う機会がなかった。

足回りは先代の良い点をそのまま継承し、安定感もかなり増していた。
静粛性も旧型と比べてかなり向上していて、70km/h巡航時も風切り音がほとんどなかった。
80km/hの「高速巡行」でも旧型をはるかに凌ぐ安定感の高さを感じた。

新型アテンザに搭載されたCF-Netも体験した。
CF-Net(Cross Functional-Network)はステアリング左部分にあるリモコンスイッチと、
インフォメーションセンターディスプレイによって、オーディオ、空調、トリップコンピュータの
各システムを統合的にコントロール出来るシステム。
走行中でも視線を大きく下に向けずにそれらの操作をし、同時に視認出来る様になっているとの事。
便利な機能だが、当然、操作には慣れが必要です。
でも、すぐに慣れると思います。難しいものではないです。(^^;

シートについても、旧型のワゴン、スポーツ(5ドア)は
後部座席の座面クッションがやや薄く、板のようだと言われたが、
試乗車(ワゴン)の後部座席に座った所、厚みが増しており、その点も改善されていました。
言うまでもなく、内外装の質感は旧型をはるかに上回っています。


ディーラーに戻ってから、見積を取ってもらいました(もちろん参考までです)。
グレードはスポーツ25Z・5速AT、色はギャラクシーグレーマイカ。
(今乗っているマツスピアクセラはMTですが、アテンザはボディが大きいのでATにします(汗))

メーカーOPでLEDドアミラーウインカ、BOSEサウンドシステム、MAZDA G-BOOK ALPHA対応
HDDナビシステム+バーグラアラーム+Bluetoothハンズフリーシステム。
(以上で、車両本体価格3,051,150円)

更に「おすすめ付属品」からアクリルバイザー、オートミラーシステム、
ボディコーティングをチョイス(これら3点で111,820円)して・・・・・


金 3,521,362円也!

(その内、自動車取得税等といった税・諸費用が358,392円。車体系は3,162,970円)


まあ、当分は無理ですね。。。(>_<)
でも欧州で販売される新世代ディーゼルエンジン車が
国内でも出たら乗り換えるかもしれん。


その新型アテンザは1月29日に発売し、発売後約1か月の2月27日時点での
累計受注台数が月販目標1500台に対して3倍の4500台に達した。
しかもボディタイプはほぼ均等に受注しているとの事。

ルーチェやセンティアユーザーから乗り換えてもらうにも(先代)アテンザは若過ぎるし、
MPVに乗り換えてもらうにもセダンからミニバンというのも無理があり、
泣く泣く他メーカー(特にT、N社あたりか?)に乗り換えられていた状態だったそうだが、
新型アテンザセダンなら、それらのユーザーにもアピール出来るのでは?と思う。

でも、最もおすすめ出来るのは・・・
「現在ヨーロッパ車(特にドイツ車)に乗っているが、
修理や点検の度に遠方のディーラーまで足を運ばなくてはならず、
維持費の面からも次乗り換える場合は国産車にしたいが、
今乗っているクルマから乗り換えても違和感のないクルマにしたい」という方だと思います。
(特にアウディA4やVWパサート(先代)、オペル・ベクトラ、BMW3シリーズ、ベンツCクラス等)

この記事に

閉じる コメント(7)

おおおお・・・・バイクも・・・「セル」か「キック」なら・・
キックが好きな私。。。
時代は進化するのですね・・・。
素晴らしいです。

2008/3/5(水) 午後 11:42 tackey/kan 返信する

アバター

Tackeykanさん 傑作ポチありがとうございます!
大昔のハンドルをぶん回して始動から、現在のキーによる始動、
そしてプッシュボタンによる始動。
盗難防止の観点からそのシステムに進化した様ですね。
合鍵作って持っていかれる事もないですし。

2008/3/5(水) 午後 11:47 ダイブランナー 返信する

顔アイコン

僕も展示車両には乗りましたが、それだけでも、すごくどっしりした感じを受けましたね。

日本でも売れるといいな〜
アクセラなんて、日本で月2000台弱しか売れないのに、欧州だと20000台と、1桁違うんですよね。
それだけ走りがしっかりしてるけど、今の日本では、走りがどうこうって、どうでも良くなっちゃったのかな〜〜

2008/3/6(木) 午後 9:50 ますお 返信する

すごいですね〜
私は未だにAT車になれていないっす。。
MTに10年以上乗っていたし、、走り専用のパワーウインドウなし、エアコンなしの車とぜんぜんちがう、、
あ、、今は子供が居るからおとなしめの車ですよ。
たまにスポーツモードでやんちゃしますけど、、
傑作です♪

2008/3/6(木) 午後 11:23 惠鈴 返信する

アバター

ますおさん 日本だとクルマそのものよりも、
メーカーで買ってしまう傾向が未だに強いと思います。
よく言われるのがユーノス800やランティスがトヨタで売られていたら
爆発的に売れていたと言われますね。

でも、トヨタならユーノス800の様なこだわりにこだわった
クルマは出せないと思います。マツダだから出せた、こだわりの1台だと思います。
新型アテンザ、売れて欲しいですね〜。

2008/3/7(金) 午後 8:09 ダイブランナー 返信する

アバター

恵鈴さん 傑作ありがとうございます!
僕はAT限定免許ではなかったものの、アクセラを買うまでは
買ったクルマは全てAT車でした。
でも、MT車に乗ってしまうと、逆にAT車に乗れないですね。
渋滞に巻き込まれるとAT車がいいと思う事はあるけど、
アテンザの見積りを取ってもらってから「MTでもええかな」と
考えてしまいました。(^^;

2008/3/7(金) 午後 8:12 ダイブランナー 返信する

アバター

鷹さん、削除させていただきます。

2008/3/21(金) 午前 0:08 ダイブランナー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事