走って、潜って、あ〜しんど!?

当ブログ、気が付けば放置状態が続いています(汗)

全体表示

[ リスト ]




スズキ、新型セダン「キザシ」を発売       2009年10月21日
http://www.suzuki.co.jp/release/a/2009/1021/index.html


イメージ 1

スズキ株式会社は、新型セダン「キザシ」を10月21日より発売する。


「キザシ」は、スポーティーで力強いスタイリングや、丹念な作り込みによる上質なインテリア、
快適な装備に加え、感性に応える爽快な走りを追求したセダンである。
欧州・北米で走行テストを重ね、スポーティーなハンドリングと
快適な乗り心地の両立を目指し開発を進めてきた。
「キザシ」という車名には、スズキが「世界の市場に向け、新しいクルマ作りに挑戦する」
という想いを込めている。「キザシ」はスズキの新しいフラッグシップモデルとして、
今後北米市場にも投入を予定している。


新型セダン「キザシ」の特長



スポーティーで力強いエクステリアデザイン

ヘッドランプからリヤコンビランプまで張りのある
ショルダーラインを取り入れ、車格感のある力強さを表現した。
リヤのトランク周りのデザインは、抑揚を持たせ空力特性と造形美を両立させた。
リヤバンパーの一部に取り込んだマフラー後端にはステンレス製のカバーを施すことで、
スタイリッシュな印象のリヤデザインとした。

車体色には、銀(プレミアムシルバーメタリック)、白(スノーホワイトパール)、
黒(スーパーブラックパール)の3色を設定した。


上質なインテリアデザイン


精巧で緻密なデザインのセンターコンソールやサテンメッキのインパネ加飾など、
スポーティーでありながら工芸品を思わせるインテリアとした。
フロントシートはダブルステッチを取り入れた本革仕様で、
サポート性を高めながらも圧迫感を感じさせない形状とした。


高い走行性能


最高出力138kW(188PS)、最大トルク230N・m(23.5kg・m)のJ24B型エンジンを搭載。
可変吸気システムやデュアルマフラー等により優れた吸排気効率を実現した。
トランスミッションはスムーズで力強い走行を実現するCVTを採用した。
フロントはマクファーソンストラット式、リヤはマルチリンク式サスペンションを採用し、
高い操縦安定性と快適な乗り心地を両立した。
4WD車には電子制御4WDシステム“i-AWD”を搭載し、スムーズな発進加速や旋回性能を実現。
さらに“i-AWD”と電動パワーステアリングを協調制御する、車両運動協調制御システムを
組み合わせることでクルマの挙動を安定させ、姿勢の変化を抑制する。

* 2WD車は電動パワーステアリング制御のみ。


優れた静粛性


車体各部に吸音・遮音対策を施し、静粛性を高めながら車体の軽量化と両立させた。
大容量サイレンサーを採用したデュアルマフラーにより、
不快な低周波のこもり音を低減し、快い排気音とした。
ドアウェザーストリップは2重シールを採用し、風騒音等の車室内への透過を低減した。
リヤフェンダー内側の吸音材に軽量不織布タイプを採用し、ロードノイズを低減した。


最新の安全性能


スズキ初の9個のエアバッグ(運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、
フロントシート・リヤシートSRSサイドエアバッグ、運転席SRSニーエアバッグ)を標準装備した。
高強度のキャビン構造で乗員を守る軽量衝撃吸収ボディー[TECT]を採用。
高張力鋼板を有効に使用し、剛性の確保とともに軽量化にも貢献している。
タイヤの横滑りやスリップを抑える車両走行安定補助システム、ESP(R)を標準装備した。
                            * ESP(R)はDaimler AGの登録商標。


充実した各種装備


高速走行やロングドライブなどで快適なクルーズコントロールを装備した。
パーキングセンサーを前後バンパーに各4個ずつ内蔵し、駐車時の利便性を高めた。
運転席には10ウェイ、助手席には4ウェイのパワーシートを採用。
運転席にはドライバー3名分の最適なシートポジションを記憶するメモリー機能も採用した。
運転席と助手席の温度調節を別々に行える左右独立温度調節機能付フルオートエアコンを採用した。
スポーティーな走行が可能なマニュアルモードや、手もとでシフト操作が出来るパドルシフトを採用した。
センサーが雨滴を検出してワイパーを自動で制御する、雨滴感知フロント間欠ワイパーを装備した。
ミラーの反射率を自動的に制御して眩しさを防ぐ自動防眩式ルームミラーを装備した。
新開発のセンサーにより、短いトンネル等では非点灯となるオートライトシステムを採用した。



「キザシ」は受注生産車



メーカー希望小売価格(消費税込み)



★は写真添付の機種
商品名   エンジン     駆動   変速機     価格(円)
キザシ  2.4LDOHC VVT   2WD    CVT     2,787,750
               4WD           2,997,750  ★

※ プレミアムシルバーメタリック、スノーホワイトパール塗装車は31,500円高(消費税込み)。
※ 価格にはリサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、登録等に伴う費用は含まれない。


                          (以上、スズキ ニュースリリースより)

_____________________________________________

2009 東京モーターショウ開幕と同時に、
スズキから同社として初めてのミドルクラスセダンがリリースされた。

それがこの「キザシ」である。


ニュースリリースの文中には出ていませんが、全長4,650mm、全幅1,820mm、全高1,480mmと、
スズキオリジナルのセダンとしては最も大きく、他社の同クラスならトヨタ・アベンシスや
ホンダ・アコード、マツダ・アテンザ、スバル・レガシィ、
欧州車ならフォード・モンデオやオペル・ベクトラ、VWパサート、アウディA4等と同等である。


デザインもさる事ながら、ボディ(トヨタ式ならボデー(爆))やシャシーを
欧米のアウトバーンやフリーウェイで鍛えたというだけあって、かなり気になります。

エスクードでも採用されている、
2.4L直4・J24B型エンジン(188PS、23.5kg・m)と、
新開発CVT(6速マニュアルモード&パドルシフト付)が組合わされ、
10.15モード燃費12.6km/L(2WD車)だそうです。

イメージ 2

内装系もクルーズコントロールシステムやプッシュスタート式のエンジンスタートスイッチ、
運転席10ウェイパワーシート(メモリー機能付)、助手席4ウェイパワーシート、
フロント本革シート(リアシートは本革&人工皮革)、更に9エアバッグ(※)、
セキュリティアラーム、イモビライザー、左右独立温度調節機能付フルオートエアコン、
自動防眩式ルームミラー、ビルトインタイプETCユニットも標準装着されています。

※9エアバッグ=運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ(左右両方)、
フロントシート・リヤシートSRSサイドエアバッグ、SRSニーエアバッグ(運転席膝部分)


お値段はニュースリリース文中にも出ていますが、
昔の「アルト47万円!」や「泣く子も黙る79万円(初代スイフト)」と
安売りのイメージが強いスズキとしては高く、2WD(FF)・CVT車で2,787,750円、
4WD・CVT車で2,997,750円(いずれも消費税込み)とかなり値が張っています。
しかも、エコカー補助金(13年経過した車の廃車を伴う場合、
25万円の補助金が受けられる)は受けられますが、エコカー減税は非対応です。(>_<)

キザシ自体が受注生産車なので、納車も2,3ヶ月かかり、
展示車・試乗車も入ってくるかどうか不明だそうです。
(地元のスズキ自販スタッフ曰く。)
もっとも、キザシのメインマーケットは欧米なので、
ライバルが多い国内向けはそれでも十分かな。(^^;;;


でも個人的には気になる1台です。
今後GM方式のシステムを使ったハイブリッド仕様や、
フィアット製ディーゼルエンジン搭載車も出てきそうですが、
ディーゼルは欧州ならともかく、国内では無理やろうなあ。。。(T_T)


キザシも欲しい所ですが、来年3月にマツスピアクセラを車検通します。
よく考えたら、車検受けるのオペル・ベクトラ以来10年ぶり(!)やなあ。

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

こんばんは。
ランダムブログからやって来ました。
最近開設したおじーちゃんおばーちゃんのおもしろブログやってます。
これも何かの縁、よろしくお願いします。

2009/11/3(火) 午後 11:00 [ けんgt ] 返信する

顔アイコン

( ´ー`)y─┛チァーパーボェー

中国だと弱いなスズキ


ポチ

2009/11/4(水) 午前 7:29 にっぽに屋にっぽん 返信する

顔アイコン

♪你 リィ (b´∀`d)ホーォ好♪

先日だったかな、キザシのチューニングカーのニュースを
見たところでした

ばかっ早いのが私はすきですね^^

2009/11/4(水) 午後 5:46 honron 返信する

顔アイコン

私は新しいコルベットが気になります@@!!

これ、名前が気になる〜〜!!(笑)

2009/11/5(木) 午前 0:38 tackey/kan 返信する

アバター

けんgtさん、はじめまして&めんそーれ。

ブログの方も後ほどおジャマさせていただきますが、
私のブログの感想もお願い致します。それこそ、何かの縁だと思いますよ。

2009/11/6(金) 午前 1:42 ダイブランナー 返信する

アバター

nipponiaさん ポチありがとうございます!

確かに、スズキは中国市場では出遅れた感じがします。

2009/11/6(金) 午前 1:44 ダイブランナー 返信する

アバター

all_taiwanさん 僕もキザシのチューニングカーは気になっています。(^^)

2009/11/6(金) 午前 1:51 ダイブランナー 返信する

アバター

Tackey/KANさん コルベットも少々気になりますね。

名前は日本語の「兆し」から来ているという説もあり、
スズキがミドルクラスでも果敢に挑むという姿勢が伺い知れます。

2009/11/6(金) 午前 1:53 ダイブランナー 返信する

顔アイコン

♪你 リィ (b´∀`d)ホーォ好♪

コルベットはばかっ早では無かったです
今のZRは早そうだけど・・・

2009/11/10(火) 午後 6:31 honron 返信する

アバター

all_taiwanさん コルベットは昔からOHVエンジンなので、
高回転よりむしろ低中速トルクでブイブイ言わせるイメージが強いんですが、
ZR-1は確かに別物ですね(汗)。。。

2009/11/13(金) 午後 6:20 ダイブランナー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事