It's not Unusual My Weekend

着々と来シーズンへの準備してます

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

入院生活16日目

昨日に引き続き痛みが引かない
夜中に起きてしまうのが辛いため、ロキソニンを寝る前に服用するのだが
ここのところ短時間で効き目が切れてしまうので夜中に肩の痛みで目が覚め
のた打ち回るのが恒例となっている(実際は寝返りもうてない為に、じっと耐えるしかないのだが)
痛みのせいで寝不足が続いている
いつも通り昼前からリハビリへ。エアロバイクが気持ちよく、午前と午後に漕ぎに行ってしまった
午前のリハビリでは肩関節をある程度動かすのだが、先週金曜日のレベルまで動かすことができるようになる
少しでも進歩があるという事はモチベーションの維持につながる
リハビリに行って初めて雨が降っていることに気付く
ちょっと外に出て現金をおろして来ようと考えていたが断念
夕刻、妻が見舞いに来る。病室で話すのも他の患者に迷惑と思い玄関のTully'sへ
色々と話をして帰っていく
夕刻、会社の元上司が見舞いに来てくださる
草薙にあるロールケーキ屋の巨大なケーキを頂く
病院の冷蔵庫に収まらないので妻に取りに来るよう依頼。自分の分を少々切り取り頂いた
仕事が終わったところで再度の訪問。真っ暗で雨の中、正面玄関で手渡し別れる
そうこうしているうちに消灯時間。今日は全くもって睡魔が来ない。肩の痛みのためだ
まごまごしているうちに日が変わる。消灯と共にロキソニンを服用したため、次に飲めるのは3:00過ぎ
眠れないため睡眠導入剤をもらいにナースステーションへ行くも、日が変わってからでは服用できないとのこと
しかたなしにベッドへ戻る。痛みに耐えつつ目をつぶっているうちに眠りについたようだ

入院生活15日目

昨晩の痛みは続き、夜中に何度も目覚める
目が覚める度に進んでいない時計を恨めしく思うも、時間の流れは万人に平等
とにかく目をつぶり、朝が来るのを待つ
 
入院してから早くも2週間が経った
しかしながらまだまだ右肩は固定されたまま
院内を歩くことはできるが、車の運転はおろか公共交通機関での移動もままならない
あいかわらず食事とリハビリで一日が終わる生活である
土日2日間のリハビリ休みで肩の可動範囲の進捗が後退する
自主トレは欠かさずにやっていたのに…
また1週間かけて進めていく他ない。3歩進んで2歩さがる訳だ
抜糸したおかげで風呂に入ることもできる。久々の風呂は気持ちがいい。熱い湯でなかったのが残念だが
贅沢は言ってられない。
夕刻に幼馴染の夫婦が見舞いに来る。奥さんは静岡の街中に勤めているので
旦那が迎えついでに寄ってくれたようだ
色々と話をして別れる。来客は気分転換にもなるので有難い
いつも通りロキソニンを処方してもらい床に就く
薬が効くまで耐えつつ目を閉じる。今夜も長くなりそうだ

入院生活14日目

日曜日である
昨日から外出届をだし、自宅に戻っている
やはり我が家はいいものだ。しかし居心地は良いが快適かというとそうでもない
身に着けている装具が意外と行動の妨げになる
トイレに行き辛い、ベッドが壁際で腕の置き場所に困る、設備が右腕に頼る事が多いため不便を強いられる
もちろん、車の運転はできないので移動は誰かの運転に頼る他ない
バスでの移動を検討したが、やはり装具の問題で椅子に座ることもできない
どうやら普段の生活に戻るためには、装具が外れてから…という事になりそうだ
午前中、昨日作成した書類を自治会の組長に提出。抱えている装具の話から
組長宅の爺さんの病状の件でしばらく立ち話。体力が落ちていることを実感
ヘロヘロになりながら帰宅。妻が実家へ行くので散髪のため同乗して街中へ
少々待ち時間があったが散髪終了
妻の店で話をしていると友人から昼食の誘いが
街中まで迎えに来てくれるとのことで合流。郊外のしゃぶしゃぶを食べる。
食い放題で\2,000は安いな
入院している友人の病院が近くなのでお見舞い
一度帰宅して再度入院の準備。着替えとタオルがメイン。意外と重量がかさむ
しばらくして友人が迎えに来てくれる。病院の前に中華料理屋で食事
明日からまた病院食になることから、味わっていただく
病院に着き手続きを終えたところで、会社の方の見舞いを受ける
バイクに乗る方なのでバイク談義に花が咲き、先日漫画を届けてくださった先輩からの追加漫画を頂く
そのまま別れ、就寝。痛み止めを飲んだにも関わらず肩の痛みで目覚める。目覚めた時間は23:00
長い夜になりそうだ…
 

入院生活13日目

土曜日である
先週の土曜日は院内で過ごしたが、今週は外出することにする
予定外の入院延長で家の事や町内会の所用がたまってしまっている
朝方、妻が迎えに来る前に洗濯物等、持ち帰る物をまとめ準備
正面玄関に下りて行ったところで丁度合流でき妻の車で出発
先ず、今日の予定は妻の教習に付き合うこと
勢いで取りに行くことになった普通自動二輪の教習であるため、勢いのなくなった今となっては
苦痛以外の何物でもないようだ。思い通りに操られるようになれば、楽しさも出てくるであろう。
教習を挟んで昼食、自校近くの喫茶店。久々の病院食以外の食事。量が多く食べきれない
操作方法についてアドバイスを与え、再び教習へ
先ほどより上手くなっている様ではあるが、及第点にはまだ遠いようだ
教習を終え入院している友人を見舞う。手術〜社会復帰への日程が見えてきたという
しかし、相変わらずベッドに寝たきりの生活である彼。早く良くなることを祈らずにいられない
妻の実家近くの公園で友人たちが花見をしているようだ
お見舞いに来てくれた人もいるので、お礼を兼ねて差し入れ
ほとんど葉桜になっているも、花の季節に間に合って見ることができたのが嬉しい
妻の車で帰宅。色々と家の用事を片付ける。町内会に提出する書類をまとめ
明日組長とちょっと話せばこの仕事は終了
夕食をどうするか悩んだが、せっかく外出できたので近所の魚が旨い店へ
2週間以上ぶりに暖簾をくぐると、いつも通り店主が迎えてくれる
また別の友人たちもおり、妻を交えて歓談。楽しい時間を過ごすことができた
帰宅して身体を拭いベッドへ。快適であるはずの自宅であるが、装具の問題や
自宅の作りもあって、いろいろ不便。
装具が外れるまで入院が必要であることを実感する
右腕、右肩の置き場の調整に手間取り就寝。痛み止めを飲み忘れて寝てしまったため深夜に目覚めるも
薬が見つからず、痛みをこらえながら目をつぶる羽目になる

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事