It's not Unusual My Weekend

着々と来シーズンへの準備してます

スノーバイク

[ リスト | 詳細 ]

雪上自転車です
オレがハマり続けている遊び
記事検索
検索

今週末は

全国の(?)スノーモトオーナーが集まるスノーモト オーナーズミーティングです
毎回、スタッフとして参加させていただいておりますが、上級者コースを担当しております
別名”ハードMコース”とも言われておりますが…(笑)
上級者を名乗るならば、フツーにゲレンデを滑るだけではダメだろう…ということで
自分たちが通常滑っているスタイルで。もしくはちょっとチャレンジできるようなロケで
といったコンセプトで引率しております
今年はクロスに挑戦したいといったお客様がいらっしゃるようなので
その辺も交えた滑走をしようと考えております
御希望の滑走方法&トリックなんかがありましたら、ココで書いてくだされば御希望に沿うように致します。
参加される方、当日お会いできるのが楽しみです


以下、腹の中

自称上級者の心が折れるような滑りをやりますので、覚悟してきてください(笑

開く コメント(0)

一旦書き終えてからDATAが飛んでしまって
不貞寝し続けて、やっと書く気になったレポです

さて、もう2週間前となってしまいましたSBJ(SnowBikeJAM)
以前書いた記事と違って、今回のイベントは新しいことに気付いた

先ず特筆すべきは、スタッフが長い時間をかけて造成してくれたアイテム群であろう
イメージ 1
画像はSnowMotoFan:まこつ様よりお借りしました

2連テーブルトップにクオーターパイプ。さらにプッシュ&プルトレイルx2にバームまで
まさに上級者〜初心者まで楽しめるアイテムが栂池高原スキー場、チャンピオンゲレンデに出現した
造成してくれたスタッフの皆さんと多大なご協力をいただきました栂池観光開発様に感謝いたします

今回行われたSBJ、競技としてはスラロームとバニーホップ
この辺はスノーバイクイベントとしては定番中の定番
しかし、一番時間をかけた&濃かった内容としてはFreeStyleJAMだろう
上級者によって見事な演技が披露されたテーブルトップx2&クオーターパイプの見ごたえは言うに及ばず
トレイルの楽しさはスノーバイク未経験者にとっても、かなりの魅力だったようだ
今回はBGH繋がりで多くのMTBライダーが遊びに来てくれたようだが、彼らは初めて乗るスノーバイクの操作に多少戸惑いながらもトレイルランを楽しんでいた
全く普段乗っているMTBと同じようにね

中でもMTB DHエリートライダー井本はじめ君はかなり楽しんでいてくれたようだ
彼は2年前の焼額で行われたダウンヒルレースで一緒になったことがある
中川ヒロカちゃん丸山弘起さんとの関係もあって、多少はスノーバイクに興味を持ってくれて今回のイベントに参加してくれたのかな?
さらにBMXライダーであるjykkライダーのトシオはSnowBikeFREAKESに続いての参加
かなりスノーバイクにハマってくれたようだ
彼ら若い2人のライダーとその仲間たちがスノーバイクに興味を持ってくれたことで
今後のユーザーの若返りが進んでくれるといいなと思う

彼らが特に楽しんでいたトレイルランは、今までのイベントの中でありそうでなかった試みだったと思う
このアイテム群は初心者&中級者にも優しく、クロスのためのプッシュ&プルのよい練習場になっていた
最後のバームに至っては、上級者までもが楽しみ倒してくれたようだ
自転車と違って漕ぐ事ができないスノーバイクの加速要素は位置エネルギーのみであるが
このへんのバランスをうまく考えたコース設定のおかげで、自転車系のライダーも楽しむことができたのだろう
こういったイベント&アイテムを通して、異種目のライダーたちがスノーバイクの楽しさをもっと知ってくれれば
スノーバイク人口の増加を図れ、合わせてライダーたちの質のインフレーションを起こせるんじゃないだろうか?
また、彼らのライディングスタイルに触発された若い世代をこの世界に引き込むことができるのでは?

と、前回危惧したことがあった一方で、解決の糸口が見つかったような気がするイベントだった
さて、今後の課題はイベントを作ろうとする人たち(オレも含む)が新規参入してくる異種目の人たちに
スノーバイクの魅力を伝えることができるイベント内容を考えなくちゃいけないってことだ
まずはハンドル系の人たちが入りやすくなるイベントを考えないとね


PS.卓郎君、御結婚おめでとう

開く コメント(5)

そろそろ準備

今週日曜はSnowBikeJamですね
毎年、S.A.I.&JykkJapane&栂池高原スキー場の多大なご協力をいただき開催されております
スラローム、トレイルジャム、バニーホップといった競技が用意されております
現地では既にスタッフがアイテムの造成を行っています
今年も楽しいイベントにしたいと思っておりますので
スノーバイクライダーの皆さんは是非とも会場に遊びに来てください

私は今回もMCとして参加
多少は飛ぶ予定でありますが、なんか最近体の調子がすぐれない
飛ぶテンションを引き出せるかが問題です

それでは会場でお会いしましょう

開く コメント(0)

SnowBikeFreakesが終わって ケータイ投稿記事

ちょっと遅くなったが、SnowBikeFreakesについて、今後の課題についての考察


参加者みんなが楽しめたSnowBikeFreakes
クロスでは様々なドラマがあり
JAMでは海外ライダーのトリックに度肝を抜かれ、国内ライダーの成長に喜び
バニーホップではガマンが今年も優勝。健在っぷりを見せつけた
スケジュールもなんとかこなすことができたのも、白馬のローカルライダー達の頑張りによるものだ
参加して良かったと、客目線から思える(実際、客ですが)いいイベントだった



しかし、このイベントで新たな問題点が浮き彫りになったと感じた
ここであえてオレが感じた危機感について書かせてもらう

昨年に続いてさのさかで行われたこのイベント
年が変わっても参加しているライダーが固定されてないか?
ついでに言うと、年齢層がかなり高め
これは、新しいライダーが増えていないことを意味していないだろうか?
国内ライダーでフリースタイルに参加したライダーって、10年前から出ているライダーがいるって(オレも含めて)どうなんだろう?


誤解しないで欲しいが、昔から頑張っているライダーがどうこうと言うのではなく、それだけ選手の入れ替わりがないでは?ということ

当然のことながら、昔からいるライダーだけがこの競技をやっていたのでは、年齢層が上がっていく
ライダー達の世代交代がしっかり行われていないように見える

これらのことはこの遊びで、TOPライダーと言われていたオレ達(言われたのか?)が原因なのかもしれないと、イベントが終わってから思うようになったのだ
若い人達にこの遊びが面白いということ、カッコいいということをアピールできなかったことがこの事態を招いているのではないかと

昨今ではTVで取り上げられたり、滑走可能なゲレンデも未だ増えてきているといい
業界的には追い風的な状況にも関わらず、商材の動きは渋いようだ(根拠となるDATAはないが)
昨今の不景気で若者に金がないというのはもっともだが(オレもないし…)
なにをおいても、コレをやりたいと言うほどの魅力を伝えられなかったのは、我々の力不足以外にないだろう

これからの我々はもっと楽しさ、カッコよさ(コレはオレには無理かも?)を世間一般に伝えねばならないと深く反省すると共に、今季以降の目標にしようと思う


駄文にお付き合いくださいましてありがとうございました

開く コメント(3)

イベント開催?

東北地方在住のライダー達に朗報です

以下、親方のblogから

どうしたものか
福島県の裏磐梯にあるグランデコスノーリゾートでは2シーズン前からスノーモトのレンタルを行っています。
そのグランデコでは、毎シーズン3月4月にスキー、ボードのクロスレースをスキー場主催で開催しており、今回スキー場からの提案で新たに「スノーバイククラス」を作ってくれるとのことです。
レースは中級クラスのライダーが毎シーズン60−70人くらいエントリーされるそうです。コースはアカデココース内(初級)で過激なコース設定ではありません。
また、グランデコスノーリゾートは思った以上に雪質も良く、アクセスも東京から2時間30分〜3時間。新潟方面や東北方面からも大変便利です。
ですが、最大の問題はモトライダーの中に、エントリーする人がどれだけいるのかがまったく不明なこと。話を進めていざふたを開けるとスクートライダーだけだった。では、全く意味のないものになってしまいます。
こんなイベントですが、レースばかりでもユーザーも増えてはこないと思いますが、ライディングスキルをUPさせるには良い経験になるのかもしれませんね。

追伸
今後、グランデコで毎シーズンエントリーされる人が増えてくれば、きっと大きな大会に発展していくような気がします。その理由は、
1.スキー場が主催する大会。(スキー場は東急系のスキー場で経営が安定している。)
2.アクセスが良く、関東&北関東、信越、東北から便利。
 但し、中部、関西のライダーにはハンディがあります。
3.雪質が良く、毎年5月まで雪が残っている。(大会は3月4月に開催)
4.コースがあまり過激ではなく、エントリーする人の敷居が高くない。
5.スキー場をはじめ、近隣に宿泊施設がたくさんある。
6.そして、何と言ってもスノーバイクに対する理解がある。

以上転載

親方からこういった話があるとのことで、電話にて相談を受けたんですが
公表可となってからupしようと思っていたら、もう公表されている!(笑)
福島でしたら、あの最凶チームのFlamingoをはじめ
宮城、山形周辺のアツい方々、新潟からのアクセスも可能だろうし、秋田の方々だっていけちゃうかも?
スノーバイククラスが確立したら、そっち方面の皆さんは絶対参加しましょう
モトの人たちも参加してね…

あ、岩手の速いヤツを忘れていたぜ!

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事