好奇心、感動、そして 感謝!

短い人生、どうせならスイッチ・オンで生きたい〜

全体表示

[ リスト ]


4年前にこのブログで紹介したイタリアのヴォーカルグループがやっと来てくれました!
ブログで紹介した当時はまだ10代の少年でしたが、現在はすっかりオッさん・・いえ(^^;;
22歳・23歳のクールな青年に成長。

イメージ 1

4年後

イメージ 2


以下、画像はどれも海外のコンサートの模様ですが、日本公演もこの通りです。

日本公演のチケットは完売。日本で最初のイル・ヴォーロ・ファンを自負するわたしが
危うくチケットを買い損なうところでした(^^;;   ブログで紹介した当時、日本ではまったく
無名だったのに、いつの間にこんな人気者に?   

公演初日、満席のオーチャードホール。
「三大テノールに敬意を表する」というテーマのためか、ステージの造りが三大テノールの
コンサートと同じで、3人の立ち位置まで同じ。曲目もアリア(オペラの中で歌われるソロ曲)
からミュージカル曲までほぼ同じという、まるで三大テノールのコピー・コンサートです。


イメージ 3


舞台の下手(客席から見て左側) で譜面を前にして立つ3人。3人とも全曲暗譜しているはず
なので譜面はお飾りですが、これもクラシックコンサートの (やや時代遅れの) 定番です。
ステージ上を動きまわりながら、はつらつと歌う彼らを期待していたので、ここはちょっと
がっかりでした。



イメージ 4

ジャンルーカ (バリトン&テノール)   
甘く美しい声は神様からの贈り物・・稀有なビロードヴォイスの持主です。
日本では、フィギュアスケートの羽生結弦さんが昨年のエキシビジョンで使った「スワン」で
イル・ヴォーロを知った人が多いようです。サンサーンス「動物の謝肉祭〜白鳥」はチェロで
聴くことが多いですが、ロマンチックなこの曲にはジャンルーカの声がドンピシャ。
この日も大人気でした。



イメージ 5

イグナツィオ (テノール) …インナッツィオと発音するようです。
豊かな表現力と並外れた歌唱力でクラシックからロックまで歌いこなすオール・ラウンダー。
この日、前半は声に張りがなくて気になりましたが、後半は持ち直しました。



イメージ 8

ピエロ (テノール)   
質感のある声で軽々と歌い上げる安定感抜群のテノール。
癒し系バリトンのジャンルーカの歌い出しで観客を掴み、イグナツィオが持ち前の歌唱力で
自由に歌い上げ、ピエロが締めくくる・・グループのリーダー的存在です。


歌声は期待通りでした。   
歌い終わるごとに鳴り響く拍手と歓声、そしてスタンディングオベーション。
3人が入れ替わり立ち替わりでソロを歌うと、舞台下は花束を持った女性ファンの列。
たくさんの花束をもらいましたが、ピエロが一番多かったように見えました。
コントのようなトークも楽しく、ノリのいい同時通訳さんの助けもあって盛り上がりました。


イメージ 10
お笑いトークと歌声のギャップが凄すぎる (^^)


彼らの魅力は、クラシックとポップスの垣根がない、のびのびとしたパフォーマンスと
心底楽しそうに歌う姿でしょうか。ちょっと堅苦しいクラシックをカジュアルに楽しく
聴かせてくれる一方、ポップスやジャズはオペラ流の声と溢れる歌心で堪能させてくれます。
三人三様の声がそれぞれ魅力的でコーラスも圧巻。

彼らのパフォーマンスはすばらしかったのですが、三大テノールをはじめオペラ歌手や
クラシック系歌手がこぞって歌う曲ばかりでプログラム構成に新鮮味がありませんでした。
オペラ歌手の三大テノールは素晴らしいです。でも、オペラ歌手ではないイル・ヴォーロの
魅力は別もの。何から何まで三大テノールをコピーする必要はなかったのでは………。
イル・ヴォーロの持ち味を活かした元気な歌が少なかったのが残念です。

公演は休憩がなく、合間に2曲ほどオーケストラの演奏がはいるだけの2時間半ぶっ通しの
ステージでした。アリアはソロかデュオなので、交替する間ほんのちょっと喉を休める
時間がありますが、それでも疲れ一つ見せない3人はさすがでした。

女性客が圧倒的に多い・・と思いきや、男性客が多かったのが意外でした。
歓声の「ブラボー」の大半が男性で、女性は「キャア〜」。
クラシックのアーチストとアイドルが同居しているような不思議な光景でした(^^)
年齢層も幅広く、性別、年齢を超えて、会場の観客とイル・ヴォーロがひとつになって
祭りのように陽気に音楽を楽しむ・・そんな素敵なコンサートでした。

一番盛り上がった曲はやっぱり「オー・ソレ・ミオ」。
アンコールの「グランデ・アモーレ」もよかったです。
彼らの魅力が満載の「Il Mondo」を聴けなかったことが唯一の心残りです(^^)


イメージ 9



日本公演のセットリスト(曲目)

イメージ 6

イメージ 7




イル・ヴォーロの「オー・ソレ・ミオ」
https://m.youtube.com/watch?v=GRMsreMk4Dk


三大テノールの「オー・ソレ・ミオ」
https://m.youtube.com/watch?v=ERD4CbBDNI0


閉じる コメント(2)

今動画サイトで聴いてみました。
素敵ですね〜情熱的だし美しいし・・・
初来日、初公演だったのですね!
ドミンゴ、カレーラス、パヴァロッティを意識しますよね〜
でも、この彼らは現代的ですね。
ホント、曲目とか演出とか、もっと冒険していいのにと思います(^^)

2018/1/28(日) 午後 0:24 [ アトリエ J ]

> アトリエ Jさん
動画も見てくださったのですね。ありがとうございます。
仰る通りです。クラシックの伝統に捉われずに、彼らにしかない持ち味を活かして、
もっと冒険をさせてあげて欲しいと思いました。十代の頃の彼らの映像を見ると
クラシックやポップスを伸び伸びと楽しそうに歌っていてワクワクします。
今回は彼ら自身もちょっと窮屈そうでしたが、次回に期待します(^^)

2018/1/31(水) 午前 1:46 ORIHIME


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事