好奇心、感動、そして 感謝!

短い人生、どうせならスイッチ・オンで生きたい〜

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


♬ 毎年10月に開催される赤坂アークヒルズ音楽週間。
この一週間、アークヒルズ (サントリーホール、テレビ朝日スタジオ、レストラン、オフィスビルの複合施設) 
とその近隣でさまざまなコンサートが開催されます。
子どもも楽しめるように配慮されていますが、サントリーホールが企画しているだけあり、
演奏者のレベルが高く、バリエーションに富んだハイセンスな選曲で堪能させてくれます。



イメージ 1

サントリーホール前、カラヤン広場の特設ステージ。

女性二人のエネルギッシュなサックス・バトルがかっこいい Jazz ユニット。




イメージ 2

ハープとフルートのユニット。

電子ハープを初めて聴きました。南米の琴、アルパに似た美しい音色です。




イメージ 3

電子楽器メーカー、ローランド主催のコンサート。奏者はJazz ピアニストとサックス奏者。

目玉は、55種類の音色を内蔵した最新の電子楽器、エアロフォン。
サックス、トランペット、尺八、パンフルート、弦楽器、民族楽器など、電子音とは思えない
音色が心地よく、曲ごとに変わる音色に惹きつけられました。
コンサートの後、ローランドのブースで体験させてもらいましたが、軽量で持ちやすく、
指使いはリコーダーと同じで音も出しやすいので、一気に演奏家になった気分です(^^)
欲しいなぁ・・税込で8万円チョット。う〜ン(^^;;




イメージ 4

イメージ 5

サントリーホールのルーフガーデン・コンサート。
ホールの屋上が本格的な庭園で驚きました。花畑もありますが普段は公開されていません。
青空に緑とそよ風がぴったりの爽やかで粋な男女混合サックス・カルテット。




イメージ 6

アークヒルズのお隣、霊南坂教会のチャペルコンサート。

パイプオルガンはやっぱり教会で聴くのが一番です。曲はバッハのカノンとフーガでした。
オルガンが奏でるバッハの荘厳な調べには心地よい威圧感 (^^) があります。




イメージ 16

こちらもアークヒルズのお隣、泉ガーデン・グランドタワー。今年から音楽週間に参加です。
南米の楽器「アルパ」はスペイン語でハープを意味し、華やかでありながら哀愁がある独特の
美しい音色が大好きな楽器です。奏者は本場ウルグアイへの留学経験がある小野華那子さん。
南米の名曲のほかディズニーやビートルズのメドレーなど選曲と編曲が絶妙で癒されました。




イメージ 7

イメージ 8

カラヤン広場にはコンサートで使われた様々な 楽器のブースがあり実際に体験できます。
サックス、フルート、ギター、ウクレレ、ドラムス、ハンドベル、ハープ、エレキピアノに
触れ、将来音楽家を目指す子どもがいるかもしれません。もちろん大人も体験できます。



今年9月末にオープンしたばかりの複合施設、赤坂インターシティー AIR 。
アークヒルズに隣接する高層ビルで、さっそく音楽週間に参加。

イメージ 15

地下1階名店街入口の広場。遊歩道からエスカレーターで降りることができます。
クラシックのサックス奏者がカルテットを組み、ジャズやポップスに挑戦。
ピアノの超高速弾きで有名な「熊ん蜂の飛行」は圧巻でした。
演奏者の背後は階段ではなくせせらぎの石段です。演奏中は水を止めていました。


この機会に、赤坂インターシティー AIR をご紹介します。


イメージ 9
イメージ 10






















イメージ 11


イメージ 12

幅広い遊歩道と遊歩道と繋がっているガーデンが魅力。
昼間はオフィス街の人々の憩いの場、夜と週末はデートスポットになります。
右手にアメリカ大使館があるため、車道にバリケードが張られ車の走行が制限されています。
車が通る度に開けたり閉めたりで、お巡りさんは大変。



イメージ 13

ガーデンを見下ろす静かなテラス。左手、格子模様の白っぽいビルはアメリカ大使館。
大使館の撮影は禁止されていて、門前でカメラを向けるとお巡りさんがすっ飛んできますが、
ここからなら大丈夫です(^^)    ちなみに、首相官邸はどこから撮ってもOKです。



イメージ 14

2階の広いロビー。右手の通路の先にコーヒースタンドがあり、テラスに繋がります。

1階はレストランエリア、3階にはプライムリブのローリーズとカフェがあります。


一週間の期間中、クラシック、ジャズ、ポップス、邦楽など、近隣エリアを含め、
40近いコンサートがあります。それなりに賑わっていますが混雑感はありません。
いかめしい警備員の姿はなく、満席になると、スーツ姿の男性たちが何処からか椅子を
運んできて、ゆっくり座って楽しめるように配慮してくれます。
演奏は質が高く本格的ですが、演奏時間が30分から40分と短く、子どもたちのために
アニソンなども組み込まれているので家族で楽しめます。
楽器体験もオススメです(^^)

どれも無料では申し訳ない素敵なコンサートで、嬉しい発見がいくつもありました。
サントリーホール・アカデミー卒業生による弦楽四重奏の見事な演奏。別の弦楽四重奏の
リーダー、坂井慎さんが淡々とさりげなく弾くバイオリンの繊細な音色に感動の涙がこぼれ、
ソプラノ、牧羽裕子さんの圧倒される声量と豊かな表現力にもビックリでした。
二人ともまだ音大の学生さんだそうですが将来が楽しみです (^^)

良質なコンサートを気軽に楽しんで音楽に触れてほしい・・という主催者の気持ちが伝わって
くる一週間でした。若い音楽家たちにとっても、聴くわたしたちにとっても、素敵な出会いの
機会になった感動の一週間に感謝です。



PHOTO:  ORIHIME 



全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事