ここから本文です
イメージ 1
ずいぶん久しぶりの更新になりました。
気が付けば5月もなかば。。。

サツキマスの釣果情報も多く、例年を上回る勢いだそうです。


私はといえば、やっと時間ができたので今更ですが、シーズン初釣行。
((+_+))

今シーズンは志向を変えて、下流域から中央管轄だけでのエントリーです。

自分ルールとしまして、千疋橋周辺の『魚止め』よりも上流で釣るのが一つ。
(このポイントは釣堀みたいで悲しくなります。)

熱狂的アングラーは魚止めを見て発狂してました。。。
(/ロ゜)/ 「こんなもん作りやがってバカヤロー!!!」




今年の目標はズバリ!、ハンドメイドルアーによるサツキ捕獲。
冬の間、ビックダディのように量産してしまったルアー達…ようやくお披露目です。
(*^_^*)




気になっていたポイントに到着すると先行者もいなくシメシメ。
なんだか釣れそうな予感です。

まずは流芯からボチボチ攻めていきます。
バルサがしっかり水を掴んでくれていい感じ。

『出来栄えは及第点をあげても良いかも』なんて考えていると、まさかの夢物語…!


強い流れの中、リールからものすごい勢いで糸が出ていって…

…キラリ…

…\(◎o◎)/ !!!!!!



慎重にランディングし、捕獲した魚は38僉
眩しいシルバーと朱点が鮮やかな一本でした。

よくぞ魚止めを乗り越え、ココまで登ってきてくれました。
感謝です。

久しぶりの綺麗な魚と成し遂げた達成感でお腹いっぱい。
奇跡の1投目から目標を達成してしまった。

…今日はいい日だ。
(‐▽‐)♪

もうひと流しで37僂鯆媛辰掘△気蕕縫咼奪リ。
本当に今年は沢山遡上してるみたいですね。

満足できたひと時を過ごせました。

ルアーの改良にも力がこもりそう。
サツキ釣りに新たな楽しみが増え、今年も頑張ろうと意気込んでいます。

この記事に

イメージ 1
前回のお話の続きです。。。
アオリイカはそこそこ釣りあげたので、いよいよ本命のキジハタを狙うべく、タックルを変えて、殺人テトラへいざ出陣!!
まだ、時間は午前4時を少し回った頃。
まだまだ辺りは真っ暗です。

手前のテトラからエントリーしてボチボチ攻めていきます。
すぐにバイトがありました。
小気味良く遊んでくれたのは可愛いキジハタ。
うーん…(+o+)とりあえずリリース(泣)
その後もテトラをランガンしていくのですが、殺人テトラの危険な代償とは割りが合わないサイズばかりでした(泣)
しかし、しかし。
恐ろしいほどの入れ食い。。。

よし!(^_^)ノ とばかりに、4インチから5インチのパワーシャットにチェンジ。


もう、なんでも来い↓↓↓

http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877935733&vcptn=shpg%2Fp%2FqIE2SicIMaB0SJlNzXGZ

狙うは煮魚サイズ。
これを数匹欲しいところです。

…そんな気持ちが通じたのでしようか?
サイズUP↑↑↑捕獲に成功
v(=^0^=)v
このサイズになると、立派なパワーを秘めています。

薄明るくなり始めた頃、先ほどとは違い、ひったくるようなバイト。
鍋は大きいほうが良いのか?などと不謹慎なことを考えながら、グググッと力強く引き込まれていく竿先と格闘…!
猛烈な引きを堪能してあがってきたのは、良型のマハタ。。。
よしよしよーし!!! 気持ち良いゾ!!!
\(*^▽^*)/

超忘れ物↓↓↓
http://item.shopping.c.yimg.jp/i/g/tsuribitokan_ima-10057247

アムズデザイン アイマ (ima) スピンガルフ 30 [005:ピンクイワシ] / シーバス用スピンテールジグhttp://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877935733&vcptn=shpg%2Fp%2FqIE2SicIMaB0SJlNzXGZ

その後………

沖のシモリをめがけてフルキャストしていると!!ボトムに着底したであろう瞬間、猛烈なというか、暴力的なバイト!!
Σ( ̄ロ ̄lll) 

居心地の良かったであろう優良マンションに戻られる前に、強制退去していただきたく強引に巻き上げ開始。
魚にとっては喰うか喰われるかの戦いで必死。
やっぱり、魚の反撃は凄まじいモノがありました。

ギリギリ (;`ー´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄~ >°))))彡

毎度のことながら『ヤラレル』なんて本気で思わされるほどのパワーに、食べたいぞぉ〜 ((o(>◇<)o)) の一心で、応戦。
食いしん坊な私に軍配があがりました(*´∀`*)

リスクを犯し捕獲した獲物は、攻め落としたという達成感と危険から開放された安堵感でいっぱいでした。。。

帰り際、安全な港内を歩きながら何気にキャスト。
良型を捕獲し晩のオカズもそこそこということで、もちろん緊張感はZERO。
ノーガード状態。
こんな時に釣れちゃったりするのがお約束。
w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

安全地帯で釣れてしまったキジハタは、なんとその日最大!(・"・;)
どうして、安全地帯なのでしようかOrz


魚影の濃かったポイントでも、近年のロックゲームの流行りということで、釣れにくくなってしまったのだとか…。
もちろん、大きな魚から釣られてしまうのが根魚の嵯峨。9月半ばにもなれば、このサイズのモノはさらに…正直ビックリでした
堯( ̄0 ̄;ノ

久しぶりの良型のご対面に嬉しくて仕方ありませんでした(*´∀`*)




今回のメインタックルはこちら↓↓↓
参考までに…

TACKLE DATA【アオリイカ】
rod :ASSAUT 74Sight/ZENAQ
reel:EXIST 2508/Daiwa
line:ZEKS 0.6/ZENAQ
lure:DART MAX 3.0( 魔女クロス D106P)/ECO GEAR
   EGIXILE 3.0(01T・09T)/SHIMANO

TACKLE DATA【ロック】
rod :OCEA FREEMAN S87MS/SHIMANO
reel:STELLA SW4000 PG/SHIMANO
line:ZEKS 1.2/ZENAQ
lure:PAWER SHAD5(010・101)/ECO GEAR
   


この記事に

イメージ 1
9月14日、久しぶりに日本海は福井陵南方面へお邪魔してきました。。。
お目当てはロック+アオリイカでの釣行。
ということで、今回は2本立てだったりします。


【丑の刻】
久しぶりの海!というか、釣りで大人げなく心がワクワクしておりました。。。
幾つになってもたまりませんな〜!!と思いながら高速を乗ったその直後。

…あれ(・・)っ !?

今、通り過ぎた電光掲示板に『通行止め』って書いてあった気がする…?
うかれて運転していた私は、しっかり交通案内を見過しましたOrz

慌てて次の電光掲示板にて情報を確認すると、ふむふむ……大垣〜関ヶ原まで通行止めの模様。

たかが一区間。

されど一区間。



Σ(゜ロ゜ノ)ノ ヒィィィィ!



ガードレール越しに光る野生動物たちの恐ろしさと言ったら…。
頼むから車に突っ込んでこないで!!と祈りながらひたすらに走りました。



すったもんだと予定していた到着時刻は大幅に過ぎて脱帽(-_-;)
嫌な予感はまだまだ続くか(-_-;)?



さてさて、
【デンジャーテトラ】
近年の秋イカブームもあり、丑の刻でもあちらこちらでLEDのライトが光っておりました。やっぱり人が多いようです。
小型のイカをできるだけ避けたいので、潮通しの速そうなポイントを探したんですが…。そうなるとどうしても巨大テトラ帯になってしまう。
この巨大?危険テトラなんですが、降りたところを戻らないと無事に帰還できなくなるというおまけ付き。
夜中ということでデンジャラスティックもいつも以上にレベル↑↑↑(涙)
よっこらしょと、汗をかきながらテトラを無事に降りて束の間。
なにやらただならぬ違和感が…ポーチのチャックがまさかの全開!社会の窓も全開!
デンジャラス、絶 好 調 …!??(´;д;`)
案の定、エギBOXが海の藻屑に…。

幸いなことに(?)先日購入した3本だけが生き残っていました
(´Д`)


助けてくれた生存者↓↓↓
http://item.shopping.c.yimg.jp/i/g/point-i_4969363709691

シマノ(SHIMANO) セフィア エギザイル EG−330G 3.0号 12T(エビブラウン/赤)http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877935733&vcptn=shpg%2Fp%2FqIE2SicIMaB0SJlNzXGZ

【ヘビーローテーション】
気を取り直して………。
まん丸のお月様を眺めながら沖に向かってフルキャスト。
やっぱり釣りはいいよねなんて先程の悪夢も忘れ、浸りながらテンションフォールしていると『モヤッ』とお触りされている感じ…。

触られてる。。。

((((>◇<)))) ギャー!!チカーン???
ラインスラッグをとってスィープにあおりをいれると、もっそりとエギを抱きかかえてくれてました。。。
その後も、少数精鋭であろうエギを屈指し、カラーローテーションしながら、(というかヘビーローテーション)何杯か捕獲しました。
潮の流れがきいたポイントをチョイスしたせいもあり、サイズもそこそこあったかなぁ〜と思います( ^ω^)


その後も、足場の悪いテトラを行来しながら、先端へ向かいます。
お腹を満たしてくれる『刺身』がきっといるはず、と邪な気持ちでサイズアップを狙いにいきました。

魔女クロス…イカさんイチコロ↓↓↓ 
http://item.shopping.c.yimg.jp/i/g/backlash_y-4905789093273

EGILEE/エギリー ダートマックス魔女クロス 3.0号http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877935733&vcptn=shpg%2Fp%2FqIE2SicIMaB0SJlNzXGZ

先端付近は、思いのほか流れアリ。
水抜けのよさそうなエギにチェンジし、『ビシッ・バシッ・バシッ』とシャクリをいれば先ほどとは違う重量感(#^.^#)
胴20cmほどの綺麗なアオリイカ。
このサイズを数杯捕獲に成功。
自分ルール10杯を捕獲したので終了です。
当面のおかずはOK!

というか、実は今回の本命ターゲットは煮魚(´▽`)
………『キジハタ』………狙います!!



次回予告
久しぶりに暴力的なアイツと一騎討ち。
『ロックでナイトの巻』乞ご期待!!

この記事に

イメージ 1
今年の夏は超多忙。
気が付けば9月(-Q-)??
今シーズンもいよいよ終盤戦に入ってしまいましたね。
私はといえば、7月の半ばからほとんど川に入れていない状態で、悶々とした気持ちで毎日を過ごしておりますOrz


皆さんもこんな経験をしたことがありませんかねぇ?と、聞きたくなってしまったお話です。

久しぶりの釣行ということで、急ぎ足で川に向かいました。
釣り場にはまだ人もおらず、夢うららで釣り支度をしていると、この川の名人が現れました。

2人でドチャラを一緒に狙おうということで、いざ入川。
群れてクルーズしている魚が今回のターゲット。
踝ほどの水深なので2人の間隔は必然的に広めに設定…そして、超サイレントモード。

開始早々からポンポン釣れ大漁。
花丸釣行。

早めに名人と昼食をとり、午後も楽しみ。
この時点で名人との差は2本だけ。
このままいけば逆転も狙えると思いながら、淡い期待を胸に第2ラウンド開始。

午後からも快調に掛かる。
しかし、名人の竿は何故か曲がらない。
この調子ならば、と私はニンマリを浮かべておりました^m^

すると、この好釣果を橋の上から見ていたのでしようか。
大きな声で話しかけてくるギャラリーを発見。
『あそこに沢山いる』とか、ね。
大変、うるさいのですよ ヽ(#`Д´)ノ
こちらの感想としては、静かにしてほしい。
気付かないふりをしていても………さらに騒がしさUP↑↑

名人といえば、相変わらずな様子で沈黙…。
気にせずに釣り続けておりました。

暫らくすると、そのオヤジが釣りの準備をし始めました。

(´・д・`)マァ!

まさかとは思いましたが、ズカズカと私の真横に入り込んできました。
バシャバシャ川に入ったりと、どう見ても釣りが荒い!!
( ;ノ´Д`)ノ ヒィ!

『このオヤジ只者ではない』
『ギャング』に違いない。
さっきまでのオアシスはアッという間に終焉。。。
釣り場はボロボロ(怒)
私たちの冷ややかな視線を感じたのか、バツが悪そうに退散していきました。
が、後の祭り。集中力が切れたせいで私もボロボロに。(泣)

その後、名人は1人で暴走モードに突入。もう止められない!!
やっぱり勝負はボロ負け。

Orz

帰りの際、名人からのつぶやき。
『橋の上から話しかけてくるひとは、無神経な人が多いね』
『見られていたら、針は付けてはダメだよ』という名人の一言が身に染みました。
針を付けないで泳がせてるだけがBESTな対処なんだとか。
うむむ、納得。
その後も名人のつぶやきは永遠と続きました(T_T)/~~~

隣の芝生は青く見えるんですね。

よくよく考えてみれば、調子に乗って釣ってしまい、ギャングのようなオヤジを寄り付けさせてしまいました…。とほほ。
ホント、楽しくやりたいものです<`ヘ´>


PS
結局、名人によって私も上手く泳がされてしまった…?ということなのでしようか??
これがホントの泳がせ釣り… ( ̄ー ̄)ニヤリッ ←名人(笑)



次回予告
いよいよ終盤戦!走って、転んで、すったもんだの巻!

この記事に

ウナギと私

イメージ 1
このシーズンになると鮎釣りの息抜きがてらに川遊びをやったりします。

川遊びにも色々ありますが、やっぱり食いしん坊の私はどうしても食材調達に気持ちがいってしまうような。。。

食料調達 (-_-)ウーム
川遊びの内容、それは、ウナギの穴釣りです。
適当な穴を見つけたら、仕掛けを竿ごと穴に突っ込みます。
するとどうでしょう!?
ウナギが居れば『ドスン』と一撃。
時間をかけて喰わせたら、引っ張り合いで大運動会のはじまりです。



先日もおとり屋さんとウナギ捕獲大作戦を遂行してきました。
この時期になるとよく誘われ、2人で子供のように穴を探しています。。。

このおとり屋さん、面倒見がよく鮎釣りは勿論、色々な川の遊びを教えていただいています。
しかも、かなりの凄腕でウナギの神様のような。
勿論、いつも坊主なし。
手首ほどの黄色いウナギを何もなかったように洗濯ネットに捕獲してました(驚)

連続して2匹目…(汗)
そして、止めの3匹目…(涙)

居心地の良い穴蔵には数匹のウナギが住んでるんだとか!!
まさか!!
最近流行のルームシェアですか!?


私はといえば ( ´△`)アァ-

………
……


『ドスン』と電撃バイトがあり、しっかり喰わせたあと引っ張ってみると、何やら手ごたえが鈍い。
仕掛けを回収してみれば、藻屑カニのハサミがしっかりと挟んでいたのでした。。。
とほほ。



土用の丑の日も近いので、天然ウナギが恋しくてたまりませんな〜。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事