今週の米株市場、ダウは1万1000ドル台も視野に

 [ニューヨーク 28日 ロイター] 29日からの週の米国株式市場は、3月の米雇用統計で雇用者数がプラスに転じ、堅調な景気回復を裏付ける内容になるとの観測が高まる中、ダウ工業株30種が1万1000ドル台をつける可能性がある。 ダウとS&P総合500種はほぼ1年半ぶりの高値水準にあり、四半期末を控えたポジション調整で一段と上昇する可能性がある。 ただ、米10年債の利回りが4%近辺に上昇する中、過去1年にわたり大幅に上昇してきた株式より、比較的安全な米国債の買いが進む可能性もある。 エコノミストは2日に発表される3月の米雇用統計について、非農業部門雇用者数の約19万人増を予想している。ただ、2日がグッドフライデーの祝日に当たることから、投資家が雇用増への期待感を材料に統計発表前に買いを入れるかどうかは不透明。強気筋には、31日のADP全米雇用報すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


ブログリンク

更新

.


みんなの更新記事