プーケット しまかぜ案内人がお届けするダイビングブログ♪

プーケットのダイビング シミランのダイブクルーズ ピピ島ダイビングの情報満載ブログ♪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12

イメージ 12

バンコク滞在は2日間で、後半またバンコク取材ということ、13日朝アユタヤへ移動。
バンコクからは車で約1時間15分ぐらい。

前日バンコクで道に迷わないようにマップを買っているので、スムーズに高速に乗ることが出来た。
まずは遺跡前のバーン・パインへ。

ここはバンコク発の1日観光オプショナルツアーでも組み込まれているので、ツアー参加者でも立ち寄る
ことが出来る。

今回でアユタヤへは3回目になるが、以前はただパチパチ撮って、帰って来てだけ^^ 
このバーン・パインだって今回で2回目。
確か敷地内を周るのにカートを借りてぐるぐる周ったな〜って懐かしくなったりも^^

敷地内にはいくつもの離宮がある。
ラーマ5世が建てたもので、タイ風、西洋風、中国風など、広い庭園の中にさまざまな建物が点在している。
ちょっと天気が悪かったが、二人でのんびりと歩き、美しい夏の宮殿の雰囲気を感じられた。

バーン・パイン離宮のフォトアルバム↓
http://phuket.typepad.jp/photos/tripayutthaya1/

そして次に日本人町跡へ。
とても小さな敷地内。他にHISのツアー参加者が4,5名いたかな〜
1610年から30年の最盛期にはたくさんの日本人が住んでいたらしい。
館内ではビデオ上映で、色々の説明を聞く事も出来た〜
次回また行きたいか?っと聞かれたら迷わず、「一度行っているので大丈夫です!」っと答えるだろ〜な。

日本人町跡のフォトアルバム↓
http://phuket.typepad.jp/photos/tripayutthaya2/

いよいよこれからが遺跡巡りへ。その前にホテルにチャックイン。
荷物をまとめて、makotoとアユタヤ駅で集合。
あ、そうそうmioはどこへ。今日からスコータイ遺跡巡りへ。
まずは一番有名なワット・マハータートへ。
ビルマ軍による破壊の跡が何ともいえないぐらい痛久しい〜
顔が太い幹に埋もれている仏像に頭部もとても神秘的だった!
ここで食ったラーメンは20B、美味かった〜

ワット・マハータートのフォトアルバム↓
http://phuket.typepad.jp/photos/tripayutthaya4/

次はどこへ行く?
地球の歩き方を読んでいると周るところが多く、どこが良いのか?
大仏寺でも見に行こうっと、ウィハーン・プラ・モンコン・ボピットへ。
太陽光線が痛く、ギラギラ照り付ける日差しが強くなって来ると、歩いているのもちょっと大変。
真っ青な空の下だと写真を撮るのは美しく、まるで絵葉書のような写真も撮れる事がある。
今回ちょっと20mmを購入して良かったな〜っと思ったりも。

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピットのフォトアルバム↓
http://phuket.typepad.jp/photos/tripayutthaya3/

ワット・プラ・シー・サメットへ行くと、これぞ!遺跡っと思うほど美しく感動。
Asuka、makotoと「これは凄い〜」っとつぶやいてしまう。
どうやら3人の王が眠る王室の守護寺院、バンコクのワット・プラケオに相当するらしく、
観光客も姿も多かった〜 どのアングルで撮れば綺麗かな〜??っとなんちゃってカメラマンらしく、
パチパチ撮っているのが面白く、あっという間に時間が過ぎる。

ワット・プラ・シー・サメットのフォトアルバム↓
http://phuket.typepad.jp/photos/tripayutthaya7/

ワット・チャイワッタナーラームへ到着。地球のある方には最後にちょっと掲載されているだけ。
敷地内に入って見ると、時間がちょっと止まった感じがした。

それほど美しい、今までの人生で時間が止まったのは2回。
初めてピピ島でジンベイザメを見て、太陽光線が消えた瞬間!
そしてメーホーホンへ行き、首長族に会った時かな〜 
そして今回の美しさは言葉では伝えられないぐらいの感動だったな〜 写真も一番綺麗じゃないかな〜^^
ワット・チャイワッタナーラームのフォトアルバム↓
http://phuket.typepad.jp/photos/tripayutthaya5/

真っ青な空の下大きな仏が横たわる寝仏。
本当にデカイ〜 tuktukをチャーターしないとちょっと大変かな〜?
場所的にはウィハーン・プラ・モンコン・ボピットの裏あたり!
気持ち良さそうに寝ている仏像が印象的だった〜

ワット・ロカヤスタのフォトアルバム↓
http://phuket.typepad.jp/photos/tripayutthaya6/

そして最後にワット・ヤイ・チャイ・モンコン(チャオプラヤータイ寺院)
1日朝から周っていると結構歩きつかれたりもする。
慣れない遺跡巡りなんてしているからかな〜っと思ったりも。
プーケット島へ観光で来た日本人はびっしりとツアー予約を入れる。
朝から離島ツアーや象のり、スパ、ファンタシーショーなどなど。
そう考えるともうちょっと頑張れるのかな?っと思ったりもするが、これで十分でしょ〜っと3人で納得。

ホテルへ戻り、ライトアップを見に行く事に。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン(チャオプラヤータイ寺院)のフォトアルバム↓
http://phuket.typepad.jp/photos/tripayutthaya8/

ホテルへ戻り、夜19時半にmakotoを迎えに行く。
どこが一番綺麗なのかな〜??っと走ると所々にライトアップされている遺跡が見える。
車を止めて撮って見るがこれがまた難しい〜 
写真で伝える事は大変だな〜っと思いながら場所で変えてパチパチ3人で、撮ってみたがこれが限界かな〜

アユタヤライトアップのフォトアルバム↓
http://phuket.typepad.jp/photos/tripayutthaya9/

続く〜

タイ・プーケット旅行&観光ツアーのご予約は↓
http://www.bai-mai-tour.com/

プーケット&体験ダイビング、シミランクルーズのお問い合わせは↓
http://www.divefreecsphuket.com/

スパ&エステ総合予約センターは↓
http://www.phuketrelaxspa.com/

プーケット格安リゾートホテルのご予約は↓
http://www.phuketrelaxhotel.c

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事