全体表示

[ リスト ]

前板ユニット交換

イメージ 1

イメージ 2

フォーカシングスクリーン上でのピントと実際のピントがずれていた
EOS-1Ds2の修理が上がってきました。
厳密なテストを行った訳ではありませんが、ピントずれは大丈夫のようです。

ピントずれの原因は、カメラを三脚に設置して撮影中、
台風並みの強風で三脚ごとアスファルトに転倒し、
測距点選択ポタン上部のマグネシウム部にひびが入ったのですが
このときの衝撃が原因だと思われます。

当初は上カバーの交換くらいで、あとは調整すれば大丈夫だと思っていたのですが、
前板ユニットといういわゆるミラーボックスが歪んで調整不能のために
前板ユニットまで交換することになり、総額76000円になってしまいました。

ちなみに部品代は上カバーが9550円、前板ユニットが27405円で、
前板ユニット交換となったために技術料も34000円と当初予定の倍ほどになりました。
写真は修理の際に取り外した部品を返却してもらったものです。

このEOS-1Ds2は2年ほど前にもシャッターユニットが破損したために修理したことがあり、
そのときは3万円ほどかかっています。

災難続きのEOS-1Ds2です。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

同じように前板ユニット交換したのですが、内容がよく解らず
この画像でスッキリしました。有難うございました。

2010/11/3(水) 午後 8:15 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事