DRANG NACH OSTEN

asasinのアンプラグド・ウォーゲーム出戻り東部戦線不始末記

全体表示

[ リスト ]

ミドルアース東京支部

イメージ 1

さる日曜日の22日、ちょっと忙しくしてて間が開いていましたが、ミドルの例会に行ってきました。
色々とやりたい物は山ほどあったのですが、結局SAMさんからの「激マン」のお誘いに乗る事に。
あれこれと取っ替え引っ替えルール読んだりしていたので、そんな時って結構久しぶりな気がしてしまうもんですね。混ざってしまってちょっと危なかった・・・

賑やかしに「PANZERKRIEG」を持って行ったので、会場に着いて先ずはそれを皆さんにお披露目。
やっぱり将軍ユニット見て、キャラゲーじゃないの何だのと、ひとしきりわいわい盛り上がる。
 こんな時、共通の趣味の人間同士なので初対面でも気軽に話題に乗っていけるのが良いですね。
 ペット連れて散歩してると、動物ネタで見ず知らずでもちょっと話しやすくなる感じに近い?
 人見知りの私が意外にもすんなりと入って行けたのはそんな事なのかも知れません。
皆さんに一瞬でも面白がって貰えたので作戦成功!持って行った甲斐がありました。
なんでもタクテクスの日本語訳だけではちょっとプレイが難しいと教えて頂きました。
Cosi版にはプレイヤーズガイドの様な(?)厚紙のカードが入っていて、そこにびっしり細かい字で色々書いてあります。それがエラッタか何かみたいで、どうやら訳さないとダメらしい・・・
え〜!って思ったら、ありました。忘れてました。
以前紹介したサイト「Road to Kharkov」にエラッタの日本語訳が!ほんと助かる!
うれしいじゃないですか、こう言う奇特な方がいるなんて。

で、「激マン」をプレイ!今度もまた赤軍担当。
20戦以上の経験者が相手とあって序盤からビビリまくってました(汗)
とは言っても初めはやる事決まっているので、イタリア吹っ飛ばして予定通りに進軍・・・の筈がイタリア、ハンガリーが予想を覆す粘りを見せてちょっと計算が狂ってしまう。
で案の定、あれこれとアドバイスを受けながらの対戦となっていきました。
「あれ?どうもスパイがいるみたいだなぁ」
なんて言いながら自軍が不利になるにも拘わらず、より効果的な手を教えてくれちゃったりと、経験豊富な方との対戦は、楽しいしほんと勉強になります。
こういった事はまさにサークルならではの醍醐味!と言えるかも。
時間切れになってしまい、6ターン途中くらい(だったかな?)で終えました。
負けるかどうかはわからないけど、とても勝てそうにはありませんでした・・・
何というか、ドイツの装甲ユニットがスタック組んでいる訳ではないんだけど、その気になれば直ぐにでも裏拳かますぜ!って雰囲気プンプンさせながら、これまた微妙な位置取りするんですよ・・・
いやはやプレッシャー凄かったな。
とは言ってもこのゲーム、やはりと言うかどうやらドイツ軍の方が厳しい様です。
少ない対戦ながら私も全く同感・・・

周りでは、PGGをソロプレイ研究していたり、スモレン、マケガデがやたらとプレイされていました。
これは暫く熱い戦いが繰り広げられるかも知れませんね。バランスもかなり良さそうだし!
今回も結局最後までプレイしていたのは私・・・またまた皆さんを待たせてしまいました。
もう少し間合いというかその辺の空気を見ないといけないなと改めて反省・・・

最後はやっぱりファミレスで皆でわいわい話ながら食事、コレがまた楽しいんだ!
ほんともうやめられません。
もしちょっとでもサークルに行ってみようかなと思ったら、是非行ってみましょう!
良い事ずくめ間違いなしです。

夜型の私にとっては、朝早いのだけがアレなんですがね・・・

付記:首都圏に住んでいて、サークルってちょっと敷居が高いななんて感じる人は、まず中野歴史研究会に行く事をお勧めします!
プレイされるゲームの種類がとても幅広いので、好みのゲームで対戦相手が見つかる可能性がとても高いです。
手ぶらでフラッと覗きに行っても、相当な数のゲームが常に用意されているので、その気になればその場で直ぐにでも始められます。
もっと言えば、基本が初心者対象のサークルなので、知らないゲームでも面白そうと思えば、その場で教えて貰いながらのプレイも出来ます。
さあ、これであなたも行きたくなって来たはず!(笑)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事