DRANG NACH OSTEN

asasinのアンプラグド・ウォーゲーム出戻り東部戦線不始末記

全体表示

[ リスト ]

えらくゴツいタイトルですが、現在手掛けているゲームのコンポーネントの事でした。
整理の意味も兼ねて、ひとまずこれまでで概ね出来上がった物をアップしてみます。
(と言っても詳細はサンセットゲームズのサイトにアップされるでしょうから、あくまでドラフト版って程度ですが)
時期もテーマも思い切りかぶっているので、先頃Decision GamesのWW2ゲーム専門の雑誌World at Warの第2号として発売されたThe Solomons Campaignと比べてみるのも一興かと・・・

先ずはマップ全景です。ロゴの脇にあるコンパスがまだ推敲中です。
ディスプレイ類もテストしてからまた手が入るかも知れません。
イメージ 1


次はカウンターシートの表側。
イメージ 2

そしてそれの裏側。
イメージ 3

ラバウル航空隊に配備された零戦32型ですが、新たに翔鶴か瑞鶴辺りにも追加される可能性があります。

で、これは航空作戦ディスプレイ。艦載機や基地機の行動を時系列で管理する物です。
空母戦はやはりタイミングが大事!
(*先日の打ち合わせで、多少手直しする場所が見つかりまして、その案で修正したらもう少し見易くなる筈です・・・)
イメージ 4

この他に現在は、サンセットゲームズから再版予定の「Island War」の作業も進めています。
ガダルカナル、サイパン、レイテ、沖縄での日米の激戦を共通のルールで、それぞれハーフマップと100個程度のユニットで再現した
4つで1パックのいわゆるクワドリゲームです。
そちらはカウンターが半分くらいと、マップに手を付けた所。
SPIの元々のコンポーネントが洗煉されているので、使い勝手を良くする以外にはそれ程することは無いかも?(と言っても実質ゲーム4つと数が多いので、それなりに手間は掛かりそう)
それから確認の為と称してBloody Ridgeのソロプレイも楽しみつつ、ぼちぼちやってたりします(それしかプレイ出来る状態じゃ無いからなんですが・・・出来た順番に4つとも試していく予定)。
その内、経過報告を兼ねてゲームの紹介も出来たらなぁと思ってますので、気長に待ってて下さい・・・

そう言えばコマンドマガジンでも次回の付録で「Blue & Gray」が再版されるし、日本は今、SPIの古典クワドリゲームが熱い!(のかな?)
システムがシンプルで手頃なマップサイズの古いゲームと言えば、最近ハマったDrive on Metzが思い出されますが、それに限らずウォーゲームの本質的な楽しさを再認識すると言う点で、改めて古典に触れるのは非常に有意義かなと。
・・・ぶっちゃけ記憶力のキャパがアレな私でも、ルールの運用に振り回される心配が無い分、作戦に集中出来るのはとってもありがたいのですよ(笑)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事