DRANG NACH OSTEN

asasinのアンプラグド・ウォーゲーム出戻り東部戦線不始末記

全体表示

[ リスト ]

コマンド編集部の攻勢にすっかりやられて、きっちり購入(笑)
イメージ 1
「Confrict of Heroes :Awakening the Bear! -Russia 1941-1942」です。
謳い文句はとってもプレイアブルな戦術級!
さらにBGGでも発売以降何週にも渡ってNo1を継続中の注目作とくれば、戦術級初心者のasasinでも気になるってもんです。
おまけにこの手の物には珍しくいきなり独ソ戦、しかも虎だの豹だの出てくる前の前半戦!(T34ショック以降のドイツ戦車はらしくない気がしてあまり好みでないので)これは燃えます!

普段はほとんど作戦級オンリーな私。これまでに経験した戦術級と言えば大昔のパンツァーブリッツにスコードリーダー(当然のごとくパウルス君でした)、HJの戦車戦をちょろっと舐めた程度。最近でもせいぜいWTBくらいしかプレイしてません・・・
今度こそ!の決意も固く、結構な大枚をはたいて購入に踏み切った次第。

やけにでかくて重い箱を開け、抄訳のルールを確認。構成は3段階に別れたルールをシナリオをプレイしながら順に進めていくものです。慣れてない身には、ステップアップ式のルールは助かりますね(抄訳といってもどこを省いたのか分かんないくらいにちゃんとしてました)。
って事で、基本的な動きを学ぶ為のシナリオ1をひとまずソロプレイ。
因みにこのゲーム、戦術級には珍しくソロプレイ対応のルールも用意されててますます好感度アップ(隠匿配置のあるシナリオをどうするのかちょっと悩みますが・・・)。
イメージ 2

イメージ 3

・・・で思ったのは、ユニットデカすぎ!
しっかりしていてキレイなのは良いんだけど、近接戦闘は同一ヘクスなので敵味方でスタックしないと入りませんがな。
同じように思った人が多かったからかどうかは分かりませんが、BGGには1/2インチサイズのユニットデータがアップされてます(笑)

肝心のシステムに関しては、いちねんせいさんのブログのまんま。ほんと軽いです!これなら私でも続けられそうな予感。うーん嬉しい!損害がチット引きってのも私的にはツボでした。
リソースが抽象的なポイントで一括されていて、それを如何に効率よく使うのかが鍵・・・ってもしかしてTtTシステムに近いかも?チット使うし。

それにしても、昔から戦術級プレイするとなぜか殆どの部隊が壊滅していって、まるでプロレスの「ラストマン・スタンディング」みたいになってしまうのが謎です。こんな指揮官に当たった兵隊は気の毒かも・・・
もう少し歩兵戦術勉強して、続編?の「Steel Rain russia 1943-1945」が出る頃までにはナントカせねば!



全然関係ないけどtakobaさんのところでコメントした「叩き筆」はコレ。
イメージ 4

左のオレンジの軸のやつです。大昔にウィーンの筆屋で大量購入したものでした。
うーん、売るほどあるなぁ・・・(笑)

閉じる コメント(5)

顔アイコン

ういいんの筆屋とな!
さ、流石です・・・

2008/10/5(日) 午前 0:33 [ tak**a39*14 ]

顔アイコン

この筆で「ジャガーバックス」風パッケージアートを描くんですね!

2008/10/5(日) 午前 2:52 [ ryu*o19*001*2 ]

顔アイコン

CoHネタじゃなくて筆の方にツッコミですか(笑)

takobaさん
その筆屋、残念ながら潰れちゃって・・・
最近は画材がどんどん種類減っていくので揃えるのも一苦労です(涙)

龍虎さん
だから退路を断たないでってば!難しいんですから。

2008/10/6(月) 午前 1:12 dno**sas*n

顔アイコン

あああ、ウィーンの筆屋さんの話は聞きました。

職場の近くに「えどや」という有名な(化粧用から何でも。ほとんどの高級ブランドの筆はここのもの)筆屋さんがあります。

たまには、覗いてみるかな・・・・。

って、記事と何の関係も無い話になってすいません。
画材も大変そうですね。

2008/10/24(金) 午後 0:57 [ mark ]

顔アイコン

それは気になるなぁ。今度その場所教えて下され!

2008/10/24(金) 午後 4:57 dno**sas*n


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事