DRANG NACH OSTEN

asasinのアンプラグド・ウォーゲーム出戻り東部戦線不始末記

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

シルエット出来たて。

・・・と言う訳で、分からない人には何の事か全く分からないネタです。

さて、どれがどれだか分かった人は、ぜひ帝海を買いましょう!?(・・・って言ってもまだ出てませんが)
イメージ 1


使うかどうかも分からない物をシコシコ作ってしまった・・・

開く コメント(6)

前日の酔いも醒めやらないまま、久々の自宅ゲーム会。
出戻る以前からの戦友であるmarkさんを迎え、再会の世間話もそこそこに「Drive on Metz」と「ドイツ装甲軍団・マーケットガーデン作戦」をそれぞれ立場を入れ替えて2連戦、たっぷりと堪能しました。

実はスモレンスクばかりやってイマイチ敬遠していたマーケットガーデン作戦。
なんとなく、クセがあって上手くそれを使いこなさないとゲームにならない上級者向け、なんて思い込んでいたんですが、前日お会いしたtakobaさんの話によれば、何をすれば良いか目的がハッキリしていてスモレンスクよりも取っつき易いと聞くに及んでプレイ意欲がいや増していたのでした。

一日できちんと終えられる物からって選択だと、やはりこの「ドイツ装甲軍団」シリーズは上位にきますね。
イメージ 1

ドイツ軍を受け持つと、どこをどう守っていても空挺部隊に包囲されるかも・・・なんて恐怖心に晒され、一方連合軍をやってみれば、降下させる場所がよく分からなかったり、どこに降りても壊滅しそうに思えたり・・・と何をやっても、自分の行動が正しいのかどうかの判断に困ってしまって、常に不安感に苛まれながらプレイする事になります(それがこのゲームの一番面白い所なのかも知れません)。いや、上手い人はそんな事無いんでしょうけど・・・
連合軍にやや厳しそうなこのゲーム、ランダムに決まる空挺降下のタイミングと、それに伴うターンオーバー(それまでのドイツ軍先攻/連合軍後攻が連合軍先攻に変わるので実質連合軍はダブルムーブとなる)で、実にダイナミックに戦線が動く事になる訳ですが、如何に上手くそのタイミングに合わせて進撃出来るかが連合軍勝利の鍵になります。
一方ドイツ軍は、一発で突破されない様に注意深く装甲部隊を配置し、粘る所は粘り、引く時はさっと引きながら戦線を作らないと、部隊が足りなくなったりあっさりと突破されたりと大変な事に・・・

一戦目はドイツ軍担当。
序盤に運良くイギリス軍の機甲師団を2個も壊滅させる事が出来たので、アントワープの開港に手間取ってしまった連合軍。
結局これが最後まで響いてなんとか逃げ切りに成功。と言っても装甲師団が空挺師団に退路を遮断されて軒並み壊滅、ポイント的にはギリギリでした。あと1個飛んでたら負け。空挺降下が最後の5ターンだったのも時間稼ぎには都合が良かったかも・・・

で続けざまに二戦目。
空挺降下は第3ターン。早すぎず遅すぎずなので悪くは無さそう・・・?
序盤はひたすらアメリカに補給ポイントを割り振り、地形の厳しい南部を避けて北上、中央の平地に機甲師団を集めて中央突破を狙います。
イギリス軍は、集めるだけ集めて全力で1へクスずつ慎重にスヘルデ河口の掃討に務めます。
アルデンヌ地帯、マップ南端の地形では機甲突破の効果が薄いので、(DR4でも最大2へクス止まり)連合軍側が中央にシフトしたのを見たドイツ軍は、南部は最低限の歩兵師団だけで守り、中央の平地に装甲師団を集中していきます。しかしそこに思わぬ隙が!

第3ターン、よく見ると南部のアルデンヌ地帯が一線防御になっていました。しかもジークフリートラインには未だドイツ軍ユニットは存在していない・・・これはまさかの幽霊戦線・・・?
何度も目で移動力を確認してから、空挺降下によるライン川突破のロマンを追う決意を固めます。
機甲師団だと荒れ地に2移動力が必要なので、たとえ戦略移動でもライン川には届かないのですが、歩兵師団であれば移動コストは1で済みます。ギリギリでケルンから2へクス南の東岸まで届く計算です。直前の対戦で自分がやられた様に、中央の装甲師団を包囲殲滅って選択肢もありましたが、ここはやっぱりライン渡河!行けるなら行きたいと思うのが人情ってもんです。
ただ、戦略移動では要塞へクスと都市へクスには侵入出来ないってルールを見落としていたので(!)、通常移動の歩兵師団で踏んでから、最後に戦略移動で渡河となってしまいました。そんなこんなで部隊が足りなくなってしまい、ライン東岸橋頭堡は危険な程突出した形に・・・
空挺部隊と歩兵師団のスタックでなんとか持ち堪えてくれとの思いも空しく、増援で出て来た第1SS装甲師団LAHと歩兵師団に包囲され、1:2攻撃でなんと出目が6、壊滅してしまいます・・・恐ろしい事にその後markさんは4連続で6を出し続けます。
アメリカ軍はライン川渡河どころか攻撃もままならなくなり、もはや防戦一方に。
それでもジークフリートラインを一気に越せた事が幸いして、なんとか都市占領ポイントでVPを満たす事が出来ました。
イメージ 2

手前の橋ふたつは、川越えの移動力+1を削る為だけに降下させられた空挺師団のなれの果て(笑)
奥でドイツ装甲師団に囲まれているのが今回の殊勲、最後のドイツ軍必死の反撃を堪えメンヘングラートバッハを死守したアメリカ機甲師団。ここでEXじゃなくてDRが出てたら負けでした。
それまで攻撃で6を出し続けていたmarkさん、最後の最後に1を出しての負け、さぞ悔しかったでしょう・・・

2戦とも最後までどうなるか分からない、手に汗握る白熱した戦いに大満足した一日となりました。
・・・と言う訳でマーケットガーデン作戦、メチャメチャ面白かったです。

食わず嫌いはダメですね。

7/19付記

思い切り空挺降下のルール間違えてました・・・
降下ポイントを指定して、全ての部隊はそこから2へクス以内に降下しないとダメなんですね。
と言う訳で、今回のプレーは反則でした・・・がっくし。

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事