ここから本文です
Gallery Project-PACINO
歴史、映画、自作の再現動画などを中心に綴る、手記風の趣味ブログ。

書庫全体表示

 
年末で漸く暇が出来たので、かねてからやろうと思っていたMIDIの打ち込みをやった。
DTMである。
知らない人の為に簡単に言えば、パソコンで音楽ソフトを使って、音楽のデータを作ることである。
かつては有名な音楽作成ソフト「Singer Song Writer」(バージョンは忘れた)を使ってB'zやらTM NETWORKやら、楽譜を集めて色々打ち込みをやったものだ。
音楽の好みがクラシックに変わってからは交響曲第25番第1楽章、レクイエムニ短調ラクリモーサ、キリエやらも作った。
当時はWinMEを使用していたが、寿命が来てXPのノートに買い換えたところ、持っていたSinger Song WriterがXPに対応していなかったために使えなくなり、DTMはそれっきりになってしまった。
ちなみに現在のメインPCはWin7である。
 
 
比較的最近ネットサーフィンしていたところ、フリーのDTMソフト「世界樹」を発見。
五線譜に音符をペーストしながら作成でき、その他の様々な機能的な部分でSinger Song Writerに近い感覚で操作できるということで、これをチョイス。
昔のなれた環境に近い感覚でやれそうだったので、やる気になったわけである。
年末になって時間が出来たので、思い切って5,6年ぶりのDTMをやることにした。
 
 
題材はポールモーリアの「渚のプレリュード(Prelude59)」。
私のモーリア・ベストナンバーである。
小学生の頃、父親がよく「恋はみずいろ」をはじめポール・モーリアのレコード、カセット、CDをかけていたため、ポール・モーリアは自然と頭に入って
しまったものだ。
余談ながら、私のモーリアベスト5をあげるならば、こんな感じか。
 
 
 1. 渚のプレリュード(Prelude59)
 2. フィーリング(Dis lui Feeling)
 3. エーゲ海の真珠(Penelope)
 4. 涙のトッカータ(Toccata)
 5. 夜明けのカーニバル(Brasilia Carnaval)
 
イメージ 1
81年・東京公演で「渚のプレリュード」を演奏中のポール・モーリア
 
 
今回の打ち込みにあたって、楽譜探しで一番苦労した。
「渚のプレリュード」が掲載されている楽譜がなかなか見つからないのである。
楽譜の通販サイトはおろか、休日の外出ついでに音楽ショップに足を運んでみるものの、ポール・モーリアの楽譜自体が希薄。
どこの店でも無くはないが、載っているのは大抵「恋はみずいろ」や「オリーブの首飾り」。
やむを得ず、ヤフオクで気長に出品されるのを待つ作戦に出ることに。
その甲斐あって、今年の夏頃にようやく入手することが出来た。

 
もっともピアノ譜なので、打ち込むとなれば当然、ほぼいわゆる「耳コピ」である。
ピアノ譜ではせいぜいメロディーラインと左手の和音、コードしか分からない。
筆者は「渚のプレリュード」のMP3をWAVEファイルに変換して、それをWAVE編集ソフトで編集して、エフェクトである時は低音域を強調したり、またある時は高音域を強調させて聞き込んだ。
こうすれば、低音域が強調されればドラムやベース、ギターが、高音域ならピアノやストリングスなどが強調されるので、普通にMP3やCDを聞くよりは聞き取りやすいわけである。
まぁ、ベースの場合は、ピアノ譜ならコードも載っているわけだから大体イメージは出来るし、奥の手としてピアノの左手和音部の一番低い音を流用して、ベースの音域に当てはめて、それらしくアレンジするというやり方も出来るが(笑)。
ベースやギターの場合、カッティングのパターンさえ分かれば、何とかなるのである。
 
 
いずれにせよ、完全再現など筆者のレベルでは到底不可能なので、できる限りのところまで再現することにした
ひとまず、ピアノの主旋律パート、サブパート、ベース、ドラム、和音のピアノ、シンセなどのパートが完成。
ギターなど到底たやすく聞き取れるものではない。
カラオケで言うところのAメロに相当する部分までそれらしい形が出来たので、試作品をMIDIからWAVEに変換し、動画化してYoutubeにアップした。
手順は以下のとおり。
 
 1. MIDIをMidRadioで再生する。
 2. サウンドレコーダーを同時起動して録音し、WAVEファイル化して保存。
 3. Windowsムービーメーカーで先ほどのWAVEファイルと、適当な画像を使って動画を作る。
 4. 完成した動画をYoutubeにアップロード。

ヤフーブログではMIDIのアップロードが出来ないので、このような手間のかかる方法になってしまう。
暇な方は、下のYoutubeプレイヤーで一度試聴してみて下さい。
故ポール・モーリアに捧ぐほどの出来では到底ありませんが。
 
 
 
 
◇◆◇
最後までご覧いただき、有難うございます。
ご意見・感想はコメント欄よりお気軽にどうぞ。筆者の励みになります。
ただいま下の3つのブログポータルサイトのランキングに参加中。
もし、このブログが少しでもいいと思われた方は、1つでも良いので、クリックをお願いします。

  • 顔アイコン

    nice

    [ yvf2o23a9z22z56 ]

    2012/12/31(月) 午前 3:39

    返信する
  • 顔アイコン

    Danke schoen!
    またお気軽に覗いて下さい。

    [ Pacino Approach ]

    2013/1/1(火) 午前 2:21

    返信する
  • 顔アイコン

    この曲知ってます。お上手ですね

    [ ヤドヴィガ先生 ]

    2013/1/5(土) 午後 2:52

    返信する
  • 顔アイコン

    ヤドヴィガ先生様
    お褒めの言葉、有難うございます。素人にしてはよく出来た方ではと思っていますが(笑)
    渚のプレリュードは比較的マイナーですが、隠れた名曲だと思っています。
    またお気軽にご訪問ください。

    [ Pacino Approach ]

    2013/1/6(日) 午後 10:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事