ここから本文です
Gallery Project-PACINO
歴史、映画、自作の再現動画などを中心に綴る、手記風の趣味ブログ。

書庫全体表示

 
今日は旧暦6月24日。
日本史では、室町時代の1441年に嘉吉の乱が発生した。
中世日本の重要なターニングポイントといえる重要事件だ。
 
 

【概要】

室町幕府6代将軍・足利義教が守護大名・赤松満祐に暗殺された事件である。
この事件の結果、一時的に中央集権を復興しかけていた将軍権力が失墜し、討伐された播磨赤松氏に代わって、乱の収束で功績を立てた山名氏の勢力が伸張することとなった。
 
 
イメージ 1
中央集権復興を目指した6代将軍・足利義教
 
 
【背景】

籤引きによる将軍職就任以来、義教は、兄の4代将軍義持・その子の5代義勝の2代で低下した将軍権力の復興と、守護大名の抑制を政策方針としていた。
守護大名は言うまでもなく、寺社、公家、天皇家から庶民まで、あらゆる階層に容赦なく厳しい態度で臨んだ。
守護大名の家督相続争いへの介入、比叡山延暦寺との対立・抗争、そして鎌倉公方・足利持氏討伐の永享の乱、それに続く結城氏朝討伐の結城合
戦など。
万人恐怖」(伏見宮貞成親王『看聞日記』)で知られるこの方針は、確かに中央集権を復興しかけていたが、その過度の独裁的な政策・言動は、守護大名を中心に社会不安を広めた。

この一連の経過の中、幕府の宿老格となっていた播磨・美作・備前守護の赤松満祐は、次第に義教に疎まれるようになっており、一時期、所領の播磨・美作を没収されるという噂も流れた。
1440年の大和永享の乱で、かねてから義教の不興を買っていた指揮官の一色義貫と土岐持頼が粛清されると、「次は赤松満祐だ」との噂がささやかれるようになる。
 
 
 
【事件】
1441年(嘉吉元年)6月24日(旧暦)、結城合戦の戦勝祝いとして、満祐は西洞院二条の自邸に義教を招いた。
「池の鴨に雛がたくさん生まれたので、一度ご覧下さい」との招待文だったという。
管領細川持之をはじめ、畠山持永、山名持豊(宗全)、一色教親、細川持常、大内持世、京極高数、山名熙貴、細川持春、赤松貞村といった諸大名、さらに正親町三条実雅などの公家も同行した。

 
宴がたけなわとなって酒が回り、音阿弥による猿楽能「鵜羽」が上演されていた時を見計らって満祐・教康父子は行動した。
まず、厩の馬を全て解き放って暴走させる。そして、馬を邸外に逃がさないようにするという名目で、四方の門を閉ざす。
それらの騒々しい物音が鳴り響き、義教は「何事か!」と怒鳴るが、傍らの正親町三条実雅は「雷でしょう」と呑気に応える。
そこへ甲冑を着けた赤松の郎党達が宴席に乱入してくる。
赤松家一の武芸者といわれた安積行秀が義教の首を刎ねた。
実雅は赤松氏から将軍に献上された金覆輪の太刀を掴んで抵抗を試みるが、斬られてしまう。

 
宴席はたちまち修羅場となり、参加者たちは狼狽のあまり、逃げ惑うばかりであった。
細川持之、山名持豊などは難を逃れたが、細川持春は片腕を斬り落とされる。京極高数と大内持世はこの時の重傷で、数日後死去している。
邸内に待機していた将軍の警護兵と、赤松の郎党との斬り合いが始まり、塀を乗り越えて我先に逃げ出そうとする大名・公家達が右往左往して大混乱となった。
間もなく、満祐の家臣が「この度の行動は将軍一人が目的であり、その他の者に危害を加える意思はない」との告知を出したことで、ひとまず事態は収束した。
貞成親王は、『看聞日記』で
自業自得ノ果テ、無力ノ事カ。将軍此ノ如キ犬死ニハ古来ソノ例ヲ聞カザル事ナリ
と評している。
 
 
イメージ 2
現在の西洞院二条付近
 
 
【その後】

諸大名たちは、赤松が単独でこれだけの大胆な行動を起こせるはずがないと考え、共謀者の存在を恐れて対応が遅れた。
また、将軍が落命する中、管領でありながら何もできずに逃げ出した細川持之は物笑いの種となり、果ては赤松との共謀まで疑われる有様であった。
一方の赤松満祐は、事件後、すぐさま討伐隊が来る事を予想し、自邸で潔く自決する覚悟であった。しかし、意に反して一向にその気配がない為、一転して自国に退去し、抗戦することを決意する。自邸に火を放って、義教の首を槍先に掲げ、隊列を組んで堂々と京を退去していったという。
 
 
翌月、ようやく山名持豊、細川持常、赤松貞村を中心とした赤松満祐討伐軍が起こされ、2ヶ月弱に渡って播磨での戦闘が続く。
旧暦9月10日、最後の拠点・城山城に幕府軍が総攻撃を行い、赤松満祐は切腹して果てる。
長子の教康は、家名存続の為に脱出して逃亡するが、9月28日、伊勢で進退窮まって自害。
嘉吉の乱は収束した。
 

◇◆◇
ご意見・感想はコメント欄よりお気軽にどうぞ。
ただいま下の3つのブログポータルサイトのランキングに参加中。
当ブログへの人気ランキング投票になりますのでクリックをお願いします。
ブログ検索サイトが開きますので、記事探しに活用ください。
 
 

  • 顔アイコン

    織田信長に似てますね、イメージとか死に方とか^ ^;

    [ ヤドヴィガ先生 ]

    2013/7/13(土) 午前 11:21

  • 顔アイコン

    おっしゃるとおり。
    抵抗勢力に断固とした対応を取った改革者というのがまず一致してます。
    イメージはむしろ、義教の方がヒステリックで冷酷だったらしいです。
    信長は結構気配りができる人間で、それを示す書状なんかも残ってるそうだし。

    [ Pacino Approach ]

    2013/7/14(日) 午前 7:53

  • 顔アイコン

    嘉吉の乱 戦後 赤松氏のその後

    脱出した教康は義父の大河内顕雅を頼るが拒まれて自害し、満祐が擁立した義尊も討たれている。満祐の弟の義雅は一族である満政の陣に出頭して切腹し、息子千代丸(後の赤松時勝)の育成を託した。
    またもう一人の弟である則繁は九州に逃亡し、一時は朝鮮に渡るなど活躍したが文安5年(1448年)に河内で討たれている。
    享徳3年(1454年)に満祐の甥の赤松則尚が赤松氏再興を掲げて播磨に侵入したが、敗れて持豊に討ち取られた。
    分家の有馬氏出身の有馬持家・元家父子は8代将軍足利義政の側近として活動していたが、それぞれ満政、則尚の反乱に連座して隠居に追い込まれた。

    嘉吉3年(1443年)9月、後南朝勢力が御所に乱入し、三種の神器のうちの神璽が奪われる事件が発生した(禁闕の変)。
    赤松氏の遺臣は後南朝勢力に潜入し、長禄元年(1457年)12月に神璽を奪還して後南朝の後裔を殺害した(長禄の変)。
    この功により時勝の子赤松政則は赤松氏の再興を認められ、加賀半国守護に任ぜられた。応仁の乱では旧領の三国をめぐって山名氏と争い、三国守護の座を奪還した。

    [ 歴史の真実を世紀ごと学ぶ ]

    2018/9/2(日) 午前 11:01

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事