ラジコンヘリと戯れる記録 別館

ラジコンヘリと戯れる記録 別館です。本館はこちら→http://p.tl/Q1rj

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

Wire Rope Isolator

Wire Rope Isolator作ってみました

先日来、仕事の合間を見ながら進めていた作業がWire Rope Isolatorです。ナンジャラホイ?ってな感じですが、端的に言えばショックアブソーバーです。日本国内にはほとんど情報がないようなので海外のフォーラムなんかを参考にしながら製作しました。

材料はPVCキャップ2つとワイヤロープだけ。PVCキャップを短くして穴を開け、上下2つに重ね合わせたところにワイヤロープをかけていくだけの作業です。ワイヤロープ自体に程よい弾性があり、簡易なスプリングが完成します。あとはGoProマウントを貼り付けて完成。Phantom本体とはベルクロでくっつけます。

イメージ 1イメージ 2
材料は基本的にこの2つ。今回は30mmと40mmのパイプキャップを用意しました。
イメージ 7イメージ 8
切って穴を開けて塗る、だけです(笑)
イメージ 9イメージ 10
組立後。こんな感じです。
難点としてはかさ高くなるので、標準スキッドでは離陸できないということ。着陸はハンドキャッチでオッケーですが、Phantomを離陸させるにはどうしても両手でプロポを操作しないといけないのでとりあえずゴミ箱を使って簡易ランチャーにしました。一気に上げれば大丈夫(^^)/ 
そ〜っと上げてしまうとゴミ箱に引っかかってしまう可能性があります(^^;;
イメージ 11イメージ 12
ぶら下げるとかさ高くなり、標準スキッドでは少々無理が…。離陸はゴミ箱からです(^^;;

実際に何度かフライトさせてみてとった動画がこちら。いわゆるコンニャク現象は皆無となり、細かな振動は除去できているようです。ただ、バネっぽい感じが残ります。このへんはワイヤロープの長さを短くしてタイトにすれば解決するのではと思っています。あまり短くしたらダメでしょうけど…。

長さ調整できるように一端だけはイモネジで止めるようにしました。ワイヤロープ用のやつは高いので、SDXのスタビバーストッパーを転用(笑)タダでした(^^)/

イメージ 3イメージ 4
テスト風景。風速は3-4m/secくらいでした。

職場でテストフライト。

イメージ 5
一応、こんなのもやってみましたが、重量面も含め直付けはちょっと厳しかったです。

イメージ 6
今日のお天気。風速4m/sec程度。

今日のフライト風景。

小型機なのでどうしても風の影響を受けますが、それさえ何とかなれば楽しめそうです。たつやさんのオイルダンパーもなかなかおもしろそうなので、検討してみようかなと思ってます。変にサーボによるパンチル機能をつけてガタガタにするよりはシンプルなジンバルでも十分楽しめそうなので、あとは機体の調整と腕かなぁ…。

この記事に

開く コメント(8)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事