ここから本文です
ジオシティーからこっちへ引っ越しになりました。
Stafford Martin D-28Eタイプ SF-S1

ちょっと遅めの、自分へのクリスマスプレゼント&お年玉です。
イメージ 1
イメージ 2


この記事に

Radar Dimax Classic

イメージ 5

車は冬眠中なのに、タイヤが揃った。

dododo号こと空冷VW用にタイヤをGet。
Radar Dimax Classic と言う初めて聞くメーカーのタイヤ。フロント用に155R15、リア用に185VR15。(現在はフロントにNankangの145R15、リアにPirelliの185/70R15)

比べてみると前後で大夫大きさが違っていて、ちょっぴりホッドロッド風になるのかも。
現在のタイヤは914タイプホイールにセットしたままにしておいて、このRadar Dimax Classicは、8スポークホイールにセットして、気分によって履き替えるのもいいね。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

雰囲気はこんな感じかな?


この記事に

久々にギターメンテナンスの話。
今回やっつけたのは、手に入れてかれこれ40年ほどになるEpiphone Japan Casino🎸
東京在住時、お茶の水「谷口楽器」で購入したもの。
当時のEpiphoneは日本で製造され初めて10年弱。当初はJapanオリジナルモデルが多かったけど、この頃になるとUSA-Gibson製の頃のラインナップに戻りつつあった。
そんななかでCasinoは残念ながらメイプルネックで製造されていたのだけど、この谷口Casinoはオリジナル同様マホガニーネック。自称Beatlesファンとしてはどうしても外せなかったギター。
バイトで貯めたお金を握りしめて店に飛び込んだのを今でも鮮明に覚えてる。
Casinoは大好きなギターなので、この他にElitistと韓国製持っているけど、ギターとしての作りは文句なしに谷口Casinoが最高。Elitistと比較しても、フレット等のネックの処理が丁寧なのがわかる。
ただし、この頃の日本製には難点も・・・
ボディーとネックの接合角度が浅いのだ。お陰で弦高を低めにセットすれば、リアPUに接触しそうになって弾きづらいのだね。それからボディーシェイプが若干寸胴でボッテリしている。其の影響でコントロールノブ等の配置も若干違っている。
あれこれ書いたけど、40年も経っているから立派なVintage、お陰様で状態も極めて良好なり。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


この記事に

2018 Last Touring

旧知の仲間と一緒に、今シーズンのラストランを楽しんできました。
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事