よく遊び よく食べて ニコニコする。

占いは当たった。姓名判断・手相・星占い

全体表示

[ リスト ]

煩悩と天才の自覚!

イメージ 1

写真 : クララ・シューマン ドイツ100マルクの肖像 schumann.jp

診断書を持っているわけではありません。


「ロベルト・シューマンは若い頃に罹患した梅毒による脳障害が致命傷となった」と40数年前に読んだことを記憶しています。
この本のモティーフはクララとヨハネスのロマンスについての物語だったのですが、梅毒説に医学的な裏付けはありません。

ヨハネス・ブラームスは情熱を秘め、自省する人でした。
恩義に対して、生涯にわたって、厚く返礼する人でした。
自身の音楽的天才を確信する人でした。


ヨハネスの生まれ育った土地は港町ハンブルグです。
クララはライプツィッヒで生まれ、整備された現在の道路にして、二人の隔たりは326㌖あります。
ヨハネスは二十歳の時、メーレムに住むダイヒマン夫妻を訪ね(音楽之友社 大音楽家の人と作品 25頁)、クララとロベルト・シューマンの作品を熱心に研究しました。
シューマン夫妻と出逢い、惹かれあって、生涯の交流が生まれました。

映画「クララ・シューマン 愛の協奏曲」はシューマン夫妻がハンブルグの酒場に、20歳のヨハネスを訪ねるところから始まり、ピアノ協奏曲1番が出来上がった25歳までの物語です。

映画の宣伝文に「 ヘルマ・サンダース=ブラームス監督は正統なブラームス家の末裔に当たり、これまでタブーとされていたクララとヨハネスとの関係にも肉親ならではの恐れを知らぬ大胆さで深く切り込み、本国 ドイツで大きな反響を巻き起こしました。」と書かれていました。

ドイツ人はこの映画にどのような感想を持ったのでしょうか?

ロベルトは「私は知っているんだぞ!」とクララに嫉妬の刃をむけます。
はたして、若いヨハネスは情熱に駈られてクララと煩悩の営みをしたのでしょうか?


ロベルトの妻と交わって、 ”脳梅毒で作曲家の天命を断たれるという恐れ” が若きヨハネスの煩悩の火を消し去ったのだと想像しています。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

どどへいさんの、ブラームスと、クララの、情熱の結末は、ブラームスの、脳梅毒への、恐れだったとは!
私も、この映画見ましたが、まったく、そういう、発想は、うかびませんでした。この愛の結末は、ブラームスとクララだけが、知っていることで、ミステリアスなところが、後世に、語り継がれる由縁と、おもっています。

2009/8/27(木) 午後 11:44 [ kak*jit**07 ] 返信する

顔アイコン

情報は自分のこれまでの来し方の甕の中で醸造されて、確かな酒となります。男/女間にSexlessが成り立つどどへい酒造の焼酎ケースには
・女を慈母として、男は孝養を尽くす立場を喜びとする。
(思いこみオイディプス・コンプレックス)
・男女の交わりそのものが悪徳であるという戒律によって行動を律している。(古くはゼノンを信じた修行僧)
・身体的な機能欠陥を抱えた場合
(深草少将の小野小町症候群)
・女が体を与えないことを武器に、ジラシ戦術を弄する。
(東京島の男女アンバランス共同生活)
・不老長寿を願う人間の本性と酷い火傷や不治の病に罹患する危惧の相克 (ヨハネスは充分に自制的な男性であったと思います。)
テーマが公開には適していませんが、明らめること、そして自らを燈明として生きるものして、避けて通ることが出来ません。 つる坊 合掌

2009/8/29(土) 午前 11:41 [ どどへい ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事