ここから本文です

すいませんがこの自動車を動かしてください、と言われたとき、 ハイ分かりました!と言って、汗だくになってクルマを後ろから押し出したら、 ああ、この人バカなんだ・・・と思われるでしょう。 当然ながら、クルマだったら乗り込んでハンドルを握って運転するのが当たり前なわけです。 しかしながら、人は自分の身体を操るとなると、なぜか運転せずに自動車を力づくで押すような真似をしがちなのです。 例えば体軸を保つ場合、背筋を伸ばすことを意識すると、一見軸が通っているかのように見えますが、無理に力で伸ばしているので動きが固まってしまい、本来あるべきしなやかさが失われ運動の機能が損なわれてしまうわけです。 これを正しく機能させるには色々やり方があるのですが、 一つは丹田を意識させるやり方があります。 すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 先日、月イチでの甲野陽紀先生の講座を受けてきました。 先生は立つ、歩く、物を持つといった人間の身体の使い方の、基本の基本を教えてくださいます。 で、今回教わってきたのは「電車の乗り方」でした。うわーい♪\(^o^)/ もちろん、これは切符の購入の仕方とかの話ではなく、 また他にも色々教わったのですが身体とはこんなことですご ...すべて表示すべて表示

  • 尻もち(尾骨の強打)の対処法

    2017/3/17(金) 午後 2:38

    先日、尾骨を強打してから腰が痛いという方に当院で行っている対処法をお伝えする機会がありました。 ヘタクソですが、イラストを描いたのでここに上げておきます。 あくまで基本的な対処のやり方です。 実際の施療は身体の様子によってケースバイケース、対処も変わってくるので、 これを試してかえって痛みや不快感が出るようなら、すぐに止めてくだ ...すべて表示すべて表示

  • 「ついていく」と「くっつく」

    2017/2/23(木) 午後 8:06

    先日、甲野陽紀先生の講座を受講してきました。 いろいろ教わった中で面白かったのが、「ついていく」と「くっつく」の違い。 2人ペアになって、片方が手のひらを上に向け、 もう片方が上からかぶせるように手のひらをかぶせます。 そうしておいて、下の手の方が「ついてきてね。」と言ってから手をサッと動かすと、離れないよう頑張って ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事