ここから本文です

書庫全体表示

 長時間パソコンを使ってると首、肩、腰がつらくなりませんか?
 
原因のひとつはお尻が前の方へすべりこんでしまうような悪い座り方です。そのため骨盤が寝てしまい、本来S字の湾曲を描く背骨が猫背になってしまい、そのまま固まって負担をかけているのです。
当院でもこうなった姿勢の方が多くいらっしゃいます。
イメージ 1
 
これを防止する、パソコン作業を楽にする座り方です。
○ 丸めたタオルを用意します。
これをイスに座ったとき坐骨(左右のお尻の下で触れる骨)の下を持ち上げるようにセットします。
 
そしてべたっとお尻に体重をかけるのではなくて、大腿骨(ふとももの骨)に体重をかけるように意識して座ってみましょう!
骨盤が立つ感じがわかりますか?背骨がスッと上がる感覚を探してみてください。
 
タオルの高さは「体重がストンと下に落ちて安定するような」感じがする高さがベストです。
イメージ 3
その上で
○ 足裏が床に平行につく高さにイスを調整する。足がぶらぶらするなら、足台を入れましょう。
 
     肩が上がらないよう脇をしめる。肘の角度が90度になる高さに机を調整する。あれば肘かけなども活用しましょう。
 
     目線が少し下になるくらいの高さになるようモニター位置を調整する。
 
○ 股の開く角度は大腿骨と膝のお皿がまっすぐになる角度に。上から見て大体6090度くらいになると思います。
イメージ 2
そして、30分に一度はイスから立ちあがり、体をふったりして姿勢が固まらないようにしてあげてください。
 
ブルドッグ整体院 http://www.bull-sei.com/
tel 03-3318-7181
 
 

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事