足が攣る原因

足が攣ることが多いのは、激しい運動を行った後や、その日の睡眠中と考えられています。 原因は厳密には特定されていませんが、主要な原因と考えられている中の2つを紹介します。

1つは筋疲労によるものです。 激しい運動などを行うと筋肉の神経活動が過剰になってしまい、刺激を受けやすい状態となります。 その結果、筋肉が異常な反応をして痙攣をおこしてしまうと考えられます。

もう1つは電解質異常です。 運動時や睡眠中に大量の汗をかくことで脱水し、ミネラルが身体から失われます。 その結果、血中のミネラルバランスが悪くなり、血液循環や電解質異常による浸透圧の低下に伴う刺激などで、筋肉を支配する神経の興奮が増大し、痙攣が発生すると考えられています。

足が攣ることは一般的にあることですが、頻繁に繰り返す時は、慢性的な血行不良状態や重大な病気が隠されている可能性もあるため、一度病院で相談をしてみてはいかがでしょうか。

足裏健房 しゅう   http://www.e-iyasi.info/indexsyuu.htm

この記事に

開く コメント(0)

むくみは老廃物が溜まっている状態で、それによって酸素や栄養素の運搬が妨げられ、代謝が悪くなってしまいます。
代謝が悪くなると脂肪細胞が燃焼されにくくなり、老廃物と脂肪細胞が結びつくことでセルライト(脂肪細胞の固まり)をつくる原因にもなります。
また、、顔に老廃物が蓄積されると、肌荒れやくすみ、たるみやシワの原因になることも。
通常、顔のむくみは時間の経過と共に解消されますが、長く続く場合は病気が隠れている可能性があるので注意が必要です。

土井整骨院ホームぺージ  http://www.e-iyasi.info/indexseikotu.htm

この記事に

開く コメント(0)

内臓脂肪と皮下脂肪

どちらも過剰なエネルギーが蓄積したものではありますが、主に使用する目的と場所が異なります。

「内臓脂肪」は胃や肝臓・腸などの内臓周辺につく脂肪です。
この脂肪は比較的簡単に使うことができます。なぜなら、内臓には血管が張り巡らされており、
エネルギーが必要な時は、すぐに血管を通って肝臓へ行き、肝臓から全身に送り出されるからです。

一方、「皮下脂肪」は皮膚と筋肉の間の皮下組織に蓄えられている脂肪です。
内臓脂肪よりも使用されるまでに時間がかかるため、最後にエネルギーとして使用されます。
そのため、身体に留まりにくい分、一度溜まると落としにくいと言われています。

体脂肪は、人が生きていくために必要不可欠です。増えすぎは勿論ですが、減らしすぎにも


この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事