ここから本文です
うつ病って怖い
うつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)は、大きく分けて5つに分類されます。

・大うつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)
・軽症うつ病
・気分変調症
・躁うつ病
・季節性うつ病 

大うつ病とは、周囲からも何か様子がおかしいとわかるくらい強いうつ状態が長期間続くことをいいます。

この大うつ病になると、睡眠障害に陥ったり、食欲が湧かなかったり、物事に対しても興味(人によって何にどのくらいというのは違うものです)が無くなっていきます。

軽症うつ病とは、いつもの暮らしに支障をきたすことのない軽いうつ症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)のことをいいます。

仕事を普通にこなしているので、周りの人が見て様子がおかしいと気付く事は少ないとは言え、自分自身は常にうつ病と戦っている場合が多いです。

この軽症うつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)は、本人も気付かないケースが多く、そのまま何も対処をしないと症状がどんどん悪化していくので、気をつけて下さい。

気分変調症とは、軽いうつ症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が2年間続く状態のことを言い、何をしても楽しめませんし、興味もわきません。

躁うつ病(早期治療が何よりも大切です。放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)とは、必要以上に元気になる躁状態と気分が落ち込むうつ状態を繰り返す症状をいいます。

気分の落差が激しいので、周囲に迷惑をかけることもあります。季節性うつ病とは、特定の季節限定で、うつ状態になることをいいます。その季節が過ぎると回復するため、治療を行わない人が多いです。
http://utu.iiyudana.net/category0002/index.html

この記事に

うつ病になると現われる症状としては、一般的に9つあります。

・マイナス思考(うつ気分)
・何も楽しく感じない(興味がわかない)
・食欲がない
・集中力低下
・疲れを感じやすい
・睡眠障害
・落ち着かない
・やる気が起きない
・死にたくなる(自傷行為)

うつ病になると、こういった症状が現われることが多いです。

ネガティブな思考になり、常に落ち込んでいる状態になりがちで、何もしても楽しく感じません。

また、食欲や集中力が低下してしまい、日々の生活に大きな影響を与え、仕事や学校に行けなくなってしまいます。

そして、特別なことをしていないのにも関わらず疲れを感じたり、寝ようとしても眠れない状態が続きます。

その他にも、鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)の人は落ち着きがなかったり、逆に口数が少なくなることも多いですし、何かをはじめようとしてもやる気が起きません。

うつ病の症状が酷い時は、自分には生きている価値が無いと思いつめたり、死んだ方が良いと思い込み、自傷行為をする場合もあります。
http://dietexcesize.kinbyoubu.com/

この記事に

うつを改善するためには、食事に気をつけることも大切です。まず、うつになると一般的に食欲が低下してしまい、体力が徐々に落ちていきます。

体力が落ちてくると気分もますます沈んでくるので、余計にうつを悪化させてしまうのです。そうならないようにするのでにも、栄養バランスの良い食事をすることが重要です。

また、通常よりも食事量が減少ししまうと思いますが、少量でも構わありませんので必ず食事はとるようにしてください。うつに効果があるといわれている食べ物は、大きく分けて3つあります。

・肉
・卵
・大豆製品

これらは、うつに効果があるといわれています。うつ病(早期治療が何よりも大切です。放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)患者の多くは、セロトニンとノルアドレナリンなどの神経伝達物質が減少しているといわれています。

肉、卵、大豆製品には、良質なたんぱく質が含まれており、これらを一緒に摂取する事で、神経伝達物質でもあるセロトニンとノルアドレナリンを補うことが可能です。うつを改善したい、うつを予防したいと感じている方は、このような食事を心がけてください。
http://siryokucenter.hannnari.com/

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事