ここから本文です
Living with Dogs Therapy♡
那須の森の犬暮らし

書庫全体表示

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 2ルーチェが偽妊娠を発症して10日
この三が日ピークを迎えている
          そして愛寿のストレスもピークを迎えている
          
          愛寿はアレルギー性の耳の疾患を持っている
             くわしく調べたわけではない
            でも、動物性の油脂を摂取すると
    左の耳からピーナッツバターのような粘着質のものが耳全体に現れる

イメージ 1

      左耳だけなのでアレルギーの症状としては疑問視されたが
   しかし最近では以前は何でもなかったラム肉やチーズを食べた後にも
     出るようになったので確実にアレルギー性のものだと想われる
     四足の肉・チーズはNG鶏肉・卵・魚では発症しない
     しかしここ2日左耳を掻き毟り傷だらけで炎症を起こしている
          もちろんNGフードは食べていない
               原因はルーチェ
    通常2階で同じベッドに寝ている寝ているうちは問題ないのだが
 朝起きて1度下に降り再度2回に戻ると巣篭り中のルーチェに襲われ喧嘩をする
  実際は愛寿の方が強いのだが1度襲い掛かられるともう2階には上がれない
       よって愛寿はこの4日間1日中1階で過ごしている
      寝るときは私が抱っこで連れてきて一緒に寝ているのだが
       寝るまでは隅っこで緊張しながら小さくなりいつでも
          逃げられる体制で落ち着かないようだ
                 そして
  あの人形を加え『ミ~ミ~』『ヒィ~ヒィ~』という鳴き声もストレスになる
       もしかしたら愛寿には匂いもしているのかもしれない
          お乳や尿の臭いもいつもと違うのかも
     あと数日で治まると想われるが愛寿にもご迷惑をお掛けしている
          避妊手術をすればもう起こることは無い
                 でも・・・
      お腹を開けるときは命に係わるものを摘出する必要が生じたとき
 愛寿にもルーチェにもストレスZEROの生活環境を与えられていると言えないので
        その時がやって来る可能性はあると思っている
       私がストレスフリーの人生を手に入れるまでは彼らに
           ストレスフリーの生活は訪れない
    今年のテーマはストレスフリーの人生にさらに一歩近づくこと
      執着を捨てることで本来やるべきことにたどり着ける
 やりたいことを探して手に入れる生活は自己満足で人生を終わらせることになる
      すべてを受け入れて与えられた環境を素直に受け入れて
     与えられたもの・そこに有るものと真剣に向き合い着手する
        そうすると必要な物も情報も必然的に入ってくる
       こちらから探さなくても不思議とあちらからやって来る
     これがもっともストレスフリーな人生を手に入れる方法である
      私の場合は基本動植物に触れる環境を与えられているので
           自然物に係わることのようであるが
    仕事として『ペット』は残念ながらそれに当て嵌まらなかったようだ
        しかしながら『犬』という動物はその範囲ではない
        ビジネスとして『犬』は『ペット』に属されるが
      『犬』という生き物自体は『動物=自然物』であるから
          自然は森はそう私に教えてくれている
               そして犬たちも
             ONE LOVEWAN LOVE
              ONE LIFEWAN LIFE


開くトラックバック(0)

イメージ 1
ルーチェの心のバランスが崩れ始めてわずかな物音にも吠える日々

那須はすっかり閑散期に入り
私の出勤は週末のみ
25日の午後出勤して夕方帰ると
あいつは突然やってきた😱
イメージ 2
ルーチェの『偽妊娠』

いつも帰ると飛びついてくるのにその日はお迎え無し
おっぱいを見てみるとお乳が出てる『きたー😨』
お乳を舐めるので乳腺炎を防ぐため早めの対処が必要

また
舐めることが刺激になり状態を助長させることにもなるので
舐めさせないことが絶対重要
我が家はおパジャマと子供用タイツをカットしたパンツが必須

とにかく炎症を起こさせないこと
それがパートナーの使命
イメージ 3

開くトラックバック(0)

犬の自家中毒

イメージ 1


ルーチェは時々人間の子供の様な『自家中毒』を起こす

犬の病気に『自家中毒』という病名は無い

しかし2〜5歳くらいの痩せ型の子供が発症しやすいことから

ストレスが原因とも言われるこの疾患

犬にも同じようなことが起こってもおかしくは無い

そしてルーチェはもともと痩せ型の神経質

そして犬の知能はこの年齢に等しい

つまりこの位の子供と同等の感情を持ち

ストレスをも感じる動物であるといえるだろう

イメージ 2

先週、大洗に行った翌朝

茶色く濁り 血の塊のようなものが混じった嘔吐をした

これが自家中毒に罹った際の特徴

長時間のドライブによる緊張からくる疲れが原因だと考えられる


今までもお伝えして来た通り

もともとかなりのビビり犬(繊細で怖がり)

車やお出かけにはかなり慣れて来たので

大分吠えたり攻撃的になることは無くなったが

久々の緊張感だったのだろう

今回は嘔吐1回で終わりのかなり軽い症状


そして今週は千葉の印旛沼までのドライブ

毎晩ふとんを出たり入ったりを繰り返すルーチェが

夜中に一度も起きることなく

帰って眠りについた場所から動くことなく朝を迎えるくらいお疲れで爆睡

今回は自家中毒の症状は現れず

イメージ 4


午前中にガソリンの給油がてらのお散歩を終え

前日の疲れが有るだろうと一度家に戻り買い物は留守番

家に帰ると以上に喜ぶも

夜は置いて行かれた不満から

ちょっと反抗的な不満行動を見せていた


そして今朝・・・嘔吐

一緒のお出掛け大好きなルーチェ

前日は一日中一緒のお出掛けだったのに

翌日は置いて行かれたことに対するストレスからの『自家中毒』

まぁ〜その程度のストレスなので

今回も1回のみ

でもちょっと不安要素が重なったので

少し気が猛ているため

ちょっとした物音にも吠える今日この頃・・・🐕


最近

心がかなり安定して

偽妊娠も起こらず善い日々を送っていたので

心の安定は本当に大切だと想う


でもでも

だからといっていろいろな変化をセーブするのではなく

少しずつ経験させ

私とルーチェそして愛寿の人生を不安の無い世の中にして行こうと想う

愛寿&ルーチェ

そして

レモン&ハニーとメープル&パールがいてくれるから

私の人生に不安は無くなるのだ

この6頭の愛に今日も感謝

イメージ 3












開くトラックバック(0)

イメージ 1

ブログを更新して

わんこにご飯をあげて

皿を洗っていたら割れた

執着を手放したら割れた

〖55〗

変化の訪れ

変わる変われる年がやって来る

このことも伝えておいた方が好い様子


来年の戌年🐕

変わるのは私だけのことでは無い

変わるチャンスの年だとお気付きでしょうか


年号が変わることを

誰もが知っている年は極めて稀であり

そんな時代に変わったというサインでもある

世の中は変わっている

つまり己次第で次元を変えられる年越しでもある

心の置き方で来年の人生は大きく変わる変えられる

執着を手放し

神社仏閣

古い仕来りは必要なし

己の心・脳・魂を一つに向き合うのみ

みなさま御慈愛くだされ

開くトラックバック(0)

イメージ 9

お久しぶりでこんにちは

如何お過ごしでしょうか

那須は今朝より雪化粧

寒い〜

けれどこの方は
イメージ 1

何故か冬になるとテンションMAX
イメージ 2
食欲もMAX

一昨日の大洗港
イメージ 3

今日の那須
イメージ 4


イメージ 5
チ〜ン
目が死んでる・・・

温かい海より
寒い山

以外?
いやいや山犬だから正しい?
いやいや砂漠の犬では?
海は無いか・・・

雪砂漠がお好みの様です


以外に老後は家が温かく

雪砂漠で想い切り遊べる北海道で暮すのが好いのかも

こちらの家を建て直す方が好いだろうか

往ったり来たりが私は理想だけれど

ビーグルズの時はフェリーに犬対応客室が無かったから心不安だったけれど

今は大型犬もOKな客室があるから

いつでも不安なく帰れるけれど

旅行に行きたいわけでは無いから

あちらに家が必要なわけで・・・

2〜3年後には幻日が現実になることを創造していこうと想っている


来年は戌年🐕

ペット業界に入ることを決めて20年

業界からフェイドアウトして行こうと想う

ペットと拘る仕事をして来て

犬と関わって来て

ペットで稼ぐ必要は無いと想った

ペットビジネスはビジネスなのだと解った

この森の中でペットではなく犬と向き合うことが出来

この森で真のペット業界を視る経験も得て

拘る必要は無いと悟った

そこで稼ぐ必要は無いと解った

ペットビジネスを否定しているわけでは無い

私が足を踏み入れた時代とは全く違うから

ペットショップでペットを売ることすら私は否定しない

何処で売るかより

誰が、どんな人間が売っているかが問題だ

それは保護犬の譲渡会だって同じことが言えると思うから


私の人生では

これ以上拘る場所では無いということ


犬と向き合い

犬だけに拘ることも無くなった

犬以外にも

野良犬・野良猫

野生動物

植物にも

そしてこの森にも🌲

犬を介して自然とのつながりを得た

私の周りには

犬以外の自然物も多くいることをやっと感じとれたから

エネルギーの強いサポーターが多いことに気付いたから




自然を味方につけると怖いものは無い

自然を敵に回すほど怖いものは無い


来年からは

この森にサポートされながら

この森で心・脳・魂を一つに

森の扉を解放して行こうと想う


この森の生きるエネルギーを

それを必要とする皆さんにお伝えして行こうと想う


森に住みたいと思っている人は沢山いると想う

しかしそれは中々現実的ではない

でも私は現実にその場所に導かれた

森に住みたかった訳ではない

つまり導かれなければ住めないのだと想う

導かれたからにはそのお役命があるのだと創造出来る

本来 森は誰の物でもない

でもこの次元では誰かの所有物になっているから森はどんどん減っている

那須も昨年位までは多くの森が太陽光パネルに姿を変え

今年はもともと人工林ではあるが多くの杉林が伐採されている


この森の様な雑木林は

別荘地以外にはかなり少ない

何にも支配されていないこの森はとても貴重だと想う

森の管理人に選ばれしことは有難き事と感謝し

森の全てを受け入れて従事して行こうと想う🌲🌲

如何なる形で解放し

五感が目覚めるお手伝いが出来るか

もう少しお待ちいただきたい

森の住人の一人も

雪の中未だ頑張っている

イメージ 6






イメージ 7
















毎朝死んでる様に見えるけれど

日が照ると向きが変わっているので生きている様子

一般的には11月下旬

人工飼育で12月中〜下旬の命らしいが

我が家の軒下で昼間は日光浴をして生きながらえている

でもかなりギリギリな感じ

もうこの場所に一ヶ月位居るかな

何かを伝えてくれているのでしょう

見守り見守られ

自然物全てがメッセンジャー

イメージ 8

那須の森88番地より

開くトラックバック(0)

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事