ここから本文です
Living with Dogs Therapy♡
那須の森の犬暮らし

書庫犬から学ぶ心会話トレーニング

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

イメージ 2ルーチェが偽妊娠を発症して10日
この三が日ピークを迎えている
          そして愛寿のストレスもピークを迎えている
          
          愛寿はアレルギー性の耳の疾患を持っている
             くわしく調べたわけではない
            でも、動物性の油脂を摂取すると
    左の耳からピーナッツバターのような粘着質のものが耳全体に現れる

イメージ 1

      左耳だけなのでアレルギーの症状としては疑問視されたが
   しかし最近では以前は何でもなかったラム肉やチーズを食べた後にも
     出るようになったので確実にアレルギー性のものだと想われる
     四足の肉・チーズはNG鶏肉・卵・魚では発症しない
     しかしここ2日左耳を掻き毟り傷だらけで炎症を起こしている
          もちろんNGフードは食べていない
               原因はルーチェ
    通常2階で同じベッドに寝ている寝ているうちは問題ないのだが
 朝起きて1度下に降り再度2回に戻ると巣篭り中のルーチェに襲われ喧嘩をする
  実際は愛寿の方が強いのだが1度襲い掛かられるともう2階には上がれない
       よって愛寿はこの4日間1日中1階で過ごしている
      寝るときは私が抱っこで連れてきて一緒に寝ているのだが
       寝るまでは隅っこで緊張しながら小さくなりいつでも
          逃げられる体制で落ち着かないようだ
                 そして
  あの人形を加え『ミ~ミ~』『ヒィ~ヒィ~』という鳴き声もストレスになる
       もしかしたら愛寿には匂いもしているのかもしれない
          お乳や尿の臭いもいつもと違うのかも
     あと数日で治まると想われるが愛寿にもご迷惑をお掛けしている
          避妊手術をすればもう起こることは無い
                 でも・・・
      お腹を開けるときは命に係わるものを摘出する必要が生じたとき
 愛寿にもルーチェにもストレスZEROの生活環境を与えられていると言えないので
        その時がやって来る可能性はあると思っている
       私がストレスフリーの人生を手に入れるまでは彼らに
           ストレスフリーの生活は訪れない
    今年のテーマはストレスフリーの人生にさらに一歩近づくこと
      執着を捨てることで本来やるべきことにたどり着ける
 やりたいことを探して手に入れる生活は自己満足で人生を終わらせることになる
      すべてを受け入れて与えられた環境を素直に受け入れて
     与えられたもの・そこに有るものと真剣に向き合い着手する
        そうすると必要な物も情報も必然的に入ってくる
       こちらから探さなくても不思議とあちらからやって来る
     これがもっともストレスフリーな人生を手に入れる方法である
      私の場合は基本動植物に触れる環境を与えられているので
           自然物に係わることのようであるが
    仕事として『ペット』は残念ながらそれに当て嵌まらなかったようだ
        しかしながら『犬』という動物はその範囲ではない
        ビジネスとして『犬』は『ペット』に属されるが
      『犬』という生き物自体は『動物=自然物』であるから
          自然は森はそう私に教えてくれている
               そして犬たちも
             ONE LOVEWAN LOVE
              ONE LIFEWAN LIFE


開くトラックバック(0)

イメージ 1
ルーチェの心のバランスが崩れ始めてわずかな物音にも吠える日々

那須はすっかり閑散期に入り
私の出勤は週末のみ
25日の午後出勤して夕方帰ると
あいつは突然やってきた😱
イメージ 2
ルーチェの『偽妊娠』

いつも帰ると飛びついてくるのにその日はお迎え無し
おっぱいを見てみるとお乳が出てる『きたー😨』
お乳を舐めるので乳腺炎を防ぐため早めの対処が必要

また
舐めることが刺激になり状態を助長させることにもなるので
舐めさせないことが絶対重要
我が家はおパジャマと子供用タイツをカットしたパンツが必須

とにかく炎症を起こさせないこと
それがパートナーの使命
イメージ 3

開くトラックバック(0)

イメージ 1


知らない場所や車でミーミー

知らない人や犬にキャンキャン

走行中の車やバイク自転車に向かってワンワン🐕

ついつい吠えちゃう犬

『どうしようもないバカ犬!!』『どうしようもない凶暴な犬!!』
『手がつけられない犬!!』『行儀の悪い犬!!』

そう思っていませんか!?


あなたの愛犬がもしそうだとして

そしてあなたがそう思っているのだとしたら

それは思い違いです


この子たちは『怖いのです

『恐れ』『不安』からこの様な行動をとってしまうのです

ちょっと怖がりで

力の弱いわんこ達がこの様な行動をとってしまうのです


そのことを現すように

この様なわんこは小型犬に多いです

ワンワン!ギャンギャン!!いってる超大型犬は

あまり見ませんよね


もしあなたが愛犬のこのような行動で悩んでいるとしたら

絶対に叱らないでください

感情的にならないでください


例えばあなたが恐怖を感じている時に

信頼すべき家族から

『うるさい!黙れ!!』と言われたらどう感じますか?


愛犬に手を挙げてしまったなら

あなたも敵になってしまいます

敵だと感じた彼らの反撃の手段は口のみ

『吠える』『咬みつく』

何も間違った行動ではありません

彼らが身を守るには正しい行動だと言えます


犬は犬

人は人


ですが

冷静に考えると

同じ心を持つ動物

感情にさほど違いは無いのです


しつけ訓練が定着しない日本人には

私は心のコミュニケーションを大切にしてもらいたいと想っています


極短時間で愛犬に指示を聞かせたい飼い主さんは

『しつけ訓練』を徹底的にマスターすることをオススメします


しつけ訓練が出来ないパートナーさんで

愛犬の気持ち(心)も尊重したいという方は

時間はかかります

愛犬とのコミュニケーションを心掛け

愛犬の気持ちを読み取るトレーニングを続けてください


どちらも飼い主のトレーニングが必要です

これを犬だけをどうにかさせようとするから

『しつけ』に失敗するのです


コミュニケーショントレーイングの方法は

基本はパートナーが冷静に『大丈夫』の声掛けを

その他にも

毎日行いたい15分コミュニケーション(遊び)

愛犬のパーソナルスペースの確保

などいくつかのポイントがあります


ご希望であればご想談ください



大型犬ですがビビりなサルーキ

我が家の愛寿と

さらに輪を掛けて超ビビりなルーチェの行動を例に

こちらでも一つづつ順を追ってご紹介出来たらと想っております


はじめて犬との生活を始めた家族には

特にこの方法を取り入れていただけたらと想っています

なぜなら早い方が好いに越したことは無いから

私が多頭飼いにおいて

ルーチェ対犬というトラウマを作ってしまったので(ビーグルズで・・・)

抵抗なくHUGするのに3年掛かってしまいました

三つ子の魂百まで

後を引くので早い方リスクが少ないでしょう

早いうちにまず愛犬の性格を把握することがとても重要なのです

イメージ 2



そしてこれ

散歩道でGレトを正面から見て興奮しながら通り過ぎ

通過後

塀の穴から恐る恐る覗くルーチェ

パールは下の穴から覗いてたなぁ〜

仲の悪い2人っていうのは

結局似た者同士なのよね〜


ちなみに

このあとに正面から対面させたなら

間違いなく吠えます


ここのGレトは吠えないのですが

別なコースのGレトが吠えながら飛び掛かってくるので(ゲージ内)

Gレトにトラウマありです

吠えて来る犬には吠えます

怖いので・・・


それと

犬が怖い人・嫌いな人にも

吠えます

そりゃそ〜だ

あちらも戦闘態勢で警戒しているので



人も犬も心は同じ

開くトラックバック(0)

久々の那須日和

秋晴れのよい一日

こんな日はまたとない絶好の那須高原RUNRUNDAY

走るしかないでしょぅ🐕


4日前から車検で代車なのですが

後部座席の窓が開かないので

愛ルーは気が乗りません

でも一応

一緒には出掛けるので

RUNへ繰り出したのですが


いつもはあまり走らないのは愛寿

でも今日はルーチェがあまり走りません

イメージ 2



この秋から断食犬を卒業して

食欲旺盛のルーチェ

体重も25㎏に増加し

ガリガリだったのが嘘の様に大きくなり

すっかり愛寿より大きくなりました

もともと骨格は愛寿より大きいのですが

ちょっとサルーキにしては御立派な体格でいらっしゃいます


車に乗る前に我が家の庭を駆けていたのに

RUNではノリが今一つ

性格も変わったか

ひたすら愛寿を追いかけて噛みつくのが趣味だったのに

今日は最初だけ

ルーチェ来月で6歳

大人になった

それはないよなぁ〜


実は気乗りしないことがもう一つ。。。

先々週の水曜から父が入院しておりまして

それもテンションが上がらない要因の一つに

隣の家に住んでいるのですが

毎日1度は顔を合わせる人がいないのは

やはり犬にとっても淋しいことですよね

2日おきに病院へ行くので

会えはしないのですが

一応一緒に連れて行って

説明して愛ルーには駐車場で待っていてもらっています


父が入院してから

ルーチェは隣の家に行くと

必ず父がいつも座る席に座ります💺

部屋に探しに行かないので

居ないことはちゃんと理解している様です

匂いでもたぶん

最近よく行くあの場所(病院)にいることは理解できていると想います

ただひたすら帰りを待っているのでしょう


気晴らしに行ったRUNなのに

ふと『いない』と想ったのかも。。。

前回は父も一緒に行ったので

そのときのことを想い出して急に淋しくなったのかなぁ

イメージ 1



父は繊細なルーチェより

扱い易い食いしん坊の愛寿の方をより可愛がります

が、

こういう時に心配してくれるのは

繊細な子の方なんですよね〜

散歩もルーチェは父に併せてくれるけど

自由に歩きたい愛寿は

主導権を握りたがる父との散歩を時として拒絶します


犬の心

性格

キチンと存在しています

出来る限り理解しあって

尊重しあって

より好い関係を築いていきたいものです






















開くトラックバック(0)

イメージ 1

雨が降りつづく毎日に

パートナーも愛犬も憂鬱な日々をお過ごしではないでしょうか

雨が少ない北海道出身の元ポロネーゼの私は

この雨と言うか湿気が大・大・大の苦手

田舎に来て気管支喘息になったツワモノです


さらに

エジプト周辺中近東出身の愛寿ルー二人組もまた

どちらかと言えば乾燥を好みます


夏の炎天の中で日干ししたり🐕

冬はストーブの前で温風を浴びまくったりしています🐕


若い時は雨でも散歩をしていましたが

今は外に出してもすぐに帰ってしまいます


それでも

『雨だから散歩は出来ないのだから仕方がない』という言い方では

犬には伝わりません


私は

愛犬にとにかく話しかけて彼らが納得できるように言葉がけを

言葉がけ》を推奨していますが

上の言い方では納得してくれないと想います


彼らを納得させる話し掛けは

マイナスの思考ではなく

『今日は雨でお散歩は出来ないけれど、お家でのんびり過ごそう(ラッキー)』

というよな怠け者的プラスの思考でもない

代替えとなる転換の提案が必要だと考えます

つまり

犬も子供と向き合うのと同じだということです


まぁ〜中には雨の日は

家でのんびりするのがBestという愛犬もいるかもしれませんが

時々耳にする『うちの子散歩(外)が嫌いなの〜』という犬は先ずいない

そう想っているので『散歩』ついてはまた別の機会で


愛寿は

日頃から散歩中も便をした後

数歩歩いた先でおしっこをする癖があります①

また

5ヶ月で我が家に遣って来たのですが

その時から何かの上におしっこをする癖があったので②

トイトレはあっという間に終了しました

そのような何かと癖をもつ愛寿

雨の日は家の中で排泄をすることになるのですが

ここで善い癖が

悪い癖へと変貌することになります


トイレでうんちをした後

①数歩歩いて行きつく先の②何かの上は

ベッドやソファー


ギャー

おしっこをされてしまいました


怒っても

言い聞かせたって

雨が来ればまたやられる

雨なのに大物におしっこされると洗濯しても乾かないのに〜


してはならないことをやっていることは分かっているはず

排泄する場所はトイレだと理解している

トイレは2つある

と言うことは嫌がらせというかワザト

と言うことは納得していないことに対する訴え

イメージ 2

我が家は散歩は1日1回

1日のローテーションの流れにおいて

愛寿の楽しみは

に食事

おやつ

がなくて

に散歩


たったこれだけの日課から

1つを奪うことは可哀想な話し

家からまったく出ずに過ごすことになり

そんな日が2〜3日続く場合もある

仕方ない』で納得できる訳がなくて当然

これが幼児ならもっと大変


私は雨の日はドライブで気分転換させることにしました

愛寿はもともとそんなに車が好きでは無かったので

(たぶんペットショップを回されていたトラウマ)

はじめはほんのその辺まで

砂利などで肢の汚れない様な所でおしっこして帰って来る程度

その後は近所の砂利と林で雨の当たりずらい道の駅

そのうちに連続して雨がつづくような時

毎日ドライブに連れて行かなくても

うんちもおしっこもキチンとトイレでしてくれるようになりました


また

一石二鳥でかなり車にも慣れ

車のドアを開けておけば

今では勝手にサッサと乗っています

イメージ 3


犬を飼ってしまったなら

も〜う面倒くさいは通用しなし

むしろ自分以外の生き物に心を向ける気遣いが学べる

人ならつい求めたくなるけど相手が犬なら見返りを求めないから腹も立たない

『面倒くさい』の言い訳の無い人生を生きていける様になる

犬との暮らしは生き方も変えられる


変えられるかは自分自身にかかっていますが

が人生のパートナーになることは間違いないと想いますよ















開くトラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事