ライフ難儀道

孤独のカルバートソンさん

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10

イメージ 10

________

久しぶりに西新宿のパークハイアットに行きました。15年程前にこのホテルがオープン
した時、大陸的な雰囲気や、シックな内装、空間の贅沢な使い方等がとても気に入って
ラウンジやらレストランやらを良く利用していました。
今考えると、非日常的な空間に身を置きながら癒されていたんでしょうね。
内装は香港のデザイナーが手がけたそうで、当時の日本既存のホテルとは異なった
ラグジュアリーさ(世界標準とでもいいましょうか).....そういうものが漂っていました。

その内に、ラウンジの座席を詰めて、客一人当たりのスペースを狭くし始めるという
お定まりの愚挙が始まり「運営する人間によって、素晴らしい建物も内装もコンセプトも
ぶちこわしになるんだなぁ....」と感じたのを覚えています。
そういう訳で、以前に比べてラグジュアリーな感じがしなくなり、癒されなくなった私は
次第に行かなくなってしまったのです。(あくまで個人的見解です、念のため)

さて「梢」です。吟味されたお皿や盛りつけのユニークさ、大胆さ、そして何と言っても
高い天井と大きな窓。素晴らしい空間で技をこらした和食を食す事が出来る場所なので
個人的にも何度か食事しましたが、ビジネスで海外のお客さんが来た時に、良くランチ
にお連れしました。夜は一人3万位必要ですが昼だと、飲み代込みで1万位に収まります。
とても喜んでもらえました。

ということで、今回、懐かしいランチに再挑戦することに。
旦那と2人でいそいそとお出かけ致しました。

おお、やはり混んでいる。アポなしは良くなかったですね。
昼の会席コースにしようか、お弁当にしようか、と散々迷ったあげく「椀もの」が付いている
という理由で5,800円の「園」というお弁当にしました。

さて、落ち着いて辺りを見回すと、おや、客層が以前と変わっているような気が...。
ニット帽をかぶったクラブ系のカップルとかがいる。確かに若者の数が多いです。
結婚式の下見に来た風なご両家さんもいる....。非日常と日常...ハレとケ、がごっちゃに
なった感じです。以前は完璧に「ハレ」の場所だった。でも今は?
これは、もしかしたら景気が良くなって来た証拠? もうすぐバブルの再到来なのでしょうか?
それともマンダリンオリエンタルや、リッツカールトン等の台頭で、コンセプト的に
珍しくなくなったのでしょうか? 今後考察の価値有りです。

ところで、ちょっと嫌だったのは、入店するときに、喫煙、禁煙を全く
訊いてもらえなかった事。そして、座らされたのが喫煙席だった事です。
まあしかし、隣でタバコを吸っていた若者カップルは私達の所に
料理が到着する前に帰ったので、被害に合わずに済みました。
しかし、これはホテルにあるまじき由々しき事態ですぞ!

さて、気を取り直してお料理の説明です。今回のお弁当の内容は以下の通り:


先付 菊花落花生豆腐 美味出汁 山葵
吸物椀 すまじ仕立て 秋味つくね かもじ葱 舞茸 柚子
造り かつお 煽りいか 生のり 赤芽大根 より人参 南瓜 山葵
煮物 加茂瓜含め煮 銀杏ひろうす 菊花 亀甲あん 露生姜
陶筥 
 猪口 いくら正油漬け 黄身卸し 柚子
 口取 酒盗若鶏射込み チーズ出汁巻玉子
    網笠銀杏 鰊昆布巻 萩の月
    辛子蒟蒻 温燻賽の目切り 栗秘汐煮
    衣被胡麻掛け 栗麩オランダ煮
揚物 蟹しん薯丹波揚げ
   伏見唐辛子 レモン 天塩
ご飯 占地ご飯 微塵三つ葉
香の物 胡瓜 沢庵
デザート ピークラウンジにて色々

 
このお弁当コース、最後のデザートは、ロビーにあるピークラウンジ
で食べられるので、他コースよりも楽しさ倍増。お得かも知れません。

お味はもちろんキチンとした正統な和食。最近珍しい真面目なお料理です。
椀物のお出汁がとても美味しく、秋味つくねはシャケが入ってました。
とても滑らかに摺ってあります。より人参も丁度食べやすいサイズ。味付けも素晴らしい。
お弁当の入れ物は織部焼きで、凄くかっこいい!! ダイナミック!!
出汁巻き玉子にチーズが入っていて、一口噛むと芳醇な香りがしました。
心憎いです。細部にまで目が行き届いていて、これで5800円は安いと感じます。

ただ、お酒が高い。1合2000円とか、平気で書いてありますもん。ゲゲェ。
梅酒ラインナップは2つ。コシノジュンコ・プロデュースのがあって、何だか気恥ずかしい。
ビールは1000円。ひえぇ! 飲んベエには厳しいお店です。

全体的にとても楽しめたのですが、何だか総合体験として、物足りなさがあるのは
何故? こちらが変わったのか、あちらが変わったのか?

さてさて、梢体験はピークラウンジのデザートへと持ち越されます。

(ツヅク)

梢 
http://www.parkhyatttokyo.com/Facility/Restaurant/kozue.html
〒163-1055
東京都新宿区西新宿3-7-1-2
パーク ハイアット 東京
TEL: 03-5323-3460

昼膳 (ひるぜん)
11:30〜14:30
夜膳 (よるぜん)
17:30〜22:00

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事