I LOVE CB750F

バリ伝世代のライダー達の当ブログは1000記事をもっていったん終了しましたが、何気に静かに復活します・・・不定期ですが・・(笑)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全207ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
 
冷たい潮風と、ほんのり暖かい日差しの調和がある。
 
回りにはバイク乗りは居ない。
 
俺一人だ・・。
 
瀬戸内海はいつも穏やかな表情でCBと俺を迎えてくれる。
 
夏よりも、冬の方が圧倒的に海に行くことが多いのは・・・
 
ただ単に路面凍結している山間部には行けないだけなのだが・・・
 
 
しかし、真冬は・・・どこのビーチに行っても、ほぼ貸切だ。
 
一人占めしている気分が気持ちよいので海辺でボーっと長居をしてしまう。
 
潮風がいつも間にか?体温を奪っていく。
 
CBの鉄の心臓も・・・冷えてしまった・・・。
 
手で触れる・・・。
 
素手で触るとほんのり暖かい。
 
その暖かさが何となくうれしい。
 
 
今年でついに・・・1980年式の我がCBも31歳になった。
 
こんなに長く付き合い現役で走ってくれてるとは・・・。
 
2011年も、コイツとともに走り始めた。
 
 
今年は、コイツと、どんな景色を見て、どんな道を走るのだろう?
 
いつも新春は胸がときめく♪
 
 

平尾台カルストロード

イメージ 1
 
絶景の道 100選
 
九州の道で走っていない場所が身近なところにあった。
 
福岡県の平尾台のカルストロードだ。
 
 
山口の秋吉台や、四国カルストを比較すると規模は小さい
 
だから何?
 
絶景と言うのは、規模じゃない・・・
 
 
大地と、海と、空と・・・
 
空気と、水と、植物と・・・
 
光と、影と・・・
 
絶妙なバランスの中で、走るライダーの心を打つものがある・・・
 
走りながら見える景色と、止まってみる景色の両方が素晴らしいこと。
 
それが絶景の道の定義だと思う。
 
 
まさに平尾台カルストロードは、この定義に当てはまっていた。
 
カルストの中の細い道をゆっくりと流す。
 
メットのバイザーも半開きでいいような速度だ。
 
 
石灰岩が侵食されて出来上がるカルスト台地・・・
 
たいてい地下には鍾乳洞があるはずだ。
 
バイクでゆっくり左右にローリングをしているのは?
 
無意識の鍾乳洞探しのダウンジングなのか?
 
 
立ち止まり景色を見た場所は・・・
 
きっとCB-Fのダウンジングが探し当てたポイントに違いない・・・。
 
その地下には・・・きっと洞窟があるんだぜ?
 
なんて思ってみたりするもの楽しいものだ。
 
 
 

阿蘇パノラマライン

イメージ 1
 
阿蘇山の火口へ向けて登る道
 
阿蘇パノラマライン
 
景色も素晴らしく、何度走っても気持ちが良い道だ。
 
俺は、この道を駆け上がるとき・・・
 
コーナーを攻めることよりも
 
素晴らしく雄大な阿蘇のカルデラの風景よりも・・・
 
ワクワクするものを追いかけて走っている。
 
 
 
それは阿蘇山が火山であるということ。
 
もくもくと煙を地中から噴いている。
 
まさに地球のエネルギーが放出している感じ。
 
 
 
子供のころ、太古の地球へのロマンがあっただろ?
 
恐竜がいて、火山が噴火していて、そんな風景
 
もちろん想像の世界であり、アニメやSF映画の世界だが
 
何故かドキドキしながら見たものだ。
 
中でも特にお気に入りは「E・R・バローズ」の「地底の世界ペルシダー」だったな・・・
 
読みながら自分が主人公になっていっただろ?
 
 
だから火山を見るとワクワクするのさ・・・
 
 
ここ九州には火山が多いが、自分の住む中国地方には無いしな・・
 
 
そして、他の火山と比較して阿蘇の雄大さは別格だし
 
この大きなカルデラの中の噴火口に自分の愛車で駆け上がる。
 
子供の頃、夢見たワンシーンのようだ。
 
 
この九州ツーリングの前後3週間で3000kmも走らせたCB750Fが
 
まるで火山に突入する・・・子供の頃のSFに出てくるスーパーマシンのよう?
 
 
そんなくだらないことを考えながら、
 
いい年をした親父がパノラマラインを駆け上がる。
 
子供のようになって走る気持ち・・・
 
きっと、雄大な阿蘇の景色がくれた贈り物に違いない。
 

信州の奥座敷を行く

イメージ 1
 
遠山郷、伊那郡上村)に位置する。日本の秘境100選のひとつ
 
しらびそ峠、標高1833m
 
ここを過ぎさらに登ると標高1918mのしらびそ高原がある。
 
 
南アルプスの展望台として知られる。
 
そこに至る道は険しく、左右にCB750Fを振り続けなくてはならない。
 
標高が上がるに連れ、エンジンのレスポンスも心なしか悪くなる。
 
それでもCBのスロットルを開け続ける。
 
なぜなら?
 
見たいからだ・・・
 
そう、ここから眺める南アルプスは雄大なのだ。
 
 
そして、ここから800mほど下った場所
 
南アルプスの聖岳と対峙する標高1000mの地点
 
尾根の傾斜約30度の南東斜面にへばりつくように集落がある。
 
下栗の里と言う。
 
ここへ一気に駆け下りる・・・下りの斜度も半端じゃない。
 
道のあちらこちらにエンジンブレーキ併用のこと!と注意書きがある。
 
 
俺たちはエンブレなんか使わない。
 
上りも下りも、走り方は同じだ。
 
コーナーの手前でブレーキング、スロットルを開けてトラクションをかけ曲がる。
 
どんな狭いタイトコーナーでも扱いは同じだ。
 
 
下栗まで下りる前に、さすがにブレーキがフェードを起こした。
 
さすがに秘境だ・・・・と、苦笑する。
 
しかし、コレぐらいでないと来た意味がない。
 
そう!たやすく行ける場所なんか行きたいはずもない。
 
 
天空の里で、踏んでもスカスカするブレーキが冷めるのを待つ。
 
そこで見た南アルプスには、秋の風が吹いていた。
 
 

全207ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事