全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 この前の遠征の際、県外のHOで仕留めました。BUFFALOのNASです。内蔵HDD無しで破格の0.5k円。海の物とも山の物とも分からないため(いや、海でも山でもなく、工場のものでしょう?)、2台あった内の1台を購入しました。

 ネットで情報を調べると、起動に必要なプログラムがHDDの中に格納されているため、まっさらのHDDを2台入れただけでは動作しないとのこと。メーカー純正のお高いHDDを購入しなければならないようです。「あ、また無駄なものを買っちまったか。」と思いましたが、世の中表もあれば裏もある。裏情報を調べてみました。

 まあ、本機はファイル操作に特化した小型のコンピュータのようなものです。OSに相当するプログラムがHDDの中に入っているんですな。ということはOSさえ入手できれば再使用可能ということです。

 で、某海外サイトでOSに相当するプログラムを拾ってきました。もちろん、違法なものではなく、BUFFALOの公式海外サイトからです。どうも日本のメーカーっていうものは、海外サイトにいろんな情報やデータを公開しているのに、日本国内のサイトには当たり障りのないものしか公開していない場合が多いです。海外の方が権利を主張するためか、日本の方がうるさく言わないためか、もしくは自己責任で使用しなければならないのに、過剰なアフターフォローを求めるためかどうか、理由は分かりません。今まで各メーカーの海外サイトには大変お世話になりました。
イメージ 2
 この機械ね、USBブートができるのです。で、USBにOSを書き込むプログラムを入れておけば・・・・・ということなのです。


イメージ 3
 早速1TのHDDを2つ用意して、RAIDを構築しました。本機を物置に置いて、LAN経由で操作すれば、地震で母屋が倒壊しても、データーだけは生き残るって思ったのです。
 しかし、考えてみれば、地震で揺さぶられまくって、HDDに衝撃を受ければ、データーが生き残っているかどうかは分かりません。


イメージ 4
 そこで思い付いたのが、HDDではなくSSDならどうかってことです。
保存しなければならないデーターって、そんなに大きな容量ではありません。でも、失われるとうちの営業に大きな痛手となります。(2年がかりで入力したものもありますんで)


イメージ 5
 本来はHDDのトレーに付けて挿入しますが、自作PCのように3.5から2.5インチのアダプターに載せたのでは、内部基板の差し込み位置にSSDのコネクターがうまく当たりません。仕方がないので先に差し込んで、後から粘着テープでトレーに固定します。



イメージ 6
 背面のスイッチをUSBブートに切り替えて、プログラムを入れたUSBメモリーを差し込みます。なお、写真では刺さっていませんが、LANケーブルも刺しておいた方が吉です。

 でもって、おもむろに電源ON!


イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
 何の表示も出ませんが、LCDのバックライトが心臓に悪い変化をします。ひたすら待ち続けます。途中でファンクションボタンを1回だけ押します。(押すタイミングは、先人のサイトを参考にしてください)
イメージ 10
 うまくいけばLANを介してPC側から認識できるようになります。(要 ナスナビゲーター BUFFALOの公式サイトにあります)

 でも、まだLANを介したコントロールソフトを使うことができません。日本語の最新アップデーターを当てる必要があります。背面スイッチをHDDに戻し、USBメモリーを引き抜いてから再起動します。



イメージ 11
 PC側にアップデーターをダウンロードして走らせると、アップデートが始まります。ひたすら待ちます。




イメージ 12
 自動で再起動しますが、その後一度電源を切り、再度電源を入れるとLCDに表示が出るようになります。




イメージ 13
 まあ、そんなこんなでSSD2台を積んだNASが出来上がりました。プログラムで40G位使うのか、256のSSDを入れたのですが、使用可能容量が200G強となっています。でも私にとっては必要十分な容量です。(実質20Gあれば十分)
 まだ、細かな設定が残っています。LAN経由で設定画面に入るのですが、最初にパスワードを求められます。私の場合、一般的に思い浮かぶパスワードを入れたらOKでしたが(デフォルトかどうかは不明)、情報によれば、前オーナーが設定していた場合、それが分からないと設定画面には入れないようです。(保存、読み出しはできる)

 HDDの取り換えではパスワードがクリアされないようですから、中古品を求めた場合、そこがネックになりそうです。(基板上のバックアップ電池を抜いたらどうなるんだろう・・・)

 こりゃ便利ということで、数日後に店のそばを通る用事があったので、立ち寄ってみましたが、残りの1台はすでに売れておりましたとさ。(そりゃそうでしょう)

                                     ・・・・・買った人、これ見て再生してくださいね。・・・・・

閉じる コメント(8)

顔アイコン

ナイス!!
>破格の0.5k円...
そりゃええわぁ!!

>BUFFALOの公式海外サイトから...
なるほど考えもしませんでした。

おいらのNASもどっかにこのようなOSおっこっていないかしら...。

ではまた、73。

2019/6/18(火) 午後 11:57 [ kzy***** ] 返信する

顔アイコン

もっかいこんばんは。
>プログラムで400G位使うのか...
そんな馬鹿な!!

2019/6/18(火) 午後 11:58 [ kzy***** ] 返信する

顔アイコン

> kzy*****さん
おはようございます。

別の店で一つ古い型のが2kで出ていました。こっちのはUSBブートができませんので手間がかかります。(スルー)

ノートPCなんかも海外サイトにいろんなプログラムが落っこちています。(富〇通や新〇本電〇、その他のメーカー)日本のサイトで困ったら一見の価値はあります。

公称256のSSDですから、元々が250G位あったかどうかは不明です。残りが201G位になっていましたので400Gとしました。もっと少ないかもしれません。

では、73。

2019/6/19(水) 午前 10:14 [ 田舎のおっちゃん ] 返信する

顔アイコン

> kzy*****さん
おっと引き算を間違えとる。40Gですね。

2019/6/19(水) 午前 10:29 [ 田舎のおっちゃん ] 返信する

こんにちは♪(°▽°)

新潟で地震有りましたね!
耐震、大切ですね(^_^;)))

ソレにしても?私には?ちんぷんかんぷんな代物です(笑)

昨日?1ヶ月ぶりにドフに行きましたが?ジャンクは確保は無し(´Д`|||)

2019/6/19(水) 午後 0:55 [ jk2251 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。
>おっと引き算を間違えとる...
おっとそうでしたか...。
ひょっとしたらこちらもですかね。

>早速1GのHDDを2つ用意して
今どき1GBのHDD2台用意するのも大変ではなかったのかと...。第一1GBのHDDに40GBのプログラムは入りっこないし...。

訂正・コメントはしなくってかまいませんです。
ではまた、73。

2019/6/19(水) 午後 1:28 [ kzy***** ] 返信する

顔アイコン

> kzy*****さん
ははは・・・、頭湧いてる時に書くものではありませんね。1Tの誤りです。気が付かなかった。本文訂正しておこう。

2019/6/19(水) 午後 7:39 [ 田舎のおっちゃん ] 返信する

顔アイコン

> jk2251さん
こんばんは。偶然地震が起きましたね。怖い怖い。

NAS(ナス)っていうのは、ひき肉と一緒に油いためにするとおいしいやつではありません。

LAN経由で読み書きできる外付けハードディスク(SSD)です。おまけにRAIDが装備されているので、2台あるHDDに全く同じ内容を書き込んでいきます。1台が壊れても、もう1台の方を使って修復できるってものですね。

社内(家庭内)のどのPCからでも読み書きできるので、結構便利です。

2019/6/19(水) 午後 7:47 [ 田舎のおっちゃん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事