散骨 屋エディーの駆けつけ三杯

ハワイなどでの散骨や自然葬を知りたい。そんな貴方の為のブログです。

ハワイの表情(オアフの海)

すべて表示

ハワイで散骨・カヌー葬 誕生!

イメージ 1
古代ハワイでは王族の方々がカヌーを使って散骨を行っていました。
最近では有名なハワイの歌手ドン ホーが2007年にワイキキの浜からカヌーで船出し、散骨を行いました。
彼の曲を聞いて頂くと、お分かりの通り、ハワイの自然をことのほか大事にして、
その中で眠りにつく事を人生の最終選択にしたのですね。
私は、十数年前からハワイで散骨をはじめてきましたが、
現在大型艇を使って、一人でも船酔いをしないよう、大切な日をいい思い出と共に
記憶を生涯持ち続けることが出来るよう、船長の経験も生かして,お客様に喜ばれて頂けるように努めてきました。
しかし、大きな船を使い船酔いを避けるようにすれば、金額的には高くなるという
背反をどうクリアーするかが、一つの課題であることと、
ハワイの自然を体感し、ハワイの自然を身体一杯感じながら、大好きであった、
ハワイを感じて散骨できる方法を模索してきました。
それは意外と近いところに有ったのです。
ハワイで生まれて地域的にも必ず一つはあるというカヌークラブ、
このカヌーを使って散骨をする事です。それも安全に。
そして、自然の中での葬送の儀式を、生前の故人の生き方をそのままに、
それぞれの方独自な御式を可能にしてくれたのです。
興味のある方は是非下のURLから御問い合せください。
URL:http ://www.b-horizon.us

その他の最新記事

すべて表示

最近の葬儀事情(アメリカ版) 最近の葬儀に対する考え方は、世界中に変化が見られるようだ。 それも人口の中核をなす、べビィーブーマー(1945生まれ〜頃)の 第二次世界大戦終戦後に生まれた層が、もはや葬儀の年齢に入ってきており、 それらの層は、別名ビートルズエイジとも呼ばれている、個人の趣味や主張が強い年代だ。 ...すべて表示すべて表示

新聞の生き返った日

2010/3/6(土) 午前 2:11

うん? 一通りビックリして、怒りのような、寂しさのような複雑な気持ちを落着かせ 長年親しんだ新聞の死んだ日を心に残して、 ページをめくると、そこにはまた違う表紙の一面があるじゃないか。 長年親しんだLA TIMES の表紙の一面が,    それも普通の顔をして じゃあなんだったんださっきのは。  もう一度手にとって調べると、 ...すべて表示すべて表示

新聞の死んだ日

2010/3/6(土) 午前 1:43

うわ〜〜〜、なんじゃこれ? 今日はいい日だな〜〜なんていつものように新聞を取りに外に出て、 今日はどんなかな〜〜〜なんてビニール袋から新聞を出し、一面に目をやると おっかないおじさんの顔!何の事件が起きたんだ? だってこれLA TIMESの一面でしょ。 早速読んで見ると 「ジョニーデップは変な帽子屋」??? よくよく読 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事