早く人間になりたい!

平和な一日を送るのが目標なのに、いろいろあるな!

全体表示

[ リスト ]

悪徳商人たちの寄り合いを「規制改革・民間開放推進会議」というらしい。
学者も何人かいるようだが、全く意見は通らないようである。
しかし、これほど堂々と自分たちの業界や企業に利益誘導するのにはある意味立派。
金貸しや物貸しを営む極悪人がこの寄り合いを牛耳っているらしく、今まで、御法度とされてきた商売を次々と改革や緩和という美名のもと開放し、仲間内で儲けているらしい。
また、この連中とこれを取り巻くやからの言い草がすごい。

この寄り合いを後ろ盾しているのが、「規制緩和と民営化」「官から民へ」と資金や利権をお気に入りの町人へ誘導しているのが、純ちゃんと平ちゃんですから、公然と癒着を認めているみたいなものです。
それにしても、派遣労働者の規制緩和部分についての手配師側の発言は、許せないな。
格差があるから儲かるだから、格差こそビジネスチャンス。なんでしょうね?

労働市場の規制緩和で金貸しが儲かるとは思わなかったけど、巧の技やね。
企業の人件費が高騰すると、設備投資に資金が向かない、人件費の圧縮ができるとその分、設備投資にも余裕がでる。
リース屋と派遣屋がダブルで儲かる。
そこで働く請負や派遣労働者は安い賃金で過酷な労働を余儀なくされ、正社員が嫌がる危険な作業も多く、短い契約期間で社会保険もなく、命を切り売りしている。
労働基準監督署のがんばりどこやで!ぼーとしてたら、社会保険庁の二の舞。まずは、偽装請負を根絶せよ!

今度の規制緩和は、労働保険の民営化らしい。次は、保険屋さんが儲かります。
オリックスさん、また儲かりまっせ。
401kも思うようになったし、郵政民営も出来たのだから、金融業界は十分儲かったでしょう。
まだ、足りませんか?
でも、海のムコウのキリシタン伴天連の国々はまだまだ物足りないようです。


国民が広く恩恵を受けるのが、規制緩和や民営化であるはずなのに。
どこまで、吸い取るのどうしょうか?
これだけ、いじめれても結局、選挙で勝つのだから仕方がないか。
格差社会だけに、選挙に勝ったものが儲かるのね。


名言集

最近の国会答弁のヤジ「正社員になれない、派遣社員が悪いんだ!」というのも加えます。



「格差が出ることは悪いとは思わない。成功者をねたんだり、能力のある者の足を引っ張ったりする
 風潮を慎まないと社会は発展しない」
  (小泉純一郎  第89代内閣総理大臣)

「競争が進むとみんなが豊かになっていく」
  (竹中平蔵  第3次小泉改造内閣総務大臣)

「格差があるにしても、差を付けられた方が凍死したり餓死したりはしていない」
  (奥田 碩  日本経団連会長 トヨタ自動車会長)

「パートタイマーと無職のどちらがいいか、ということ」
  (宮内義彦  規制改革・民間開放推進会議議長 オリックス会長)

「非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです」
  (三浦朱門  元教育課程審議会会長)

「格差論は甘えです」
  (奥谷禮子  人材派遣会社ザ・アール社長 日本郵政株式会社社外取締役 アムウェイ諮問委員)

「フリーターこそ終身雇用」
  (南部靖之  人材派遣会社パソナ社長)

「業界ナンバー1になるには違法行為が許される」
  (林 純一  人材派遣会社クリスタル社長)

この記事に

閉じる コメント(13)

おはようございます。考えさせられる記事ですが概ね同感です。私は地方で零細会社を細々と営んでいますが、景気回復なんて感覚はいまだ感じません。労働界のみならず、ありとあらゆる社会で「格差」が大手を振ってまかり通っています。小泉政権5年間で本当に「してやられた」というのが実感です。かといって日本共産党のような非現実路線も容認は出来ませんけど…

2006/8/24(木) 午前 9:01 Joker 返信する

顔アイコン

おっしゃる通りです。デフレが格差を生んだという見方もありますが、経済状況や金融政策にかかわらず、日本の経営者と労働者はそのつど知恵を絞って乗り切ってきたのに、今回ばかりは乖離するばかりでどうなるのでしょう。

2006/8/24(木) 午後 9:27 [ dok*bak**akabo* ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、ふらりとやって来たら、この記事名作!
人材派遣会社の社長は、「業界ナンバー1になるには違法行為が許される」って、言ったの?!
三浦朱門、小泉・竹中を先頭として、後続するランナーが、このように見事に沢山おられて、人間の身体をまといつつも、餓鬼道に落ちて、ひた走っておられる!のでしょうかしらん。

愛情なき人々の群れ。
仁とは人を愛することなり」という孔子のことばがあるそうです。
漢字で書くと「仁者愛人」だそうです。
わたしたち平民は「愛人」主義で、たがいに助け合って、苦難の時代を、過ごしたいです

2008/9/14(日) 午後 6:14 mgm*wn 返信する

顔アイコン

転載させてくださいませ。

2008/9/14(日) 午後 6:16 mgm*wn 返信する

顔アイコン

こんなつたない文面でよければご自由に転載下さいませ。
それにしても、近年の社会情勢の変化と精神構造の変化はある意味、新愚民化政策の成功かもわかりません。どうしたものでょうか?

2008/9/15(月) 午前 1:14 [ dok*bak**akabo* ] 返信する

顔アイコン

愚民化政策は、どんどん進化・発展を遂げています。
昨今、昔の3S政策(SPORTS,SCREEN,SEX)なんぞ、お手の物で、今や
ゲームにケータイが加わり、ダイの大人も、ダイダイの年寄りもこぞって、愚民化大流行・大ブーム。
神田の本屋さんでは、すばらしい文化遺産的書物が、二束三文で売られている!(泣けますよ)今の状況、すさまじいものがありまです。

2008/9/15(月) 午前 9:27 mgm*wn 返信する

顔アイコン

しかし、向こうさんは「大量〜」は得意ですが、数名単位の小さな深い交流、草の根の動きは、とんとダメ。あちらさんは動脈を摑んでおられる、しかし、こちらが毛細血管をおさえているを忘れてはなりません。
助け合いによって、希望を産み出すこと、苦難を共にすること、生きるリアリティを共作り・共有する実感の手応えが、
〜この経済大国で飢餓による死者が出る〜今、
大切なことであり、有効なことと思いますが、いかがでしょうか?

2008/9/15(月) 午前 9:32 mgm*wn 返信する

顔アイコン

自分のささやかな現場で、一隅を照らす、
人によっては、仕事を作り出すこともできるかも。泣けなかった悲しみを聞いてあげられるかもしれない。鬱屈した思いを、「あなただけではない」と励ますことができるかもしれない。出口がないと苦しむ人に、遠いけれどもあそこに光が見えるよ、と指示せるかもしれない。ただ苦境であると認識し、見守る人がいるだけで、回復力が増す。
それぞれの場で、それぞれ希望を切り開くことができなければ、

誰かがどうにかしてくれる、という流れならば、

ファシズムの暴力が私たちを席捲する、でしょう。その手はいまや目の前まで迫って、わたしたち愚民が、お祭り騒ぎで反中国、反韓国の憎悪感情で燃え上がるのを待ちかまえています。

2008/9/15(月) 午前 9:33 mgm*wn 返信する

顔アイコン

ウェぺケレさんに教えていただきました。本当に新しい利権集団が誕生しました。ひどい話です。
「規制改革・民間開放推進会議」、「綜合規制改革会議」(改革会議と略称)を詳論しました。

http://blogs.yahoo.co.jp/miyasitama2000/54589144.html
【復刻版】小泉を抹殺せよ!

2008/9/15(月) 午後 7:19 [ - ] 返信する

顔アイコン

ウエペケレ様、仲村あきら様コメントありがとうございます。おかげで勉強になります。また新情報教えて下さい。

2008/9/16(火) 午前 3:53 [ dok*bak**akabo* ] 返信する

顔アイコン

転載させていただきました。

2008/9/16(火) 午前 4:10 [ - ] 返信する

顔アイコン

私の家庭は、私が自営の他競輪場のガードマン(日当5,000円)息子が職につけずフリーター、下の息子は大学(国立・私立)妻は夕刊・朝刊・集金と休みなし。寝る暇なし。貧しく慎ましい毎日。世の中は市場原理優先で偽装満杯。格差は広がるばかり・・。どうすればいいのでしょうかね。溜息です。

2008/9/19(金) 午前 10:23 [ kabanotakara ] 返信する

顔アイコン

派遣などの非正規労働者が急増して、これがあたりまえになっているのが一般的な家庭なのかも分かりません。企業もこれが収益をあげる手段と錯覚しているようです。でも、本来の競争力ではありませんよね。短期的利益ばかり要求する株主の影響でしょうか。

2008/9/20(土) 午前 6:02 [ dok*bak**akabo* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事