日本古写真倶楽部

ここはガラパゴス世界です。

全体表示

[ リスト ]

袴腰港

イメージ 1

昭和36年3月31日鹿児島 袴腰港 桟橋にて                  05005

[ ポンコツさん・小金井橋さん情報 ]
手前の車はフロントのダットサンエンブレムの形状からみて、昭和30年12月〜31年5月生産の、ダットサン112型ですね。フェンダーのでっぱりは純正のウインカーです。
後ろのバスは当時の西桜島村営バス(→桜島町営バス→合併で現・鹿児島市営バス)です。白い車体に青のラインが入っていました。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

これはタクシーなので、フェンダーミラーではないでしょうか。欧州スタイルの砲弾型ミラーのようにも見えるのですが…。詳しい方の解説をお待ちします。
後ろのバスは当時の西桜島村営バス(→桜島町営バス→合併で現・鹿児島市営バス)です。白い車体に青のラインが入っていました。

2012/9/29(土) 午前 11:19 [ 小金井橋 ]

顔アイコン

フロントのダットサンエンブレムの形状からみて、昭和30年12月〜31年5月生産の、ダットサン112型ですね。
件のでっぱりは純正のウインカーです。

小金井橋さんのおっしゃるようにタクシーですので、当時の流行だった、側面の塗り分けが施されています。
車が高級品だった時代、客の側も『どうせ乗るなら新型や高級な車』という心理があり、デラックス仕様のサイドモールを車に付けると、客の付きが良いということで、タクシーにモールを取り付けるのが流行しました。
この車は、トヨペット・コロナのモールを模しているようですが、お手軽に、モールは付けずに色塗りだけですね。

2012/9/29(土) 午後 3:42 [ ポンコツ ]

顔アイコン

なるほど、そうでしたか。ありがとうございました。タクシーも時代の良き象徴ですね。気をつけて眺めることにしたいと思います。

2012/9/29(土) 午後 9:01 [ 小金井橋 ]

顔アイコン

小金井橋さん、ポンコツさん、情報ご提供まことにありがとうございます。記事に転載させていただきました。

2012/9/30(日) 午後 5:29 どきどき


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事