日本古写真倶楽部

ここはガラパゴス世界です。

全体表示

[ リスト ]

江ノ島  江の島

イメージ 1

撮影年不明、 「相州江之島」               05050

印画紙が鶏卵紙ですのでかなり古い時代ではないでしょうか。「ゑびすや」の看板らしいものが屋根に見えます。
イメージ 2
 
イメージ 3
 

閉じる コメント(5)

顔アイコン

木橋の江ノ島桟橋(現・江ノ島弁天橋)が島寄りの水域だけに開通したのが明治24年(1891)、現在と同じ位置に陸地と島を結ぶ長い木橋が開通したのが明治30年のことでした。この写真の右端を見ると木橋の橋脚がかすかに見えるような、見えないような印象で、よく判りません。江ノ島の建物が小さくて少ないところから、明治時代のかなり古い時期の撮影であることは確かです。

2012/11/1(木) 午後 11:35 [ 小金井橋 ]

顔アイコン

小金井橋さん、明治末か大正期といったところでしょうか …

2012/11/2(金) 午後 1:46 どきどき

顔アイコン

どきどきさん、写真拡大ありがとうございました。木橋がはっきり写っていたのですね。造りから見て明治30年以降の橋(台風や高潮のたびに流されて、その都度架け直しが昭和23年まで行われていた)のようです。従って撮影は仰せのとおり明治末期から大正初期にかけての頃としても良いと思います。

2012/11/2(金) 午後 8:09 [ 小金井橋 ]

顔アイコン

「ゑびすや」の看板は明治からあるみたいですね。店は現在も継続している様子、すごいですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/dokidoki_puck/11820076.html

2012/11/2(金) 午後 10:36 どきどき

顔アイコン

今も「御料理旅館 恵比寿屋」は盛業中ですね。創業350年になるとか。大したものです。当時の海辺は一部埋め立てや整地が行われて、現在は橋の袂がバスターミナルとなり、「恵比寿屋」はこの写真よりやや奥まった位置にあるように見えますが、敷地は変わっていないようです。

2012/11/2(金) 午後 11:27 [ 小金井橋 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事