日本古写真倶楽部

ここはガラパゴス世界です。

昭和40年代

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

撮影年不明。1970年ころ                        05094

[グズグズ]さんより情報をいただきました。
写真の軽四はダイハツフェローピックアップですね。調べたところ1966年11月新発売とありました。

飛行機

イメージ 1

撮影年不明     絵葉書

[ ポンコツ ]さんより機体情報をいただきました。
イギリスの輸送機、アームストロング・ホイットワース AW.650 アーゴシーです(Armstrong Whitworth AW.650 Argosy)
この機体G-BEOZ は、イギリスの航空博物館に現存しています。

この機体は1960〜72年までアメリカで運用されており、イギリスに戻りG-BEOZ で登録されたのが1972年2月です。
よって、この絵葉書は少なくとも昭和47年以降のものです。

何でもない風景

イメージ 1

撮影年不明、昭和40年代末ころと思われる。 場所も不明、ビルにある「麻雀みなづき」「焼肉コーリャン」「パチンコ ニューセンタ–」どれも検索に引っかかりませんのでビル自体もう存在しないかも知れません。
セリカがいますね。

銚子•大神幸祭

1970(昭和45年)4月8•9•10日第52回 大神幸祭 20年に一度開催されるお祭りのようです。
イメージ 1
  04715 神社のようですが東大社でしょうか。
イメージ 2
  04716
イメージ 3
  04717
イメージ 4
  04718
イメージ 5
  04719
イメージ 6
  04720 神官が 鳳輦(ほうれん)? 神輿?を積んだトラックの前でお祓いをしているようです。 そういえば最近「鳳輦けいぼう」さんのご来訪がありませんねぇ。
イメージ 7
  04721 
イメージ 8
  04722 
イメージ 9
  04723 
イメージ 10
  04724 
イメージ 11
  04725 
イメージ 12
  04726 
イメージ 13
  04727 
イメージ 14
  04728 
イメージ 15
  04729 
イメージ 16
  04730 
イメージ 17
  04731 
イメージ 18
  04732 
イメージ 19
  04733 
イメージ 20
  04734 
イメージ 21
  04735 車は「DATSUN 1800」と書いてあります。折しも日産プリンス銚子出張所の前ですね。
イメージ 22
  04736 
イメージ 23
  04737 
イメージ 24
  04738 
イメージ 25
  04739 
イメージ 26
  04740 
イメージ 27
  04741 
イメージ 28
  04742 装束の裾からズボンが出て、革靴をはいているようです。 
イメージ 29
  04743 
イメージ 30
  04744 
イメージ 31
  04745 
イメージ 32
  04746 
イメージ 33
  04747 
イメージ 34
  04748 
イメージ 35
  04749
イメージ 36
   
銚子マイクロ、ルポ記事
一千年の伝統を誇る
東大社銚子大神幸祭
4月8、9、10日にわたり 銚子市をあげての祭である。また20年に1度の祭とあって銚子市その周辺の町からも集まり、市内は人の山となった。芸能は大名行列、頼朝公富士の巻狩り。そのた5種類、おみこしなどがくりだされて総勢1,000名をこえた。
4月3日くもり東大社けいだいにより8、9、10日ぶひかえてリハーサルがおこなわれた。8日7時より東庄町宮本にある東大社を出発し、19の関所をもうけて芸能をおこないながら、東大社の鳳輦(ほうれん)がはるばる外川町までお浜下り(汐汲み)にくる。

銚子のとなり東庄町宮本にいまから、およそ1,850年前 景行天皇、東国御巡幸のとき東海の鎮護としてまつられた東大社がある。
御祭神は神武天皇の御母君王依姫の命にましまし大神様の名で一般にしたしましています。古来海上の総社また旧東庄33郷の総氏神として、みんなに敬まわれ、幸運、大漁、授子安産の大神として信仰されている。堀川天皇の康和4年高見の浦(今の高袖を中心とする銚子地方一帯の海)に突如大津波が起こり天地晦異振動が止まず、生命、家財を失うものの数をしらぬ有様であった。平月8日大神の神輿はるばる高見の浦に幸し厳かな祭祀を営むに及んで海上初めて波静まり晴渡って天日再び輝き、年に大漁豊作が続いて民は豊かに里は栄え人々は広大な神恵に感泣した。
天下に名高い銚子大神幸の起源は実にここに存する。
その後毎年高見の磯に神幸があったが天永元年より20年に1度の制に改め以って今日に至る。
45年は第52回式年、大神幸の佳年に相当する。4月8から3日間氏子関係者が神輿に従い、古式豊かな衣装をつけて旗を捧げ伝統に輝く郷土芸能をひろうしながら行く。 交通の事情で道中は車も利用することになっている。 (手書青焼原文のまま)
イメージ 37
  04750 
イメージ 38
  04751
イメージ 39
  04752
イメージ 40
  04753
イメージ 41
  04754
イメージ 42
  04755
イメージ 43
  04756
イメージ 44
  04757
イメージ 45
  04758
イメージ 46
  04759
イメージ 47
  04760
イメージ 48
  04761 これが最後の写真となります。 

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事