ドクダミの詩

ドクダミ(十薬・ジュウヤク)の名実ともの復権を願って・・・健康井戸端会議第二弾

新しき邂逅

これは、偶然なのだろうか、あるいはまた、必然というものなのだろうか、とても運命的な出遭いの素晴らしさを、久々に、体験して、年甲斐もなく、感激してしまった・・・。
輪島からやはり、路線バスで、山越えの門前行に乗った。門前は、今は輪島市に合併されたが、曹洞宗の大本山、総持寺のある門前町である。14世紀、行基建立の密教系寺院、総持寺、とても著名だ、一度は拝見したいと考えていた、併せて、この日のお昼は、山門近くにある手仕事屋という蕎麦屋にしようと考えての、門前行である。
蕎麦は旨かった、しかし、それ以上に、興奮したのが、置かれていた「能登」という雑誌だった。最初に書いた10数年前の能登とゆかりあるのかと、思って、雑誌発行者に電話したら、全く別物だった、ページをめくっていて、眼を引いたのが、連載「大波小波」。深澤君の娘の名前から、波には縁があるが、きっと、人生の大波小波を乗り越えて、母は信楽の陶芸家に、娘は、写真家になった、母と子のモノガタリ、創刊以来連載している「中 乃波木フォトエッセー」、文体も、母と子の高校時代の手紙のやりとりも、胸にジーンと浸みて、このアトリエに訪ねてみたくなった。
時計を見た、2時過ぎだ、飛行機の出発は4時半過ぎ、アトリエは旧柳田村、タクシーを飛ばせば、訪問は可能だ、問題はアトリエに陶芸家や写真家はいるのか、電話した、陶芸家が出てくれた、感動した、すぐに車を頼んで、向かった、相当走った、運転手も、一時迷った、でも、着いた!嬉しかった!細い山道の、奥の、木々の茂みの中に、アトリエはあった、「陶房 眠兎(トウボウミント)」
作家・十七波(となみ)さんが、優しく迎えてくれました。わずか、数分の訪問でしたが、一個だけ、一輪挿しを戴くことができて、感動しました。大事にします。そして、私も始まった23個の一輪挿しのために、参考にします。
能登さとやま空港の展望室で、一杯の冷酒を戴きながら、大波小波を改めて、読み返し、アトリエを思い切って訪ねて良かったと、思いました。
イメージ 1
そして、5日、自宅に戻り、しばらくぶりで、パソコンを開き、フェイスブックを開けました。「娘はやってるようです、フェイスブック」と言ってましたので、検索して、解ったのは、なんと、前の日に、深澤君の環波神社で撮影していた、公式カメラマンさんが、エッセーを書く写真家、中乃波木(なか のはぎ)さん本人ではないですか!
私は深澤君のすぐわきに居たのですが、彼と彼女は、神社の鳥居に海水がかかる、満潮の日程を調べている、そんな会話の最中でした。
「今度、その瞬間を狙います」そういう公式カメラマン嬢の、爽やかな、美しき表情と、言葉に、私は、まるでその場に、神代の天女が舞い降りたのか、そんな感動の中にいました・・・。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

輪島に遊ぶ


wajimakiriko

旅の二日目、珠洲市を9時半に出発、路線バスで、能登さとやま空港へ。そこからまた、路線バスで、輪島へ。駅前というから、鉄路かとおもいきや、道の駅前の意味でした。過疎化、若い方々は金沢や、関西名古屋、あるいは東京へ、出て行って、祭りのときだけ賑わう・・・いずこも同じ人口減現象、仕方ありませんね、我が国の人口はやがて、江戸期に接近してるんですから。そんな中、全国各地で、現代アートによる街おこし、それなりの効果が上がってる芸術祭が多いようです、珠洲市の泉谷市長が、現代アートの束ね役のお一人、北川フラムさんとの接触で、4年前に、アートの珠洲興しを閃いたのも、なかなかの決断センスだと思いますよ。私も初めて、彼の表情を見て、お話聞いたときの第一印象は、この方、ロマンティストだな、そういうことでした。ま、大体が、現代アートを語ったり、企画したり、選択したりする方って、荒唐無稽のロマン性を秘めてないと、できませんよね。さて、旅二日目の午前中は、輪島です。その動画を見てね。(次が終わりです。少し待ってね)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

再会と新しき出遭い


asasanpo

夕食のあと、素晴らしい出会いが二件、ありました。一人は綾子さん。彼女は去年の深澤県北芸術祭で、西日本からわざわざ、常陸太田にいらしてくれた方、背が高く、すらりとして、夢とロマンに生きる美人です。奥能登芸術祭では、知人のアーティストが最果てのキャバレーという企画作品をされるために、瀬戸内海から車を運転して珠洲市にいました。私も1年ぶりの再会!感動の一瞬でした。そして、そのあとは、歌を歌いに街のスナックへ。さくらんぼという名前の、宮本信子さんに似た、可愛いママさんが居ました。話が合いました。楽しかったです。そして、ぐっすり休んで、翌朝の散歩風景を動画にしました(つづく)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

旨い!珠洲のホテル!

僕の最近の旅は皆、JTBに切符とホテルは頼む。飛行機でも列車でも、切符の手配は結構面倒だ、そして宿泊先も、なるべく当たり外れがない方が快適だ。ゆえにJTB。良いと思う。
さて今度の奥能登の旅、宿泊先は珠洲市の珠洲ビーチホテル。平成8年かな、豊かな海づくりのイベントの際、天皇皇后陛下も泊まられたところだから、地域一番の豪華さだろう、眺めも、料理も、満足だった。美味しかった。
イメージ 1イメージ 2イメージ 3イメージ 4イメージ 5
食前酒は桜田酒造の小さな梅酒、先付は月夜ぼぶら羹、向付は地魚盛り合わせ、蓋物は元祖・大浜大豆お手前豆腐、八寸は山海の幸盛り合わせ、郷料理はいしる陶板焼き、温物は茄子田楽、御菜が能登牛鍬焼き、食事は荒磯御飯、留椀が青梅 魚麺、漬物は二種盛り合わせ、水菓子・渚の月あかり、料理長が、浅田尚彦さん。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

初めての奥能登の旅、深澤アートを観ることの他に、もう一つの大事な要件があった。ホントなら、この奥能登・珠洲への旅は、今から14年前、親戚の叔母たちと一緒に来るはずだった。
その年、そうです、2003年、能登空港が出来た年、私の街では、平安の昔から1200年続いている祭り、金砂神社大祭礼が10日間行われた年です、染色作家だったか、陶芸家だったか忘れたが、能登という雑誌にある幼児期の思い出話が載った。そして、当時放送されていた能登のラジオ局で、その思い出と、祭りの話をさせてもらった。祭りは、キリコとの絡みもあり、パーソナリティーだった「魔異夢」(まいむ)さんが、「お互い、日本の原風景のまつりで共通ですね」と〆てくれた。
幼き日々の思い出話というのは、こういうことです、町はずれの川岸で、旅館兼食堂をしていた、親戚(祖母の兄と姪)に、泊まりに行って帰る朝、暑気受けないようにと善意で飲ませてくれた生卵、山奥までのガタゴト道でバスが揺れ、もどしてしまい、以来ずっと生卵が嫌いになってしまった私、やがて、その姪は。奥能登・珠洲市の旧家に、父を連れて嫁に行く・・・。何故嫁に行くことになったのか?太平洋戦争中、職業軍人として、奥能登から茨城の地に来ていた男性、TSさん、気立ての優しい姪に惚れた、そして求婚するが、「父を置いてお嫁に行けぬ」TSさんは情熱の男、「それなら御父上も一緒にもらう!」旅館を畳んで一大決心、奥能登に嫁いだ。
名前をミサチャンという。
私の父や叔母たちと従妹になる。まだ元気だった2003年頃、逢いに行けばきっと喜んでくれたはず。
しかし、実現しなかった。
父も叔母も、そして、数年前にはそのミサチャンもあの世に逝ってしまった。
せめて、線香の一本、お花の一把も供えてあげたい。それもまた、今度の旅の目的だった。
幸い、TSさんの弟さんと、その奥様が珠洲市蛸島に、元気でいた。深澤作品を観た後、その家を訪ねた。とても親切に、今は、どなたも住んでいない空家のTSさんとミサチャンの家を見せてくれた。そして、二人が静かに眠る浄土真宗のお寺を案内してくれた。弟さんの奥様が、生前の二人の事を話してくれた。「TSさんは市役所を定年退職した後、一念奮起して、水彩画家になり、何度も個展をやりました。とても良い兄夫婦でした」
イメージ 1
遠隔の地から、父を連れてでも、愛する人と添い遂げたかった奥能登の男は、やはり愛とロマンの方だった。墓参を終えて、私は、私を卵嫌いにさせた女性(ひと)は、生まれ育った故郷からずっと遠い奥能登で、幸せな一生を送ったことが解って、ホッとした充足を味わっていた。(つづく)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事