全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全419ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

腸内フローラと酪酸菌

善玉菌は?
と言えば乳酸菌かビフィズス菌と答える人が殆どです。
善玉菌は乳酸菌、酵母菌、ビフィズス菌だけではありません。
腸内細菌は1,000種類1,000兆個と言われます。(細かく分類すると約3万種類)
その中で一番多いのが嫌気性の酪酸菌(土壌菌)です。
小腸約6mには、乳酸桿菌、乳酸球菌、酵母菌、大腸1.5m上部はビフィズス菌が生息します。
そして、酪酸菌は腸内フローラで一番種類が多く、腐敗菌や病原菌を抑制して腸内細菌のバランスを維持して、様々な有用物質を作っています。
但、現時点の研究で、酪酸菌の事は数%しか解明されていません。
そして、1,000種類の菌が共棲して、菌同士が戦い助け合って腸内フローラを形成しています。
しかし研究する先生は1種類の菌を培養して研究しているので、腸内フローラの全容は解明できません。
潰瘍性大腸炎などを発症する人は、クロストリジウムブチリカムが生息しないので、便移植などの治療が行われていますが1種類の菌ではありません。
その他、最近の都会の子供たちには、日本人固有の嫌気性菌「プレボテラ」がいない事も解って来ました。
酪酸菌が減少する原因は幾つかあると思われます。
1,化学物質(添加物、農薬、医薬品)やアルコールで死ぬ。(農薬で土壌菌が死ぬのと同じ)
2,エサ(食物繊維)が少ないと減少する。(土壌菌は食物繊維を発酵させる)
3,嫌気性菌なので、酸素に触れると死ぬ。(小腸で乳酸菌が発酵して酸素を消費して、小腸で酸素を吸収する事が重要)
4,補充しないと菌の種類や菌数が減少する。(毎日、酪酸菌入りの糠漬けなどの発酵食品を食べる)
酪酸菌減少=下痢、軟便(お酒を良く飲む人や肉食の人、)、便秘(繊維質、発酵食品不足)、大腸憩室炎、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、大腸ポリープ(内視鏡で取っても又出来る)、大腸癌、痔
腸内フローラの健康を維持するためには?
1,小腸の乳酸桿菌、乳酸球菌、酵母菌を元気にする穀類、発酵食品。乳酸菌生産物質もお勧め
2,大腸上部のビフィズス菌を増やすオリゴの摂取
3,酪酸菌を補充する糠漬け(キュウリの糠漬けを11本食べると便が変わる人が多い)
お勧めの食養生(基本は和食)玄米菜食が無理なら、白米に押し麦やビートオリゴを入れて炊いて下さい。発酵食品を種類多く、繊維質の多い食品を食べる。(腸内発酵を促し、毒素を吸着排泄)
焼肉、焼き鳥、動物性蛋白は控える(ウエルシュ菌などの腐敗菌が増殖、発癌性物質ベンツピレンの生成)
炒め物、揚げ物、酸化した油、高温調理は控える(発癌性物質アクリルアミドやベンツピレンの生成)
6月のプレゼント、ビオネ「酪酸菌」には、多種類の酪酸菌(生菌)を含有しています。
おからを多種類の酪酸菌で発酵させた原料(生菌)で作られたカプセルです。
脂肪分解菌、蛋白質分解菌、食物繊維分解菌、糖質分解菌を含有し、発酵を助けます。
夕食後に1カプセル飲用してください。
体調によっては、最初の数日は2〜4カプセルをお召し上がり下さい。
 
大阪府豊中市7月講演会のお知らせ「アンチエイジングと腸内フローラ」
76日(金)上野東・四つ葉サロン
モノレール少路駅徒歩9分午前の部1030分〜12時、午後の部1330分〜15
ふるさと広場曽根店0668574039
ラジオ大阪1314OBCドクトルかっちゃん「笑顔で元気」
井草克一&仲みゆき                                         
放送音声http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC180620_Dr_K_Egao.mp3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

植物も動物もネバネバ成分が体を守っています。
ネバネバ成分は、糸をひくようなネバネバ食品に含まれています。
ネバネバ成分は、植物が自分の身を守るため(種を守る、膜を作って水分をキープ)に含有します。
 粘りの正体は、大きく分けて2種類あります。
一つは多糖類を主体にした粘りのある食物繊維、もう一つタンパク質を主体にしたもの。
さらにネバネバ・ヌルヌル食品は、多糖類とタンパク質がくっついたものなどもあり、様々な種類があります。
よく聞くムチンは、唾液、涙、胃液など動物の粘膜の表面に分泌される粘液で、植物のネバネバ成分とは違う物質です。
ムチンは、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりにくくする働きをしています。
 
食物繊維(多糖類)のガラクタンやマンナン、そこにタンパク質などが結合したネバネバ物質は、身近なところでは、オクラや長いも、山芋などの植物や納豆にも多く含まれています。
多糖類は、水溶性食物繊維で、酪酸菌のエサになり、腸内環境を整えることにも役立ちます。
免疫細胞が集まっていると腸内環境が整い免疫機能もきちんと働くことで、風邪やインフルエンザの予防にも役立っています。
キノコや海藻等に含まれる多糖類が、免疫機能を高めるといった研究報告はありますが、食べ物として食べる場合にどれだけ食べれば効果があるのかということはまだまだ明らかではありません。
ただ、舞茸は体重の10002000分の1の摂取で、ウイルスを撃退できる事が確認されています。
長芋については、長芋に含まれるディオリスコリンAというタンパク質には抗インフルエンザウイルス活性(型にもよる)があることがわかり、有効成分を抽出した食品の開発なども研究されています。
◆ワカメ、メカブに含まれるヌルヌル……フコイダン
フコイダンは海藻のネバネバ成分です。これまでにも、フコイダンは免疫力を高める働きや抗血圧作用の他に、ガン細胞が自滅するように誘導する働き「アポトーシス(自然死)」が確認され、ガン治療の分野などで注目されています。
インフルエンザウイルスの抑制に効果がある成分が含まれていると注目されているメカブ フコイダンは風邪ウイルスの感染を抑制することにもスポットライトが向けられました。
風邪ウイルスに対して、メカブに含まれるフコイダンが有効であるという報告も発表されています。
◆生活全体を見直し、規則正しい生活を
インフルエンザや風邪をひかないためには、ウイルスに負けないように抵抗力を高めておくことがポイントです。
ネバネバ食品に役立つ栄養成分が含まれているから、あるいは何か特定の食材や健康食品が体によいからといって、それだけをとるような偏った食べ方は禁物です。
栄養成分は、お互いに助け合って働いています。
幅広い食品から、様々な栄養成分をバランスよく摂取できるようにする事が重要です。
特に、穀類、根菜類、キノコ、緑黄色野菜、小魚、そして発酵食品を種類多く食べる事も重要です。
その他、食事だけでなく、十分な睡眠や休養も必要です。またストレスが免疫力を低下させるとも考えられていますので、ストレス発散のためのストレッチや運動、リラクゼーションなどを心がけ、心身を癒して、気力・体力を養うことも必要ですね。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

高温多湿で体調を壊しやすい時期ですね。
天気が悪い日は気圧が下がって、血液循環も悪くなります。冷たい物は控えて温かい物の飲食が良いです。
湿度が高い日が続くと、畳やカーペットにはカビが増え、カビをエサにダニが増えます。
この時期はエアコンを使って、密閉状態の家も多く見られます。
天気の良い日は、窓を開けて空気の入れ換えをして下さい。
特に湿度が上がると雑菌も増えて食中毒の原因にもなります。
調理器具や食品の管理も大事です。
まな板などの調理器具は熱湯で洗うこと、スチーム洗浄機があれば便利ですね。
カレーやシチューなどの食品の管理は、冷凍が一番ですが、お茶などは70度以上の熱いうちに密閉容器に入れると常温で長期保存が可能です。(フタの白いペットボトルは耐熱性)
生鮮食品は加熱調理をする事。
食中毒を起こす菌
「サルモネラ菌」乾燥に強く熱に弱い。卵、半熟オムレツ、魚、肉のたたき、生レバー
食後6〜48時間で発症します。吐き気、腹痛、下痢、発熱、頭痛
「黄色ブドウ球菌」皮膚、鼻の中にいる菌で、調理前に傷やニキビを触らない事。おにぎり、弁当、巻き寿司、サンドイッチなど。毒性が強く、加熱しても毒素は分解しません。
食後30分〜6時間で吐き気、腹痛
「カンピロバクター」乾燥に強く、加熱すれば死滅する。潜伏期間が長く、食後2〜7日で下痢、発熱、吐き気、腹痛、筋肉痛。鶏肉、野菜、湧き水、ペット
「腸管出血性大腸菌」O157O111、加熱で殺菌できる。肉、生野菜、井戸水
食後12〜60時間で激しい腹痛、下痢、下血
E型肝炎ウイルス」加熱で防げる。加熱不足の豚肉、レバーなどの内臓。感染〜6週間でだるさや黄疸
「ノロウイルス」加熱殺菌で防げる。牡蛎などの2枚貝や患者の吐瀉物など。
食後1〜2日で吐き気、下痢、腹痛
多くの細菌やウイルスは十分な加熱で予防できます。
ただ、芽胞を作るウエルシュ菌やセレウス菌は高温にも耐えますので、付着した食品は調理後の食品管理(冷凍)が大事です。
食中毒も同じ物をたべて、発症する人と発症しない人がいます。
違いは腸内フローラと腸管免疫です。
腸内フローラを発酵型にしておくこと、日々の食養生が大事です。
基本は和食で発酵食品を種類多く食べる事。
小腸の乳酸菌や大腸の善玉菌(ビフィズス菌、酪酸菌)を増やすオリゴ糖や食物繊維の摂取。
乳酸菌やビフィズス菌、酪酸菌が発酵すると、乳酸、酪酸、プロピオン酸などの有機酸を作り、腸内を酸性にしてお腹を守ってくれます。
便の色(ビリルビン)で発酵型、腐敗型を確認する(発酵=酸性⇒黄色、腐敗=アルカリ性⇒黒)
その他予防には乳酸菌生産物質やオリゴ糖、酪酸菌の摂取などもお勧めです。
ラジオ大阪1314OBCドクトルかっちゃん「笑顔で元気」
井草克一&仲みゆき                                         
放送音声http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC180606_Dr_K_Egao.mp3

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

現代人はミネラル不足。
ミネラルは主に十二指腸で吸収されると言われています。
酪酸菌によってキレート化すれば、他の部位でも吸収されると思われます。
酪酸菌は補充しないといけないので、糠漬けは毎日食べて頂きたいですね。
それと十二指腸の働きを活発にする事が重要です。(乳酸菌生産物質がお勧め)
ミネラルは様々な働きをしています。
Ca 体を維持 血小板凝固
骨粗鬆症を予防。脂肪吸収を阻害してダイエットに効果。
ダイエット中は、食事制限でカルシウムが不足。
筋肉細胞にとって潤滑油のような役割で筋肉の働きを良くする。
不足すると、筋肉が痙攣を起こす。
神経の伝達機能及び興奮の抑制などの役割を持っていて精神状態が安定。
高血圧は、塩分の過剰摂取が原因といわれていますが、実はカルシウムが不足で高血圧になる。

不足すると、副甲状腺ホルモンなどが働きだし、心臓や血管の収縮を助長することで血圧の上昇に関与します。

胃がん、大腸がん、肝臓がんの三種の細胞にカルシウムイオンを加える実験を実施し、がんの治療にカルシウムが役立つ可能性があることを細胞レベルの実験で確認されています。

★欠乏症と過剰症
 カルシウム不足は骨や歯の軟化、成長不良、骨粗鬆症などを引き起こす他、脳神経・腎細胞などの組織呼吸を低下させます。
また、神経が過敏になり、精神面に支障をきすといわれています。
カルシウムの吸収を高めるために、マグネシウムもいっしょに摂る必要があります。
1日の上限量は2,300mgとされています。摂り過ぎると弊害があります。
Mg・マグネシウム、偏頭痛対策のミネラル!
現現代社会人の代表的な慢性疾患である偏頭痛の予防にマグネシウムが期待されています。

また、中性脂肪や血圧の安定などの効果もあり、生活習慣病予防にも役立ちます。

Zn・亜鉛、「味覚の正常を保つ効果」特に、「女性ホルモンの正常作用」や「コラーゲンの生成」
Fe・鉄、赤血球の主成分であるヘモグロビンを構成する重要な要素で、不足すれば貧血の原因となります。
成人女性の5人に1人は、鉄分不足による貧血といわれています。
脳内ホルモンのセロトニン、ドーパミン、メラトニンの生成
体温上昇や筋肉運動のエネルギー源(ミトコンドリアのATP生産に必要)
活性酸素の除去(SODの働きを活性化)

免疫機能(リンパ球、好中球の働きの維持)

Se・セレン(セレニウム)には体内の余分な活性酸素が悪さをしないように除去する働きがあります。
Cr・クロム、正常な糖代謝や脂質代謝を維持するために重要なミネラル。
特に血糖値の調節に対する作用。
S ・硫黄、皮膚や髪などの健康を保つ働きがあります。
また、水銀やヒ素などの有害ミネラルの蓄積防止や細菌感染の抵抗力向上などの働きがあります。
ビタミンB郡とともに脂質などの代謝にも作用します。
Cu・銅、快適な睡眠のために!
Co・コバルト、バイオリズムの正常化に!外国でコバルトの不足により羊や牛が貧血や筋萎縮
Mo・モリブデン、老廃物である尿酸の代謝に!
モリブデンは、肝臓や腎臓で有害物質を分解する酵素の働きをサポートするミネラルです。
また、鉄の働きを促す酵素の主成分でもあり、血液に深く関わるミネラルです。
I・ヨウ素、甲状腺ホルモンの成分として発育を促進しますので、幼児には大事なミネラルです。
基礎代謝を高めたり、脂肪を分解する働きがあります。
不足が続くと甲状腺腫を引き起こします。
Mn・マンガン、疲労の蓄積を防ぐ!
マンガンは消化などを助ける働きやタンパク質の合成やエネルギーづくりに役立ちます。
愛情ミネラルとも呼ばれており、不足は愛情志向がなくなるといわれています。
K ・カリウム、高血圧の予防・対策に!
筋肉の収縮を補助。腸内の筋肉収縮を促進することで便秘の改善に役立ちます。
全てのミネラル摂取には、ママカル1500万年と海草物語がお勧めですね。
ラジオ大阪1314OBCドクトルかっちゃん「笑顔で元気」
井草克一&仲みゆき                                         
放送音声http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC180530_Dr_K_Egao.mp3

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

年と共に骨粗鬆症が気になる方が増えてきますね。
カルシウムは年と共に不足する?
骨や歯を形成する原料だと思っていませんか?
カルシウムは子供さんから若年層でも不足しがちで、生命活動の中心的なミネラルです。
体重の約2%(体重50kgの人は約1kg)のカルシウムがあります。
骨や歯の貯蔵カルシウムが99%と血液、神経、筋肉中の機能カルシウムが1%あります。
機能カルシウムが不足すると、貯蔵カルシウムが浪費されていきます。
機能カルシウムの働きは、神経伝達、筋肉の収縮、緊張や神経興奮の緩和、出血時の血小板凝固作用、ホルモン調整、細胞の新陳代謝の促進、胃酸の分泌調整、鉄分などの代謝補助など様々な働きをしています。
不足すると、骨粗鬆症、歯の病気、成長不良、神経過敏、高血圧、動脈硬化、変形性関節症、アルツハイマー、腎臓結石、その他様々な症状が出てきます。
但、摂り過ぎても様々な症状が出ますので、人工的に作った「吸収の良すぎるカルシウム」の過剰摂取も問題です。
高カルシウム血症、心臓病、プラークなどのリスクがあります。
摂り過ぎても害の無い自然なカルシウムがあれば良いですね。
実はそんな理想的なカルシウムを作った方がいます。
本日のゲスト「アイリス株式会社・杉本孝雄」さんです。(出会って38年)皆さん何歳に見えますか?
杉本さんの元気の秘訣・40年以上前から海草物語の主原料「アッケシ草」と30年以上前からママカル1500万年をご愛用されています。
風化ニシキ貝化石カルシウムに着眼されたのは何故ですか?
北海道の札幌に病院を2つ経営されていた川村昇山先生という方がおられるのですが、カルシウムの研究を40年前からなさっており、カルシウム不足は病の根源とまでおっしゃっています。
研究されていた風化貝化石カルシウムが人の健康になくてはならないものとわかってきた時、だれかこの風化貝カルシウムを商品化し世にだしてくれる人はいないか?
これをやれるのはアイリスの杉本社長以外にはいないから、是非生涯の責務と心得てやってほしい、応援するからといわれました。
川村先生が命をかけて研究されていたのを、よく存じていましたので、私がこのカルシウムを世に広めていくのが使命だと思っております。
ママカル1500万年の特徴は?
例えば風邪などひいた時に服用する薬は早く効いてほしいですよね。これは少し難しい言い方ですがイオン化されているものです。
ママカル1500万年はイオン化されてないカルシウムです。
イオン化されていないものは私たちが普段食べている野菜や魚、お肉、海草等です。
ママカル1500万年は天然素材の有機の食べ物ですから食べ物と同じ様に吸収されます。
イオン化されてないカルシウムはママカルの一番の特徴です。
どんな方にお勧めですか?
結論ですがほとんど皆さんに必要なものです。
先日ノーベル賞受賞の山中伸弥先生が出演された、公共放送、人体シリーズでも放送されましたが、骨は臓器であるとも言われていました。
骨は体を支えるためだけではなく、色々なホルモンを出しているとのことです。
若返りのホルモン、記憶を司るホルモンなどなどです。
骨を丈夫にしたい方、若返りたい方にお勧めです。
ママカル1500万年でいくつになっても骨は若返ります。
骨美人になりたい方には大変おすすめです。
ラジオ大阪1314OBCドクトルかっちゃん「笑顔で元気」
井草克一&仲みゆき                                         
放送音声http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC180523_Dr_K_Egao.mp3

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

全419ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事