全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全428ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

大切な栄養素「ミネラル」しかし、吸収しなければ働きません。
ミネラルは十二指腸で吸収されます。
骨粗しょう症や貧血は十二指腸の老化や吸収力の低下も原因です。
ミネラルは様々な働きをしています。
Ca 体を維持 血小板凝固
筋肉細胞にとって潤滑油のような役割で筋肉の働きを良くする。不足すると、筋肉が痙攣を起こす。
神経の伝達機能及び興奮の抑制などの役割を持っていて精神状態が安定。
高血圧は、塩分の過剰摂取が原因といわれていますが、実はカルシウムが不足で高血圧にもなります。
不足すると、副甲状腺ホルモンなどが働きだし、心臓や血管の収縮を助長することで血圧の上昇に関与します。

 胃がん、大腸がん、肝臓がんの三種の細胞にカルシウムイオンを加える実験を実施し、がんの治療にカルシウムが役立つ可能性があることを細胞レベルの実験で確認されています。

★欠乏症と過剰症
 カルシウム不足は骨や歯の軟化、成長不良、骨粗鬆症などを引き起こす他、脳神経・腎細胞などの組織呼吸を低下させます。
また、神経が過敏になり、精神面に支障をきすといわれています。
カルシウムの吸収を高めるために、マグネシウムもいっしょに摂る必要があります。
Mg・マグネシウム、偏頭痛対策のミネラル!
現代社会人の代表的な慢性疾患である偏頭痛の予防にマグネシウムが期待されています。

また、中性脂肪や血圧の安定などの効果もあり、生活習慣病予防にも役立ちます。

Zn・亜鉛、「味覚の正常を保つ効果」特に、「女性ホルモンの正常作用」や「コラーゲンの生成」
Se・セレン(セレニウム)には体内の余分な活性酸素が悪さをしないように除去する働きがあります。
Cr・クロム、正常な糖代謝や脂質代謝を維持するために重要なミネラル。
特に血糖値の調節に対する作用。
S ・硫黄、皮膚や髪などの健康を保つ働きがあります。
また、水銀やヒ素などの有害ミネラルの蓄積防止や細菌感染の抵抗力向上などの働きがあります。
Cu・銅、快適な睡眠のために!
Co・コバルト、バイオリズムを正常化にします。海外でコバルトの不足により羊や牛が貧血や筋萎縮
Mo・モリブデン、老廃物である尿酸の代謝に有効。
モリブデンは、肝臓や腎臓で有害物質を分解する酵素の働きをサポートするミネラルです。
また、鉄の働きを促す酵素の主成分でもあり、血液に深く関わるミネラルです。
I・ヨウ素、甲状腺ホルモンの成分として発育を促進しますので、幼児には大事なミネラルです。
基礎代謝を高めたり、脂肪を分解する働きがあります。
不足が続くと甲状腺腫を引き起こします。
Mn・マンガン、疲労の蓄積を防ぎ、消化を助ける働きやタンパク質の合成やエネルギー生産に役立ちます。
愛情ミネラルとも呼ばれており、不足は愛情志向がなくなるといわれています。
K ・カリウム、高血圧の予防や筋肉の収縮を補助します。
腸内の筋肉収縮を促進して便通を促進します。
Fe・鉄、赤血球の主成分のヘモグロビン、筋肉中に酸素を蓄えるミオグロビン、脳に酸素を蓄えるニューログロビンの原料です。
成人女性の5人に1人は、鉄分不足による貧血といわれています。
脳内ホルモンのセロトニン、ドーパミン、メラトニンの生成。
体温や筋肉運動のエネルギー源(ミトコンドリアのATP生産に必要)活性酸素の除去(SODの働きを活性化)免疫機能(リンパ球、好中球の働きの維持)、爪や髪の毛を形成する為にも必要です。
海草物語には全てのミネラルが含有されています。
ラジオ大阪1314OBCドクトルかっちゃん「笑顔で元気」
井草克一&仲みゆき                                         
放送音声http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC190320_Dr_K_Egao.m4a

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

心臓病とマグネシウム

毎日の食事で、野菜や大豆、魚や果物を食べると病気のリスクが大幅に軽減します。
国立がん研究センターや国立循環器病研究センターの大規模調査結果の結果、マグネシウムを多く摂取している人は、少ない人に比べて心筋梗塞などの「虚血性心疾患」になるリスクが3割以上低くなります。
マグネシウムは魚や果物、野菜や大豆などに多く含まれるミネラルの一種です。
不足すると血圧上昇や動脈硬化につながります。
適切な量を食事で取ることが、循環器病の予防につながる可能性があります。
マグネシウムの摂取量に関して、岩手県や沖縄県など8県に住む45〜74歳の男女約8万5千人を15年間追跡調査しています。
約15年間の調査で1283人が心筋梗塞などの虚血性心疾患を、4110人が脳卒中を発症しました。
マグネシウムの摂取量に応じて五つのグループに分けて比較すると、摂取量が多いほど心筋梗塞になる危険性が低かったのです。
男性だけで見ると、最も摂取量の多いグループは最も少ないグループに比べ虚血性心疾患の危険性が34%減少しています。女性では、多く摂取しているグループで39%減少しました。
ここで大事なのは、マグネシウムの多い食品はカルシウムやカリウムなど、他のミネラル類の含有量も豊富です。その他、DHA等のオメガ3脂肪酸、良質の植物性蛋白質、繊維質などの様々な栄養素のバランスもあるでしょう。
そして、食事の傾向では納豆や味噌など大豆発酵食品やその他の発酵食品も関わっていると思われます。
マグネシウムの摂取量は、1日270〜370ミリグラムが必要です。
日本人の平均摂取量は約250ミリグラムです。
今月のラジオ大阪のプレゼント「海草物語」はマグネシウムを100g472mg含有しています。
1日3〜4g(15粒)の摂取で日本人のマグネシウム平均摂取量の不足分と必要な鉄分や亜鉛、様々なミネラル類を補う事が出来ます。
日本人の腸内細菌は欧米人と違い、海藻の繊維を分解する酵素を作ります。
腸内細菌は先祖代々遺伝してきました。
日本人は海苔などの海藻を消化吸収し、海藻を栄養にする事が出来ますが、欧米人は消化吸収出来ません。
但、最近の日本人は海藻類の摂取量が低下しています。
海藻にはカロチン、ビタミンB12、アミノ酸、アルギン酸ナトリウム・アルギン酸カリウム・アルギン酸カルシウム、食物繊維や、多糖類のフコイダン、アミノペプチドの海苔ペプチド・わかめペプチドなどの栄養素やカルシウム・亜鉛・鉄、カルシウム、ヨウ素(ヨード)等のミネラルが多く含まれています。
循環器病、糖尿病や癌など様々な病気のリスクを回避して、健康維持の原点は毎日の食事と腸内フローラが重要です。
日本人の健康のカギをにぎる腸内細菌には日本古来の和食が一番。
炒め物、揚げ物、焼肉などの高温調理は控えて、「煮る、炊く、蒸す」の調理で、ご飯、発酵食品、野菜、海草、小魚、ゴマなどを毎日食べて、適度な運動と早寝早起きが健康維持の基本です。(10時から2時)
食べる目分量は、主食(米、雑穀、豆類、芋類)5に対して、野菜海草が2,魚などの動物性食品を1の割合が歯の生えている本数と同じです。
ラジオ大阪1314OBCドクトルかっちゃん「笑顔で元気」
井草克一&仲みゆき                                         

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

病気の原因の一つ「老化現象」老化は25才から始まります。
老化の原因は、小腸の老化と腸内フローラの老化です。
腸は単なる管ではなく、「第2の脳」と呼ばれるほど複雑な組織です。
表面が絨毯の毛のような「腸絨毛」5000万本に覆われています。
表面積は皮膚の200倍(テニスコート1.5面分)で外の外に接しています。腸の中には内容物がありますが、血管はありません。だから体の外なのです。
腸には、全身の毛細血管の55%、リンパ球の60%、脳以外の神経が50%集まっています。
腸は最大の免疫組織、最大の末梢血管組織、最大の神経組織です。
そして、脳内ホルモンのセロトニンは90%が腸に集まっています。血小板に8%、脳にはわずか2%しかありません。セロトニンは脳内ホルモンというより、腸内ホルモンですね。元々は腸の伝達物質ともいわれます。腸のセロトニンが減少すれば、脳のセロトニンは不足して精神も不安定になります。
腸は小腸が重要です。長さは5〜6m(十二指腸、空腸、回腸)に分かれとても重要です。
その大事な小腸に病変が見つかっています。421人のダブルバルーン内視鏡検査により、215人何と51%の人の小腸の病変が確認されています。その中に小腸癌が7例見つかっています。
抗生物質、痛み止め、風邪薬、アスピリンなどによるキズ、ただれの炎症性腸疾患が増えています。
特に痛み止めの鎮痛剤による炎症が多いようです。
高脂肪、高蛋白の食事による「腸内フローラ」の乱れも原因の一つと考えられます。
小腸の傷は様々な病気の原因になる事も解ってきました。(リーキーガット症候群)
小腸の善玉菌「乳酸桿菌、乳酸球菌、酵母菌」を元気にする事が重要です。
小腸の機能低下は老化の大きな原因になります。
老化は25歳過ぎから徐々に進んでいき、45歳以降は老化が急激に促進されます。
小じわなどの老化現象も毛細血管と血液の減少が考えられます。
20代の頃と違って60〜70歳の人の毛細血管は40%減少します。
成人の血管の全長は10万kmと言われています。
という事は、年を取ると毛細血管は4万km減少して6万kmになります。
全身の酸素不足が進んで、更に筋肉は委縮して、いっそう血液循環は悪化します。
血管が減少する原因は「血液の総量」が減少していく事も考えられます。
加齢に伴い、毛細血管が40%減少するという事は、その半分は小腸の毛細血管が減少していると考えられます。
内臓全ての毛細血管も減少するので、酸素と栄養不足により様々な臓器で機能低下を起こします。
血液、体内ホルモン、体内酵素の生成は全てのミネラルが必要です。
カルシウム、鉄、亜鉛などのミネラル類は十二指腸で吸収されます。
老化により十二指腸が機能低下を起こすと、ミネラルの吸収量が激減します。
特に鉄は体内酸素や脳内ホルモンに重要なミネラルです。
酸素を運ぶ「ヘモグロビン」、筋肉中に酸素を蓄える「ミオグロビン」、脳内に酸素を蓄える「ニューログロビン」、脳内ホルモンの「セロトニン、ドーパミン、メラトニン」の生成に「鉄分」は不可欠です。
十二指腸の働きを高めて、非ヘム鉄の含有量が多い植物を食べる事が重要です。
ラジオ大阪1314OBCドクトルかっちゃん「笑顔で元気」
井草克一&仲みゆき                                         
放送音声http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC190306_Dr_K_Egao.mp3

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

花粉症の方には、辛い時期になりました。
花粉が増えたから花粉症の人が増えた?と思っている人が多いです。
花粉症を発症しない人には花粉は無縁の物ですが・・・・
私は花粉所が増えたのは、腸内フローラの悪化と低血圧の人が増えたのだと思います。
一般的にアレルギーの原因は、食生活による腸内フローラの悪化が原因といわれています。
そして低血圧の人は小腸の働きが悪く、血液の量や毛細血管が少ないです。
皮膚や粘膜のトラブルは腸の粘膜の状態を表しています。
花粉症や鼻炎を発症する人は鼻の粘膜に傷があり、修復する為に必要な栄養と酸素が不足し、そこから花粉などのアレルゲンが侵入してアレルギーを起こします。
低血圧などの人は首のコリがあり、首から上の血液循環が悪いのも原因の一つです。
症状が出始めると、首のコリが悪化して一層血流が悪くなります。
肩甲骨を解すストレッチと首の指圧をして、コリがほぐれれば、症状は楽になります。
肩甲骨が浮き上がるイメージで肩を大きく20回、廻す。
両手の指を組んで、首の後ろに持って行き、親指で首全体を指圧して下さい。
首が冷えても症状が悪化しますので、冷やさない事と温める事も重要です。
鼻の周りや、こめかみの周囲のマッサージも有効です。(目もスッキリします)
食事は和食中心で、朝は温かい味噌汁がお勧めです。
冷たい飲み物と甘い物、その他、炒め物、揚げ物、焼き肉、焼き鳥など、高温調理で酸化した油は症状が悪化する原因の一つです。
調理は煮物や焚き物が良いですね。数日間、油物や肉料理を止めてみたら如何でしょうか。
1週間でかなりのダイエット効果も期待できます。
日本古来の発酵食品に含まれる乳酸菌発酵物質や「乳酸菌生産物質」もお勧めです。
乳酸菌生産物質は、飲んで短期間(23日)で楽になる人が多いです。
乳酸菌生産物質は、本当は毎日ご愛用頂きたいのですが、この時期だけ飲んでいる人も多いです。
根本解決には、体質改善です。(腸内フローラと血液を変える)
貧血、低血圧、低体温は花粉症以外に様々な病気のリスクがあります。
病気の原因は血液の汚れ、血液の循環不良、そして体内酸素不足です。
食事の改善で解決出来ない方には、乳酸菌生産物質と植物ミネラル食品「海草物語」の併用がお勧めです。
特に現代人は女性も男性も鉄分不足です。
栄養機能食品「海草物語」はミネラル補給には最適です。
近年は花粉以外にPM.5などの問題もあります。
症状のある方は、とりあえず天気予報をチェックして、花粉やPM.5が多い日は、外出を控えて下さい。
そして、来年には症状の出ない体作りを目指して健康管理に留意して下さい。
血液循環不良は6タイプあります。
1,赤血球の老化、2,高脂血症、3,糖尿病、4,貧血、5,低血圧、6,低体温
全て小腸の腸内フローラとミネラル不足と関係があります。
血液循環不良の人は姿勢も悪いです。
歩くときに足を上げるタイミングで、足首を伸ばしてつま先(母指球と足指)を使って歩くことも大事です。
ラジオ大阪1314OBCドクトルかっちゃん「笑顔で元気」
井草克一&仲みゆき                                         
放送音声http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC190227_Dr_K_Egao.mp3

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

2日に1回、排便があるから便秘じゃない?と思っている人が多いです。
毎日排便が無ければ便秘です。
便秘は老廃物が蓄積して癌のリスクも伴います。
大腸ポリープや大腸癌も増えています。
便秘と下痢を繰り返す場合、大腸ポリープの疑いがあるので、検査もお勧めします。
便秘や大腸ポリープも食養生で治る事も多いです。
原因は様々ですが、傾向としては野菜を食べない、発酵食品が嫌い、ご飯を食べない、水分の不足、
大腸の蠕動運動が悪い、大腸のビフィズス菌や酪酸菌が少ないなど・・・
とりあえずのオススメは「オリゴ糖」小腸で分解吸収されずに大腸の「ビフィズス菌」の餌になります。
オリゴ糖もいろんな種類があります。
甘味料としてはシロップのオリゴ糖。シロップでも、含有量が10%以下のものから、50%以上の物まで様々です。
純度も様々ですし、中には小腸で分解吸収されてしまう原料もあります。
オリゴ糖は甘い物と思われがちですが、オリゴ自体は甘くありません。
甘味料のお勧めはフラクトオリゴ糖ですが、甘味は、オリゴ以外の糖質の甘味です。
糖尿病の人がたくさん食べ過ぎると血糖値が上がる場合があります。
糖の気になる方は、糖の吸収を抑制する希少糖含有の、レアシュガーオリゴがお勧めです。
レアシュガーオリゴは、希少糖含有のレアシュガースウイート50%、フラクトオリゴ糖50%、ビートオリゴを2%配合しています。
その他、ビフィズス菌増殖には、甘くない高純度の「ビートオリゴ」がお勧めです。
通常のオリゴ糖は、酵素変換や化学変換で作られていますが、ビートオリゴは植物由来です。
北海道の砂糖大根から分離して製造しています。
砂糖大根という名称ですが、ほうれん草の仲間です。
この数年、温暖化や長雨なども影響してビートの収穫高が激減する年もあります。
作付面積も年間2000Haも減少している年もあります。
ビートの糖蜜から砂糖を精製した後、ラフィノース(ビートオリゴ)を抽出しています。
ビート(砂糖大根)1個からコップ1杯の砂糖ができます。
ビート生産は明治4年〜北海道で開始され、明治21年〜札幌工場(日甜)稼動して、大正8年〜帯広で生産。
帯広の芽室製糖所は昭和45年稼動で、東洋一の設備です。(処理能力8500t/)
排水処理設備40ha、原料貯蔵庫40ha、工場40ha・全敷地120ha=皇居と同じ広さ
ビートは麦、馬鈴薯、牧草など輪作しています。
理由は、ビートを栽培する事により土質を改善できるためです。
ビートオリゴ(ラフィノース)は平成4年に開発されて、日本で初めて購入して食事指導に取り入れたのが私です。
今月のプレゼント、ビオネビートオリゴは植物抽出、高純度(約99,5%)のオリゴで、大腸のビフィズス菌のエサに最適です。
1日5gの摂取で便臭や便秘の改善など様々な効果が報告されています。
甘くないので、ご飯を炊くときに入れると、保水膜が増えてご飯が美味しくなり、少量の摂取でも1週間ほどでビフィズス菌が増えるので、家族皆さんのトイレの臭いも変わります。
オリゴは他の食品、大豆にも含まれていますが、大豆でオリゴ5g摂取しようと思うと、大豆300g以上食べないといけません。
ラジオ大阪1314OBCドクトルかっちゃん「笑顔で元気」
井草克一&仲みゆき                                         
放送音声http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC190220_Dr_K_Egao.mp3

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全428ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事