Pの、遺跡侵攻記

自分の趣味を紹介するブログのつもりです。

全体表示

[ リスト ]

中根長者屋敷

常磐自動車道”千代田・石岡IC”から南西に約590mの地点に江戸末期に建てられた浄土真宗・住西寺(おうさいじ)というお寺がある。このお寺の境内が”中根長者屋敷”の跡で、かすみがうら市(旧千代田町)下土田字平当という。

東を流れる恋瀬川の支流”天の川”の2本の支流の合流地点にある低地との比高約20mの台地先端部にあり、2本の河川が流れる深い谷津に挟まれ、台地周囲は急斜面となっている。

「新編常陸国誌」によると、各地に点在する長者屋敷と同様に、古代の長者様の屋敷跡であろうとし、ここには「スクボ塚」や「朝業堀」と呼ばれる遺構が残ると書かれている。

「かすみがうら市HP」によると、天正年間(1573〜1591)に中根与衛門という豪族がおり、佐竹氏から軍用金の徴用を受けた時、「元来小田氏の庇護を受けている者。佐竹氏のために軍用金を用立てる理由はない」と拒絶したため、佐竹氏に亡ぼされたと伝えられたというような伝承があるそうだ。

広さ南北約90m×東西約80mほどの方形単郭の館跡で、郭内はお寺や墓地、宅地等となっている。住西寺の北から反時計回りに南東にかけて、幅約3〜4mほどの堀が、高さ約1m程度の土塁を伴って巡っている。この堀は埋まっているためなのか、深さが最大でも1mちょっとしかなく、本来はもっと深かったのかもしれない。また、土塁も西から南にかけてはある程度残っているが、大部分は崩されてしまったようである。

全体の造りを見ると、戦を意識した造りとは思えず、周囲を通っていたであろう街道の監視も兼ねた居館・屋敷跡といった感じで、HP掲載の戦国期の屋敷伝承が一番しっくりくるような気がする。

画像は上から所在地、縄張図、東から見た遠景。
4番目=縄張図内①から北東を見た、堀内部と土塁の様子。
5番目=図内②から南東を見た、北側の境界付近に様子。
6番目=図内③から南東を見た、南側堀内部の様子。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事