Pの、遺跡侵攻記

自分の趣味を紹介するブログのつもりです。

全体表示

[ リスト ]

船戸山・和光院跡

水戸駅北口に直通の県道232号、ひたちなか市川から南進し、那珂川に架かる”水府橋”を渡って右手に法務局、左手に水戸2中に挟まれる形で谷津の入口でもある信号となる。この信号辺りが近世は”北三ノ丸・御船方”とか”北三ノ丸・海老久保”などと呼ばれた場所で、それ以前の中世は”船戸山(または船渡山)”といった場所で、”真言宗 伝燈山和光院明楽寺”の跡地である。

和光院は、元々は鹿島郡神生にあったお寺だったようで、水戸城主”江戸通雅”が枝川75貫文の土地を寄進したというが、同地で一時衰えてしまったため、大永年間に通雅の子の”江戸通泰”によって水戸・船戸山に移し、江戸氏の祈願所として栄えたという。
その後の天正18年の佐竹氏による水戸城侵攻により、江戸氏は敗走、それに伴い、水戸市西部(旧内原町)田島地区に移って現在に至るようである。永禄年間の佐竹義宣による水戸城改修時は不明だが、徳川時代には北三ノ丸や海老久保などの水戸城大改修時にほぼ跡地は改変されたようである。わずかに、上記の信号から法務局前を登って三ノ丸庁舎へと至る坂道が”伝灯坂”と呼ばれている程度である。
また、その旧地名が示す通り、この場所も那珂川の渡しであり、その寺領の関係もあってか枝川地区との往来の場所であったようである。

画像は上から、所在地、海老久保上から三ノ丸側を見たところ、本城斜面より海老久保及び那珂川水府橋を見たところ(2枚目・3枚目の撮影年は2008年、水戸城内”水戸2中”新校舎建設に伴う発掘調査現地説明会のもの)。
3番目=移転先の水戸市西部田島の和光院不動堂(=近世建立)の様子。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事