Pの、遺跡侵攻記

自分の趣味を紹介するブログのつもりです。

全体表示

[ リスト ]

金上城

ひたちなか市の南東部にある金上(かねあげ)地区の南端部、南に那珂川を望む低地との比高約20mの台地突端部に”金上城”が築かれている。所在地は、ひたちなか市金上字外城(とじょう)という。
城内は熊野神社境内となっており、台地東下の道路脇に車は路駐できます。

近世資料の「水府史料」によれば、

「深二丈余の堀あり。四方に高土手矢倉の跡あり。堀より西を御城山と唱え、東を外城山と云う。何人の居なるを知らず」

と記述しており、熊野神社が建つ場所が御城(地元では内城と呼ぶ)で、堀を挟んで南側先端部が外城であるようだ。現地の高齢者にも話を伺うと、先っぽから外城・内城と呼んでいたので、「勝田市史」記載の情報は間違っている可能性がある。

御城又は内城と呼ばれるⅠ郭は、広さ約60m×約90mの歪な五角形状で、東側は崩落していたり他は崩されていたりするが、周囲を高さ十数センチから最大約2.5mの土塁が巡らされている。城内ではもっとも高所に位置する。
Ⅰ郭の南側には幅約15m×深さ約6mにもなる大堀切が”くの字”状に折れながら掘りきられており、その南側に高さ約2mの土塁が堀に沿って盛られ、外城と呼ばれるⅡ郭となる。
Ⅱ郭は、広さ約50m×約30mの方形で、南西角に南へ向かって小曲輪が突き出している。郭の周囲には土塁が巡らされ、その外側約2〜4m下には幅約3〜5mの横堀が巡らされている。また、先の小曲輪の横堀を隔てて南側に尾根が突き出し、ここには天保年間の石碑がある。
一方で、Ⅰ郭北側には幅約3mの堀切の跡が残っている以外は、端城山(たんじょうやま)とか新屋敷(あらやしき)と呼ばれる段差を伴った畑や民家が広がり(いずれも字塙である)、北側も城域は広がっていたようであるが、それら段地形以外は明確に遺構は見当たらない。

主な遺構としては以上で、周囲を湿地に囲まれた台地突端部を利用、屈折した大堀切、郭の造り等、大きさはまるで違うが”水戸城”をこの土地に再現したかのような姿をしている。

金上氏系図」によると、金上氏は村上天皇の流れを組むとされ、平安後半の寛治年間に伊勢守明成平井の地に築城したとされる。だが、この系図は鎌倉期までのかなり古い時代の歴史ばかりで1300年代の歴史が丸々記されていないなど、信ぴょう性に疑問が多いように感じる。ようやく、伊勢守明方という人物が応永年間頃の城主として記され、その子孫で天文年間の城主としているのが”弾正左衛門明春”で、現在残る城の姿に近い形にしたのはこの人物の頃ではないかと思われる。恐らく江戸氏の家臣になっていたと思われ、金上城も水戸城の支城として整備され、明春の子孫”弾正明直・明村”の兄弟が天正18年の佐竹氏による水戸城侵攻に際して、佐竹義重率いる別動隊の猛攻を受けて討ち死に、城も落城し、そのまま廃城になったという。この兄弟それぞれの子らは一時浪人となったようだが生き残り、その子らは徳川に仕えて存続したようである。


画像は上から所在地、縄張図の順。
3番目=縄張図内①、Ⅰ郭北側の土塁を郭内側から見たところ。
4番目=図内②の堀切跡を、①の土塁上から見たところ。
5番目=図内③から見た、大堀切東側出口の様子。画像右手が熊野神社側。
6番目=図内④、Ⅱ郭北東側土塁上から見た、Ⅱ郭内部の様子。
7番目=図内⑤から見た、横堀の様子。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事