Pの、遺跡侵攻記

自分の趣味を紹介するブログのつもりです。

全体表示

[ リスト ]

金上城が立地する金上地区には、古くから、西の勝倉、東の三反田(みたんだ)との境界に、台地を分断するように土塁と堀が築かれていることが知られている。
「勝田市史」によれば、勝倉との境にある西側を二の堀、三反田との境にある東側を新堀(にいぼり)とし、両堀とも幅約10m×深さ約2mの規模としている。
現在は遺跡地図(いばらきデジタルマップ内)でもそれぞれが遺跡登録されている。

昭和57年に、二の堀に隣接する”勝倉・大房地遺跡”において、民家建設に伴う発掘調査が行われ、調査区内において上幅6.5m×底幅1・8m×深さ1.75mの大溝が出土している。

昭和の前半までに、耕作や宅地開発によってほとんどの遺構が隠滅または消滅してしまったが、残っていた当時の様子を知る90代くらいのご老人によれば、結構大きかった土塁があったことをよく覚えているそうだ。そしてこのご老人によれば、勝田市史の名称の記述は完全に間違っているそうで、

東の三反田側は新堀(にいぼり)、西の勝倉側は新堀(しんぼり)

と呼ぶのが正しいそうである。
はっきりと「あれは違う」と言っておられたので、勝田市史は間違っているということである。
以後、このブログでも、自分自身も、この呼び方で呼ばせていただきます。

わずかに、新堀(にいぼり)の南端付近の民家敷地と北端付近が土地の高まりに名残が見られるほか、新堀(しんぼり)の南端部の谷津と接続する辺りに遺構のごく一部が残存している。

市史ではこれら堀切を、大掾一族がこの那珂川沿いに住み着く以前に、この金上地区を支配していたであろう”金上氏”による境界堀として、平安後半の頃のものであるとしているが、その様子からは、金上城防衛のために戦国末期に築かれた外郭堀ではないかと思われる。そういう意味では、金上城の城域は先端部だけではなく、現在の金上地区全域となる総構えの城館ということになるかと思う。

1番目画像=周辺図
2番目=周辺図内①、新堀(にいぼり)北端部。
3番目=図内②から南を見た、新堀(にいぼり)の様子。画像右手が金上側。
4番目=図内③、新堀(にいぼり)南端部付近の民家敷地、金上側内部から見た様子。
5番目=図内④、新堀(しんぼり)南端の、谷津との接続部分にある残存部。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事