Pの、遺跡侵攻記

自分の趣味を紹介するブログのつもりです。

全体表示

[ リスト ]

勝倉台古戦場

陸上自衛隊勝田駐屯地が立地する、ひたちなか市勝倉(かつぐら)地区。

その自衛隊敷地内に”字勝負ノ間(しょうぶのま)”という地名があり、これら一帯が戦国末期の”勝倉台古戦場”と伝わる。

天正18年、水戸城侵攻を行っていた佐竹氏の一団のうち、当主”義宣”率いる本隊とは別に、海側から迂回するルートを進み途中の城館群を攻め落としていた父”義重”率いる別動隊は、現在のひたちなか市内国道6号付近の市毛原へ着いた後、東進して勝倉地区へ侵攻したとされる。地区の南端にある”勝倉城”を拠点として南側の枝川地区の武士たちもこの地に布陣して佐竹義重勢を迎え撃ったとされ、激戦の末、多大な犠牲を出したうえ突破を許し、隣の金上城も落とされ、枝川城も焼かれ、水戸城へ攻め込まれたという。その勢いは凄まじかったともいわれ、市毛原から水戸城占領まで数日のうちにこれらは成されたという。

時は流れて昭和となり、日立兵器株式会社(後の日立工機)が土地を買収して工場を建設、本土決戦に備えて”高射砲陣地”となったが、米軍による空爆及び艦砲射撃の餌食となって壊滅。終戦後、陸上自衛隊敷地となったなど、何かと武力と縁がある地域でもあるようだ。

字勝負ノ間は、那珂川北側の低地との比高約30mの那珂台地南端部に位置し、兵器工場建設前は山林や荒地などであった。土地の別名を”勝負沼”ともいい、清水地名と同様に水が湧いたりするところと同意味の「しょうぶぬま」が本来の意味であるらしい。それを示すように、少量の降雨でも水が溜まる水はけが悪い湿地帯であったようで、ここから流れ出た水が沢となって谷津となり、西は武田溜がある字稲荷谷津、東は字石井戸や、勝倉小学校東側の谷津へと派生している。これら湿地帯は、兵器工場建設で大部分が整地され、後の自衛隊駐屯地設置で更に整地がされて跡形もなく消滅した。現在は唯一、水はけの悪さだけが、残されているにすぎない。
県道63号沿いの小学校入口信号(字鹿島台)には、「藤本因幡守」と刻まれた近世・近代の墓石が弓矢八幡と共に残っているが、近世の人物なのか、あるいは勝倉の攻防の関係者なのかは分からない。

広域図内の茶色線は道です。


2018年6月10日日曜日追記:上記の「藤本因幡守」の墓石ですが、墓石の形からあまり古くはない人物かと思っていましたが、調べてみて、江戸後期の山伏修験者の墓であることが分かりました。
元々は、ここから県道を下った、旧街道との合流点付近に八幡と共にあったようですが、自衛隊敷地等後世の改変に伴って、この場所に移されたようです。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事