Pの、遺跡侵攻記

自分の趣味を紹介するブログのつもりです。

全体表示

[ リスト ]

府中城 

 Ⅱ郭の東にあるのが石岡小学校敷地及び住宅地となったⅢ郭である。Ⅲ郭は、広さ約200m×約250mの五角形状で、北東角に高さ約3mの大土塁の一部が残るほか、北西斜面に堀と帯曲輪の一部が残っている。この帯曲輪は更に西側へ土塁となって谷津の中へ延びていき、谷津を東西に区分けして大堀に変化させている。これらの遺構は、元々は小学校西側を除く3方を大土塁が外側に堀を伴って囲み、北側の堀は西へ延びて谷津を区分けする土塁に繋がっていたのだが、明治半ばの頃に大土塁を崩して平らにして学校を建設したり広大な畑地にしてしまったらしい。そして昭和・平成になって学校敷地を更に広げて土地を改変したほか、西側谷津に伸びた土塁も輪郭はそのままに谷津に土盛りして住宅地になってしまった。そのため、土塁の先端部がわずかに顔を覗かせている程度である。
 Ⅲ郭に入る入口は、明治の迅速測図などから判断すると、南西角・北・東の3か所のようで、東以外の2か所については現在も学校入り口として残っている。東入り口だが、市の公式では市民会館南側の駐車場及び車道を指定しているが、実際はもう少し南側の民家の間の細い通路のようである。
 Ⅲ郭は、古代からの常陸国の”県庁”である国府が置かれた場所とされ、その国府を取り込み整備する形で作られたという。広さも城内では最大であり、国府という意味合いの他、Ⅰ郭が城主のプライベート空間であったと思われるので、政治・外交・そして戦闘全てを司るこの城の実質的な本郭であったと思われる。

縄張図
イメージ 1

縄張図内①=市民会館裏手の大土塁。
イメージ 2

縄張図内②=総社宮北東参道。Ⅲ郭南側の堀跡である。
イメージ 3

縄張図内③=Ⅲ郭西端の様子。
イメージ 4

縄張図内④=③北側斜面の帯曲輪の様子。
イメージ 5

縄張図内⑤=帯曲輪から続く土塁の先端部。画像右手がⅠ郭側。
イメージ 6

縄張図内⑥=Ⅲ郭東側入口に繋がる小道。
イメージ 7

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事