Pの、遺跡侵攻記

自分の趣味を紹介するブログのつもりです。

全体表示

[ リスト ]

 常磐線石岡駅の南西にある石岡プラザホテルから、その西の華園寺までの住宅地一帯約130m×約90mの範囲辺りが弓削屋敷の跡である。所在地は石岡市国府1丁目〜2丁目字室ヶ井(むろがい)という。
 弓削屋敷は、慶長年間より昭和の最初の頃まで存続した税所(さいしょ)氏の屋敷跡として知られ、近世に住んでいた税所門弥という人物にちなみ、地元では「もんや様」という呼び名で長く呼ばれ続け、この土地の有力者及びその屋敷として存続していたという。上記の通り、税所氏が住んだのは慶長年間からで、それ以前は、古代から続く府中6名家の1家「弓削氏(ゆげ)」の屋敷であり、中世を通して大掾氏の家臣として仕えたが、天正14年の江戸氏による竹原城の攻防で「竹原のゆけの小屋打落し」の出来事(「烟田旧記」より、弓削氏が守っていた小屋という意味?=弓削砦)、天正18年の佐竹氏による府中城侵攻などによって、天正年間で弓削氏は滅んでしまったという。
 遺構だが、東を流れる山王川から続く深い谷津が南北に入り込み、それらを天然の堀とし、また、敷地の大部分は住宅地となって隠滅・消滅してしまったが、かつては敷地の周囲を土塁が取り巻き、南から東、北へ堀を巡らせていたという。このうち、東側に設けられた堀は道路となった今も残っており、唯一明確な遺構と言える。
 
なお、一族かどうかは不明だが単純に弓削という苗字としては、古代から現在まで、茨城県に残る唯一の6名家の名称のようである。

縄張図
イメージ 1

「石岡の地名」内、天保年間 府中町絵図の一部。
イメージ 2

縄張図内①、屋敷内にある稲荷神社。
イメージ 3

縄張図内②から南を見た、屋敷跡東の堀跡。
イメージ 4

縄張図内③から南を見た、屋敷跡南側の谷津田跡。
イメージ 5

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事