Pの、遺跡侵攻記

自分の趣味を紹介するブログのつもりです。

全体表示

[ リスト ]

健児所屋敷

 古代から続く常陸府中6名家のうち、「金丸氏(かねまる)」の居住地については不明である。もう1家、その居住地がいまいちはっきりしない「健児所氏」という一族がいる。
 健児所氏は、「こんでいしょ」し又は「こにしょ」しと読み、「健児(所)」とは古代の兵士、現代で言えば警察とか治安維持部隊などに相当する役職及び管轄役所のことである。平安末期以降、その役職を継いできた一族が大掾氏と同様に一族の苗字として名乗り始めたことに始まるという。苗字とした一族での呼び方は「こにしょ」で統一されているようで、健児所とか金泥とか、近世には近衛所などと書き、平安末期以来、大掾氏家臣として防衛・祭事などで府中の一角を担っていたようである。天正年間の府中落城以後も存続していたが、明治10年代に健児所徳次郎という人物を最後に途絶えてしまったらしい。
 所在地についてだが、石岡市の歴史について記した複数の資料によれば、市内貝地1丁目字貝地にある月天宮(がってんぐう)と南東の茨城廃寺(ばらきはいじ)の間一帯にあった岩城内(いわぎぢ)と呼ばれた辺り、または、その北東の台地先端の字小山辺りと推定している。現在、岩城内一帯は、一部畑地となっている以外は住宅地で、堀や土塁といった遺構は見当たらないが、南北を流れる河川低地から続く谷津が何本も周囲を巡っている様子で、それらを天然の堀としてこの地に屋敷を建てていたものと思われる。また、南東の古代寺院、茨城廃寺との間の倉庫脇に石仏が寄せてあり、この辺りは健児所氏と関係する「ちまぐれ」と呼ばれるお堂跡・墓所跡であったらしい。そのほか関係する場所として、北東方向へ続く坂道「こんでい坂」や、その先の山王川に架かる橋「こんでい橋」などがある。このこんでい橋及び常磐線を越えた目の前の台地、現在は南台1丁目から東石岡2丁目にかけての団地を「字兵崎(びょうざき)」といい、健児所が仕切る兵士達の詰所・練兵場に由来する地名とされる。府中城の守りであることは間違いないが、位置的には、すぐ南にある古国府こと、石岡城(外城)の関係屋敷という意味合いが強いのかもしれない。

航空画像と推定地
イメージ 1

航空画像内①、月天宮の様子。
イメージ 2

航空画像内②、月天宮東側の畑地。岩城内の範囲内に当たる。
イメージ 3

航空画像内③、茨城廃寺跡西の交差点にある倉庫、ちまぐれ地内の様子。
イメージ 4

上記の倉庫脇にある石仏と宝篋印塔の部材。
イメージ 5

航空画像内④、台地下から見た、こんでい坂の様子。画像右手が字小山。
イメージ 6

航空画像内⑤、常磐線貝地踏切より見た、こんでい橋跡。矢印、低い部分。
イメージ 7

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事