Pの、遺跡侵攻記

自分の趣味を紹介するブログのつもりです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

長者山城

 水戸市街地が広がる水戸台地の北端部の渡里町、その台地角を利用して”長者山城”が築かれている。所在地は水戸市渡里町字長者山という。
 東を那珂川、北をその支流の田野川が流れる低地との比高約30mの台地角にあり、台地上には台渡里廃寺跡台渡里官衙遺跡といった国指定の古代遺跡が密集している地区でもある。このうち、台渡里官衙遺跡の一部を利用する形でこの城は築かれている。宅地や畑地が早いうちに作られたほか、昭和の頃に城内にゴルフ練習場が建設されたため遺構のかなりの部分が破壊もしくは改変を受け、往時の姿はわかりにくくなっている。
 この地の歴史は、所在地名が示すように源義家が絡むいわゆる”一守長者”の伝説から始まる。源頼信の5男”常葉五郎義政”という人物がその長者さまであったと云われるが、関係はよく分かっていない。この常葉五郎義政という人物は、那珂川を挟んで北側対岸の那珂台地側でも居住伝承を持っている。那珂川を挟んで両岸が”常葉郷(トキワ)”と呼ばれる地域で、その支配を任されていたのかもしれない。そして、両岸台地上に住まいを設けていたのかもしれない。
 その後、水戸が江戸氏の支配域になっていた戦国時代、江戸氏家臣”春秋駿河守”がこの城に住んでいたとされる。しかし、資料に乏しく、廃城も含めて不明な点が多い。
 台地の角に広さ約80m×約50mの台形状のⅠ郭を配置、周囲を高さ最大約2mの土塁が囲み、南東角には折れが見られるほか、南と東の2か所に開口部がある。このⅠ郭土塁の外側は幅約10m×深さ約5mの見事な横堀が巡らされ、先の南東角の折れ部分はやや複雑に掘られている。
 このⅠ郭の南側には、Ⅰ郭周囲と同程度の規模の堀や土塁で区画されたⅡ郭やⅢ郭が配置されていたようだが、上記のように、ゴルフ場や宅地、畑地(現在は耕作放棄地で侵入不可能な荒地)となって遺構の破壊が進んでいる。また、標柱の西側にまるで古墳群のような土盛りが密集しているが、これらは古墳ではなく、どうも、ゴルフ場の設置物のようである。ただし、もともとは土塁を崩したものなのかもしれない。
 Ⅰ郭西側には、堀を隔てて小曲輪が2〜3つほど配置されているが、こちらも一部を除いて断片的になってしまっている。堀や土塁は小振りだが、それでも堀幅約4mはある。
 この城の南東台地続きには江戸氏の本拠地”水戸城”がある。陸伝いは当然だが、すぐ北を流れる那珂川は水戸城本郭に直通の、最短ルートであり、河川の監視の意味でもこの地にこれだけの大規模な城郭を配置するのは意味があるかと思う。それ以外にも、本郭から北を見ると、そこには佐竹氏の一族にして重鎮”戸村氏”が住む””戸村城”が見える。更に那珂川を北上すれば見ることは出来ないが、石塚氏や大山氏といった、那珂川沿いに拠点を設ける佐竹氏一族の領内である。1500年代初めまで、それら佐竹一族は身内で内乱状態にあったが解消、結束を固めて領内を統治、独立色が強めの江戸氏にとっては悩みどころだったのかもしれない。その、力を付けた佐竹氏への警戒の意味も含めて、水戸城の防衛線の穴を埋めるように数か所配置された拠点の一つだったのかもしれない。

画像は上から所在地、北から見た遠景、縄張図の順。

4番目=縄張図内①の、ゴルフ場跡に見られる土盛りの様子。手前は堀跡と思われる畑地。
5番目=図内②、Ⅰ郭入城口西側の堀の様子。
6番目=図内③から西を見た、Ⅰ郭南東の堀の屈折部。
7番目=図内④から南を見た、Ⅰ郭西側の堀内部の様子。


 余談だが、この城の縄張図を以前、常陸大宮市の職員に同市所在の「前小屋城の図を描き直しました」と言って見せたことがある。違和感は持たれたが、立地条件、各曲輪の配置・形状・規模、道路や建物といった後世の構造物の配置等が「前小屋城そのままだ」という言葉を戴いた。
 立地条件が同じなら、築城される城の形状もある程度似通ってはくるでしょうが、各種パーツ単位での配置や形状まで同じように(Ⅰ郭の西側には方形状の小曲輪を1〜2つ配置等)なるとは、素人考えですが、まずありえないのではと感じます。
前小屋城と長者山城、仕える主君も城主も違いますが同じ築城設計者が関わった可能性もあるように感じます。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

前小屋城

 常陸大宮市内を流れる久慈川とその低地に面した低地との比高約30mの大宮台地東端部に”前小屋城跡”がある。所在地は常陸大宮市泉字上ノ寺(カミノテラ)という。
 時期不明だが、佐竹氏家臣で、藤原秀郷の流れをくむ”平沢丹後守通行”という人物によって築かれたのが始まりとされる。どのような経緯があったかはまったく分かっていないが、その後、同市内西部の小場地区に居住していた佐竹一族”小場氏”の5代義忠の弟”義広(又は毎小屋竹ガン)”が室町末期の1400年代末ごろに、ここに移り住んで地名から前小屋氏を名乗ったとされている。
 竹ガンは当時、佐竹氏の内乱時に小場氏とともに宗家側について奮戦、活躍したとされる。以後、2代目竺山(チクザン)、3代忍山(オンザン)と続き、4代義親は小田城攻めで活躍したとされるが、その後の慶長7年(1602年)の佐竹氏の秋田移封に弟の義勝とともに移住、城もこのとき廃城になったと思われる。
 台地の角部分を利用して広さ約80m×約60mの台形状のⅠ郭を置き、その南側に3つほど、西側に1つほどの郭を配置している。
 Ⅰ郭は現在は種生院という無住の寺境内及び公園となっているが、寺の周囲を除き大部分は藪と山林で見通しはあまり良くない。郭の周囲を高さ最大約3mの土塁が巡り、外側を幅約10m×深さ約6mの堀が伴っている。南側にかけて、これらの堀と土塁によって区画された郭が3つほど繋がっていたようだが、中央部を道を通し畑地や宅地にするためにこれらを崩してしい、断片的な残り方になってしまっている。また、Ⅰ郭西側には約30m×約10mの仲屋敷と呼ばれる小曲輪がある。
 郭内への入城路は現在はいくつもあるが、ほとんどは後世のもとを思われるが、Ⅱ郭西側の堀に土橋を架けた食い違いの虎口らしき入口が2か所あり、これらは元々の入城路なのかもしれない。
 位置的に、久慈川の監視等も兼ねていたのではないかと思われ、また、その堀などの遺構の大きさから戦国期前半くらいの、伝承通りの時期の築城ではないかという印象である。
 なお、Ⅱ郭の字名である”仲”は本来は城の中心部である”仲城”かと思われるほか、Ⅲ郭の字名”下丁”は本来は”下城”として家臣等の屋敷等があったのかもしれない。もっとも厳重に普請されたⅠ郭は”詰の城(要害)”部分かもしれない。

画像は上から所在地、大宮町教育委員会による測量図を参考にした縄張図の順。

3番目=種生院前から北東方向を見たⅠ郭内部の様子。
4番目=縄張図内①、Ⅰ郭西側の堀内部の様子。画像左手がⅠ郭側。
5番目=図内②、Ⅰ郭東側の堀内部の様子。画像左手がⅠ郭側。
6番目=図内③の辺りから見たⅢ郭内部の様子。
7番目=図内④からⅡ郭側を見た、土橋と食い違い虎口の様子。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

先月終わり、栃木県に行ってきました。

場所は宇都宮市にある”栃木県立博物館”で、こちらで「中世 宇都宮氏」という企画展が行われています。

茨城というか、常陸国と関わりも深い宇都宮氏ですが、以外に中世の様子一点に絞った展示というのに興味を持ちました。

関係書状・その他遺物等々、これでもかと展示物が並びます。

県指定等がずらり、中には国指定もありますが、さりげなく国宝とかも展示されているのにはビックリです。

人物でいえば、豊臣秀吉、織田信長、徳川家康とか、伊達政宗に上杉謙信などなど。
真田昌幸とか、本多氏なんかもありますね。真田氏は宇都宮仕置のときにこの地区の税務関係の調査にあたったようですね。

当然、これらにも関心を持ちましたが、やはり常陸関係資料に気持ちがいきます。

宇都宮一族ということもあって、笠間氏の資料がちらほら。その関係で親鸞さんなど。

戦国期になるといよいよ?、佐竹義重さんなどが出てきますね。

博物館所蔵の資料に、小田城攻めの際に周辺に砦を築いた旨の書状も展示されてました。

他には、一族の「西方氏系図」。
これは美濃などに分家した一族ですが、下野にも同じく分家しており、その中の一派が馬頭町に居た”武茂氏”で、展示の系図もこの武茂氏の部分を見せており、その中に「鳥子氏祖」として武茂泰長の名前が書かれているのを見て、一人ニヤっとしてしまいました。

展示の最後は、県内各所に所在する中世城館の簡単なパネル・発掘調査時の遺物の展示となり、小スペースながら興味を持って見ていましたが、残念ながら閉館時間に。

かなり余裕を持って2時間以上あったはずですが、一つ一つの説明文を見ていると、これでも時間が足りません。
もちろん図録も購入し、家でのお楽しみとしました。

なにはともあれ、非常に見応えある企画展でした。

夕方5時を過ぎ、オリオン通りで買い物に行くのもまだ早いような気がしたので、すぐ近くの市役所脇の公園に、これまた初訪問してみました。
イメージ 1
イメージ 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

権現山城

かすみがうら市下志筑にある産業技術総合研究機構の農林試験場の北側にそびえる標高99.3mの三角点がある山が”権現山城”の跡で、かすみがうら市(旧千代田町)と石岡市(旧八郷町)の境界線上にあるため、所在地はかすみがうら市下志筑字権現下または、石岡市半田字金山(カネヤマ)という。

北側を志筑川(今は恋瀬川と呼ばれる)とその低地が広がり、低地との比高約80m、周囲は急斜面となり、西側のみ山続きとなる。

山上には2つの頂上があり、このうち東の頂上は昭和4年の陸軍特別大演習の際に昭和天皇が観覧した”御野立所”で、その記念碑が建っている。ほかにも、大日権現社があり、これがこの山の名称”権現山”の由来となっている。東方面の展望が大変良く、東の物見台であったと思われる。

一方の西の頂上がこの城のメインで、広さ約50m×約80mの歪な長方形状であまり平坦ではない。西や南東に土塁が残り、郭の外側を幅約4m〜約11mの横堀が、一部では折れを伴いながら、また東から北側では帯曲輪に変化しながら、ほぼ全周している。
虎口と思われる開口部が北中央部と、南に1箇所づつ設けられているほか、もともと岩が多い地質なためか、大きな岩が露出している場所が多く、天然の城壁や城門といった使われ方をしたのかもしれない。

遺構としては以上で、折れを伴った見事な横堀がからは戦国期の築城を感じさせ、また、山上は居住には不向きであることから、普段は麓のどこかに居館があったものと思われる。一番有力だとされているのが、東に約1.5kmの地点に位置する志筑城の詰の城ではないかと云われている。

歴史としては、鎌倉時代に益戸氏によって築かれたとされ、1300年代の南北朝期に、下河辺国行が足利利氏と戦って敗れた城とも云われる。また、戦国期の天正年間、小田氏に従った志筑氏が篭ったとも云われるなど、様々な説がある。

北西に約1.2kmという近距離に半田砦や上記の志筑城、更に北西には川又要害や、北には片野城、北東には府中城など、戦国期のこの地域は大掾氏を中心につくばの小田氏や真壁氏、そして佐竹氏といった面々が激戦を繰り広げた地域であり、志筑川沿いの谷筋を監視する砦・物見群の1箇所として、いずれかの勢力によって築かれたのかもしれない。

画像は上から所在地、縄張図、記念碑(図内①)、府中方面の展望(①より東を見た)、図内②の横堀の様子。


イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

下志筑要害

常磐自動車道千代田・石岡インターチェンジを中心とした一帯が”下志筑要害”という城館跡で、所在地はかすみがうら市下志筑字要害いう。

古代から中世の複合遺跡である”幕ノ内遺跡”ともいう。

志筑台地の一部であり、周囲を谷津に囲まれた低地との比高約20m。現在はインターチェンジによって大部分が破壊されているが、本来は畑地であったようである(広域図中①)。
高速道の西側の畑と山林の境界付近に”八幡神社跡”があるほか(広域図中②)、畑地の周囲に段差等があるが、これらが遺構なのかは分からない。山林を下っていくと溝があるが、これも後世の排水路であろうか(広域図中③)。

東側の畑地は見ていないが、こちらも対して変わらないかと思われる。

戦国期の緊迫した時期に、府中城を中心とした攻防に関係して築かれた陣地のようなものだったのかもしれない。

高速道に架かる橋に書かれた「要害橋」の文字だけが、ここが城館跡だったことを示す唯一の証拠なのでしょうか(広域図中④)。


画像は上から順に、番号に対応しています。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事