Pの、遺跡侵攻記

自分の趣味を紹介するブログのつもりです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[10] [11] [12] [13]

[ 前のページ | 次のページ ]

権現山城

かすみがうら市下志筑にある産業技術総合研究機構の農林試験場の北側にそびえる標高99.3mの三角点がある山が”権現山城”の跡で、かすみがうら市(旧千代田町)と石岡市(旧八郷町)の境界線上にあるため、所在地はかすみがうら市下志筑字権現下または、石岡市半田字金山(カネヤマ)という。

北側を志筑川(今は恋瀬川と呼ばれる)とその低地が広がり、低地との比高約80m、周囲は急斜面となり、西側のみ山続きとなる。

山上には2つの頂上があり、このうち東の頂上は昭和4年の陸軍特別大演習の際に昭和天皇が観覧した”御野立所”で、その記念碑が建っている。ほかにも、大日権現社があり、これがこの山の名称”権現山”の由来となっている。東方面の展望が大変良く、東の物見台であったと思われる。

一方の西の頂上がこの城のメインで、広さ約50m×約80mの歪な長方形状であまり平坦ではない。西や南東に土塁が残り、郭の外側を幅約4m〜約11mの横堀が、一部では折れを伴いながら、また東から北側では帯曲輪に変化しながら、ほぼ全周している。
虎口と思われる開口部が北中央部と、南に1箇所づつ設けられているほか、もともと岩が多い地質なためか、大きな岩が露出している場所が多く、天然の城壁や城門といった使われ方をしたのかもしれない。

遺構としては以上で、折れを伴った見事な横堀がからは戦国期の築城を感じさせ、また、山上は居住には不向きであることから、普段は麓のどこかに居館があったものと思われる。一番有力だとされているのが、東に約1.5kmの地点に位置する志筑城の詰の城ではないかと云われている。

歴史としては、鎌倉時代に益戸氏によって築かれたとされ、1300年代の南北朝期に、下河辺国行が足利利氏と戦って敗れた城とも云われる。また、戦国期の天正年間、小田氏に従った志筑氏が篭ったとも云われるなど、様々な説がある。

北西に約1.2kmという近距離に半田砦や上記の志筑城、更に北西には川又要害や、北には片野城、北東には府中城など、戦国期のこの地域は大掾氏を中心につくばの小田氏や真壁氏、そして佐竹氏といった面々が激戦を繰り広げた地域であり、志筑川沿いの谷筋を監視する砦・物見群の1箇所として、いずれかの勢力によって築かれたのかもしれない。

画像は上から所在地、縄張図、記念碑(図内①)、府中方面の展望(①より東を見た)、図内②の横堀の様子。


イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

下志筑要害

常磐自動車道千代田・石岡インターチェンジを中心とした一帯が”下志筑要害”という城館跡で、所在地はかすみがうら市下志筑字要害いう。

古代から中世の複合遺跡である”幕ノ内遺跡”ともいう。

志筑台地の一部であり、周囲を谷津に囲まれた低地との比高約20m。現在はインターチェンジによって大部分が破壊されているが、本来は畑地であったようである(広域図中①)。
高速道の西側の畑と山林の境界付近に”八幡神社跡”があるほか(広域図中②)、畑地の周囲に段差等があるが、これらが遺構なのかは分からない。山林を下っていくと溝があるが、これも後世の排水路であろうか(広域図中③)。

東側の畑地は見ていないが、こちらも対して変わらないかと思われる。

戦国期の緊迫した時期に、府中城を中心とした攻防に関係して築かれた陣地のようなものだったのかもしれない。

高速道に架かる橋に書かれた「要害橋」の文字だけが、ここが城館跡だったことを示す唯一の証拠なのでしょうか(広域図中④)。


画像は上から順に、番号に対応しています。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

中根長者屋敷

常磐自動車道”千代田・石岡IC”から南西に約590mの地点に江戸末期に建てられた浄土真宗・住西寺(おうさいじ)というお寺がある。このお寺の境内が”中根長者屋敷”の跡で、かすみがうら市(旧千代田町)下土田字平当という。

東を流れる恋瀬川の支流”天の川”の2本の支流の合流地点にある低地との比高約20mの台地先端部にあり、2本の河川が流れる深い谷津に挟まれ、台地周囲は急斜面となっている。

「新編常陸国誌」によると、各地に点在する長者屋敷と同様に、古代の長者様の屋敷跡であろうとし、ここには「スクボ塚」や「朝業堀」と呼ばれる遺構が残ると書かれている。

「かすみがうら市HP」によると、天正年間(1573〜1591)に中根与衛門という豪族がおり、佐竹氏から軍用金の徴用を受けた時、「元来小田氏の庇護を受けている者。佐竹氏のために軍用金を用立てる理由はない」と拒絶したため、佐竹氏に亡ぼされたと伝えられたというような伝承があるそうだ。

広さ南北約90m×東西約80mほどの方形単郭の館跡で、郭内はお寺や墓地、宅地等となっている。住西寺の北から反時計回りに南東にかけて、幅約3〜4mほどの堀が、高さ約1m程度の土塁を伴って巡っている。この堀は埋まっているためなのか、深さが最大でも1mちょっとしかなく、本来はもっと深かったのかもしれない。また、土塁も西から南にかけてはある程度残っているが、大部分は崩されてしまったようである。

全体の造りを見ると、戦を意識した造りとは思えず、周囲を通っていたであろう街道の監視も兼ねた居館・屋敷跡といった感じで、HP掲載の戦国期の屋敷伝承が一番しっくりくるような気がする。

画像は上から所在地、縄張図、東から見た遠景。
4番目=縄張図内①から北東を見た、堀内部と土塁の様子。
5番目=図内②から南東を見た、北側の境界付近に様子。
6番目=図内③から南東を見た、南側堀内部の様子。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

再開そして 告知

イメージ 1

イメージ 2

茨城城郭研究会による新刊2冊。

発売中です。



すでにあちらこちらで紹介されていますが、今から約10年ほど前に出版された


「図説:茨城の城郭」


自分もかつて購入し、これを見ながらいろいろ巡った辞書のような、そんな書籍でしたが、

実物に関しては残念ながら現在は入手不可能と呼んで差し支えないほど入手困難な本でした。

その改訂版がこの夏出版されます。

誤字・脱字といった細かい修正のほか、カバーが「国安城」から「つくば多気山城」に変更、国安城や笠

間城ほか多数の縄張図の更新など、大きく中身に変更を加えて、生まれ変わりました。



そして、この本の続編となる


「続 図説:茨城の城郭」


「図説:茨城の城郭(改訂版)」では142箇所、そして今回の「続 図説:茨城の城郭」では新たに2

09箇所の城館跡を新掲載。

有名どころではなく、まったく知られていない場所ばかりなので、前書以上に”人を選ぶ本”になってい

ますが、これを見ながら改めて地域を巡るのもいいのではないでしょうか?



国書刊行会URL=http://www.kokusho.co.jp/np/result.html?writer_id=30011

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

プレミアムバンダイで予約していたプラモデル、HGUCクロスボーンガンダムX3の2月発送分がそろそろ届くのでしょうか。

自分は2次予約の3月発送分を注文しました。

楽しみですね。


しかし、実は2015年9月ごろ、既発売のクロスボーンX1のプラモを改造して作っちゃってたりします。

ビルドファイターの影響?もあってか、このころ結構勢いでいろいろ作ったんです。

以前紹介したガンイージもこの前年だったかな。


そこで、ちょっと紹介(自慢?)させて頂きます。


使用キットはHGUCクロスボーンガンダムX1に、HGBFクロスボーンフルクロス、HGFCシャイニングガンダムです。

基本的には劇中通り?に、X1のままで細かい違いの部分を作ることになります。


頭部アンテナ=形状はX1のまま、塗り分けの境界をナイフで掘り込んだのみ。

アンテナ中央の額パーツ=形状はX1のままで、X1ではドクロレリーフが付いていた穴を埋め、0.5ミリプラ板で「3」のマークを作ります。小さいです。

胸部コクピットカバー=フルクロスのパーツそのまま、ガトリングがある眼窩内部をピンバイスで穴開け。

腕カバー(Iフィールド発生器)=たぶん、想像した人が多そうなシャイニングガンダムの腕カバーを使用。ですが、まったく形状が違います。なので、実際にクロスボーンの腕の大きさ、そしてマスターグレードX3の腕カバーの形状とを比較しながら、その形にニッパーで切り飛ばしちゃいます。その後は、シャイニング本来のモールドが消えるまで、X3のちょっと平面的なカバー表面になるまで、ナイフや棒ヤスリで削りまくって形を整えます。

腕カバーの腕への接続は、X1のブランドマーカー(ビームシールド)のアームパーツをそのまま使用。というか、ビーム発生器が差し替え、アームのみ可動するというパーツ構成って今思うと、X3の発売を見越してのものだったんでしょうかね。

カバー内部というか、腕側内部には市販パーツでそれっぽく作りこみ。

形状変更は大体こんな感じで、色について基本色のブルーは、ガイアノーツのVRカラー景清風ブルーを使用。


今更な改造記事ですね、ほんとに。


画像は上から腕カバー部分の刷り合わせ→改造→改造後の順。
4枚目=カバー内部というより、腕側内部。
5〜6枚目=頭部アンテナ中央パーツの「3」の加工の様子。
一番下=大雑把に、完成。

開く コメント(0)

全13ページ

[10] [11] [12] [13]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事