Pの、遺跡侵攻記

自分の趣味を紹介するブログのつもりです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

藤井堀ノ内城

今回紹介する城館跡は完全に民家敷地内にあります。もし登城される際には、家の住人への声掛け厳守でお願いします。

水戸市北西部を流れる藤井川にかかる”工兵橋”、その北東に広がる集落一帯が”藤井堀ノ内城”の跡で、所在地は水戸市藤井町字堀ノ内という。

すぐ南側を藤井川が流れ、周囲を水田となる低湿地に囲まれた微高地に立地しているように見えるが、実際は北側の水戸ニュータウンがある”十万原台地”から続く台地最先端部に位置する。

各種資料によると、この藤井の地は1300年代の南北朝期ごろに、佐竹一族”義貫(よしつら)もしくは義実(よしみ)”が住み、土地の名をとって”藤井又次郎義貫”と名乗ったとされる。しかし、子がいなかったため、常陸大宮の小場氏が所領を持ったとされる。その、義貫の局(つぼね)の跡という「御局屋敷」と呼ばれる城館跡があったと多くの資料に記載されているが、具体的にどこなのか、この堀ノ内なのか関連があるのか等、詳細は不明である(一応、ここから北西に字小坪という場所があり、地元ではそこであろうと云われている)。その後、戦国期に至るまで藤井地区は、一時的に江戸氏が横領した時期もあったようだが、ほぼ佐竹氏の所領であり続け、領地としては最南西端の場所であったようである。

現在、城跡と思われる一帯は民家が軒を連ねているが、その周囲に堀跡や、土塁跡らしきものが見られる。しかし、一番の見どころとなる中心部は1軒の民家敷地で、高さ最大約2mにもなる土塁が北西→北→北東→東辺りまで巡り、その外側を幅約4mの堀跡がよく残っている。南側などは崩されてしまっているようである。堀も現在は深さが1mちょっとしかないが、明らかに埋まっており、本来は2mくらいあったものと思われる。また、土地の様子から、当時は水堀だったのではないかと思われる。
また、更に外側を同規模の堀跡らしき段差があり、2重の堀に囲まれていたように見える。そのほか、この民家より北西の場所には道路がクランクした場所があり、枡形のような雰囲気を持っている。

遺構としては以上で、典型的な平地城館と思われ、堀や土塁よりも、南を流れる河川や周囲の低湿地を最大の防御としていたのかもしれない。

この民家のご主人、この場所が城跡であることを誇らしく感じておられるようで、なんと、民家脇に「堀の内藤井城」と刻んだ石柱を建ててくれている。
なお、ご主人によれば、この城跡の東を「河岸」と呼ぶほか、周囲に点在する民家にはそれぞれ「こうや(染物業)・畳屋・伊勢屋・油屋・桶屋・新宅・旧宅」といった屋号で今も呼び合っているという。
近世資料の「水府史料」によると、藤井川(当時は入野川=いの川)の物流拠点として、小勝・塩子までの荷物を水戸や海老沢(茨城町)などへ運搬する河岸がこの地にあったと記している。
つまり、この城は藤井地区の支配と物流拠点であったといことになるかもしれない。


ちなみに、戦国期にこの地を任されていたのは綿引氏とされ、藤井氏については資料に乏しく、詳しいことは分かっていない。だが、同時期に佐竹一族藤井氏が佐竹氏に仕えていたのは確かなようで、秋田移封時に佐竹氏に同行し、秋田県大曲地区に移住したという。
藤井氏は武士であるだけでなく医学の心得もあったようで常陸在住時から、佐竹義宣の医療関係者として仕えていたという。時代は流れ、六郷に住んでいた江戸末期の子孫”藤井玄淵”が”のど薬”を開発、2代目が改良し、そして3代目が蘭学の知識を足してさらに改良したその”のど薬”を一般に販売、よく効くとたちまち評判になってよく売れたという。
3代目によって「龍角散」と名付けられ改良されたのど薬は、現在も本社を藤井氏が経営、販売されています。(龍角散HPより)


画像は上から所在地周辺図、縄張図の順。
3枚目=縄張図内①、民家脇の石柱。
4枚目=図内②を北から見たところ。クランクした道路の様子。
5枚目=図内③を北から見たところ。主郭部東側の堀跡。
6枚目=図内④から西を見たところ。主郭部北東部の土塁角及び堀の角部分。
一番下=図内⑤から東を見たところ。字河岸場の様子。
イメージ 7
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

藤井小屋城

水戸市西部の藤井町内を抜ける国道123号、城里町に入る手前にある”水戸ニュータウン入口信号”から、北西に約820mの位置。北側には水戸ニュータウンが立地する、八幡太郎義家の軍勢駐屯地伝説がある”十万原”が広がり、そこから徐々に高度を下げながら、ちょうど東に”那珂西城”を望む位置に台地が突き出している。この台地先端が”藤井小屋城”の跡で、所在地は水戸市藤井町字小屋という。
近世資料の「水府史料(茨城県史料 近世地誌編内)」によると、

「増井組 藤井村 小屋まい=佐竹義篤の時、下那珂西の坂上かきあげ普請の時、小屋をかけたる所」

と書かれている。
これ以外に資料が無く、また、地元伝承等も伝わっていないようであり、詳しいことは不明。水府史料の記述を信じれば、戦国期に当時の領主である佐竹義篤によって、向かい側にある那珂西城の改修に際して築かれた同城の西を監視する物見だったのかもしれない。
北から西へ流れる、藤井川の支流”西田川”とその低地の南側の、比高約10mの台地先端を利用して築かれている。この、低地に面した北から東にかけては急斜面となる。
先端に広さ約60m・30m×約50mの台形状のⅠ郭があり、周囲を高さ約20センチ〜1.5mの土塁を巡らせている。内部は段差が見られるがほぼ平坦である。この西側外を取り囲むようにⅡ郭がある。
Ⅱ郭は細長く、西側基部側に高さ最大約2mの立派な土塁が盛られており、中央部には横矢がかけられ、虎口も開けられている。その外側約3m下には、土塁に沿って幅約4mの堀が巡っているが、埋まっているためかかなり浅くなっている。
Ⅰ郭東下にも、同規模の堀が設けられている。
また、南東に、溜池らしき場所があるが、字小屋地名から離れてしまうので、ここは城域外とみていいようである。
遺構としては以上で、約100m四方程度の広さの小規模な城館跡で、案外、水府史料の記述そのままなのかもしれない。だが、横矢がかけられた堀や土塁など、小さいながらも見ごたえある遺構だと思います。
(2018年3月4日訪問)

画像は上から所在地、北から見た遠景、縄張図の順。
4番目=縄張図内①から南東方向を見た、土塁の折れの部分。画像中央より少し左手に虎口が映っています。
5番目=図内②から北西方向を見た、Ⅱ郭外側の堀と土塁。
6番目=図内②から、南東方向を見た、溜池の様子。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

大塚・鯉渕民部館

約10年前に水戸市方面でお世話になった城巡り仲間のEさんより、久しぶりに連絡を頂いた情報です。

水戸市西部の大塚町内国道50号沿いに、中古車販売のガリバーがある。実施はその奥にあるファッション雑貨店がある大きな1軒の民家がある。この民家敷地が中世城館”鯉渕民部館”の跡という。所在地は、水戸市大塚町字大塚という。

名称が示す通り、この館の城主は鯉渕民部という人物で、江戸氏から分かれた一族で旧内原町所在の”鯉渕城”城主を本家とする人物である。戦国末期の天正18年頃、当時の鯉渕城主である”通賢”の家臣として、佐竹氏による水戸城攻略の際に、やはり江戸氏家臣である外岡氏等と共に、那珂市の五台原にて佐竹勢を迎え撃ち、時間稼ぎをしたという。結局は突破され、水戸城は落ち、江戸氏も敗走してしまい、本家である鯉渕氏も没落してしまう。
このとき、鯉渕民部は他の場所に逃げ隠れて無事だったといい、その場所でしばらくおとなしくしていたという。その後、佐竹氏は秋田へ移住し、時を同じくして鯉渕民部はこの大塚の場所に屋敷を建てて帰農したという。以後、大塚の鯉渕家として周辺一帯の土地を治めたそうである。

館跡裏手に住むおばあさんによれば、今から約60年以上前まで、この辺りには北側に1軒民家がある以外は、大塚町内にはこの鯉渕家のみ建っていたという。北側には福祉施設や乗馬クラブなどがあるが、これらもこの鯉渕家の土地らしい。
遺構としては、民家敷地の周囲に低い土塁が巡らされており、このうち角にあたる部分は特に高く盛られ、塚と呼ばれていた。現在もこの角部分には大きな古木が生えている(ただし、途中から切られてしまっているが生きてます)。外側に堀の類は無く、純粋に豪族屋敷といった印象である。

2018年3月4日(この日の本命です)に登城したのだが、この数日前に北側土塁が開発によって消滅した。

画像は上から航空画像、画像内①からAを見たところ、①からB方向を見たところの順。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

雨引要害

2018年2月11日、ヤブレンジャー及び栃木県の方々合わせて10人くらいのメンバーに同行させていただき、登城した山城です。

茨城県西部にある安産祈願のお寺として、また、アジサイ寺としても有名な真言宗豊山派雨引山楽法寺がある。通称:雨引観音と呼ばれるお寺の北側にそびえるのが雨引山である。その雨引山山頂が”雨引要害”の跡である。所在地は桜川市(旧大和村)本木字雨引という。

雨引山は三角点表記がある標高409.2m、雨引観音との比高は約210mにもなる。雨引観音からはハイキングコースが設定されているため、容易に山頂まで行くことができ、展望も良いためか登山客も多い。

この地域は戦国期には結城氏、笠間氏、真壁氏、益子氏といった勢力による合戦が多かった地域であったようで、「大和村史」によれば、天正14年頃、笠間氏を抑えるために桜川市の橋本城を結城氏家臣”片身晴信”が守っていたといい、これと合わせる形で橋本城の南側にある龍蓋山(後の雨引山)に砦を築いて兵を駐屯させていたという。しかし、益子町田野を目指す真壁道無とその救援に駆け付けた太田三楽斎の軍勢のうち、真壁道無の手勢に攻められ、雨引要害は落城したという。一方の橋本城は雨引要害攻めに先立って、太田三楽斎等によって占領されてしまったという。

遺構は、雨引山の山頂部をほぼ全部使用して築かれており、三角点が置かれた本郭らしき区画には東屋やベンチが置かれ、ここからの見晴らしはスゴイのひとことである。道や、階段等が設置されているが、あまり改変は受けていないようであり、東屋がある区画は広さ約20m×25mの五角形状で、東側が微妙に高く土塁のようにも見える。西には深さ約4m×幅約3mの堀切が設けられ、この堀切は帯曲輪となって北から東へ山頂全体を取り囲んでおり、東端部も同規模の堀切となっている。中央部北側には虎口が設けられ、東へ土塁は折れ曲がり、この部分のみ横堀となっている。深さは50センチ程度しかない。

全体的に北側に重点を置いた造りで、南側は急斜面ばかりなためかあまりいじられていない。郭も一応は複数設定しているようにも見えるが、基本的には単郭の臨時築城のような感じで、村史に記述されている通りの遺構のように思える。
落城後、この地は下の楽法寺含めて真壁氏の領地となったようで、そのころには使われなくなったものと思われる。

画像は、上から所在地、雨引観音黒門前駐車場から見た遠景、縄張図の順。
4番目=縄張図内①、東側堀切の様子。画像右手が郭側。
5番目=図内②、西側堀切を郭から見たところ。
6番目=図内③、北側横堀の様子。中央部から左手に登城路が登っている。
一番下=郭から南側を見た展望。前日の雨で靄かかってます。本来なら真壁城が見えます。左手の山は筑波山、右端の山はたぶん筑波・多気山城。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

林外城の外郭

鹿島市所在の、佐竹氏による築城とも言われる大規模城郭”林外城(ハヤシトジョウ)”。

見事な遺構が見られる3つの郭は林地区にありますが、堀を隔てた南側の広大な外郭、こちらはお隣”田野辺地区”になります。

この田野辺地区の広大な外郭部が、2020年の東京五輪開催に伴う宿泊施設の建設によってそのほとんどが消滅します。

今年の4月以降には順次、重機が入っていくと思われます。

建物等が建っていない林外城、その姿を見るのは今シーズンが最後となります。

主郭周りに見られるような大規模な遺構が無いため、このような場所に興味を持つのは自分だけでしょうが、気が向いたらご覧になってみてはいかがでしょうか。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事